就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママと赤ちゃんの絆を深めよう!仲よくなる方法やお出かけ場所紹介

ママと赤ちゃんの絆を深めよう!仲よくなる方法やお出かけ場所紹介

お腹の中からずっと一緒のママと赤ちゃん。可愛くて大好きな赤ちゃんともっと絆を深めたい!と感じているママのために、赤ちゃんともっと仲よくなる方法や、おすすめのお出かけ場所をご紹介します。どれも赤ちゃんと一緒に楽しめるものばかりです。ぜひ活用してくださいね。

赤ちゃんはいつからママを認識しているの?

産まれる前からママの声に反応している

ママのお腹の中ですくすくと育つ赤ちゃん。お腹の中の胎児は妊娠28~30週を過ぎる頃から聴力が発達しはじめます。

この頃からお腹の外の音や人の声を聞くことができるようになりますが、ママの体内の音と混ざっているため、赤ちゃんにはこもった音に聞こえます。一方、ママの声は雑音と混ざることなく、胎内に響いてクリアに聞こえます。

そのため、赤ちゃんにとってはママの声が一番聞きやすく馴染みがあるものになります。赤ちゃんはこの頃からすでにママの声には一番に反応し、生まれてからも声を聞くだけでママだとわかるように。

ただし、生まれたばかりの赤ちゃんはまだママをママだとはわかっておらず、一番慣れていて安心感のある存在だと思っています。

産まれてすぐにママの母乳を嗅ぎ分ける

赤ちゃんは産まれてすぐにママの母乳を飲むために、嗅覚も早い段階から発達しています。また、大切なママの母乳を飲むために、ママの母乳の匂いを嗅ぎ分けることができます。

生まれたばかりの赤ちゃんのすぐそばに、ママの母乳をしみこませたガーゼとほかの人の母乳をしみこませたガーゼを置いたところ、赤ちゃんはママの匂いがするガーゼの方に顔を向けるといいます。

このように、赤ちゃんは産まれてすぐでも、ママを匂いで認識することができるのです。また、ママも赤ちゃんにしっかりと認識してもらうため、独自の母乳の匂いを放っています。

産まれてすぐは目がよく見えていない赤ちゃんがママを探すような素振りを見せるのは、匂いでママを探しているからかもしれませんね。

顔を見てママだとわかるのは4カ月頃から

赤ちゃんは生後2カ月頃から人の顔がわかるようになります。しかし、この頃の赤ちゃんは、まだママの顔とほかの人の顔を区別することができません。

顔を見てママだとわかるようになるのは、4カ月に入る頃からです。この頃には顔を見ただけでママとほかの人の区別がつくようになります。

顔を見てママだとわからない間は、赤ちゃんは匂いや声でママのことを認識しています。顔で区別がつかないだけで、ママのことはわかっていますので安心してくださいね。

赤ちゃんが顔の区別をつけられるようになると、赤ちゃんからの笑顔でのアプローチが増えるように感じるでしょう。これにはパパもママも笑顔で返すようにし、優しく語りかけてあげると絆が深まります。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

ベビーマッサージでスキンシップをとろう

赤ちゃんとママが得られる嬉しい効果とは?

赤ちゃんとママが触れ合うベビーマッサージは、赤ちゃんとママの両方に嬉しい効果が得られます。赤ちゃんは、ママが肌を優しく撫でることで、赤ちゃんの血行が促進されたり、筋肉の発達を促したりといった、体への嬉しい効果が期待できます。

そのほかにも、マッサージによってエンドルフィンと呼ばれるホルモンが分泌されると、赤ちゃんは幸福感を感じリラックスすることができます。よく眠れるようになるという効果もありますよ。

ママへの効果は、マッサージをすることで赤ちゃんへの愛着がわき、心が満たされることが大きいということでしょう。マッサージ中のママにはオキシトシンという愛情ホルモンが分泌されます。

これにより、情緒も安定し、ストレスが和らぐ効果があるといわれます。

ベビーマッサージはいつから始められるの?

ベビーマッサージを始めることができる時期は明確には決まっていませんが、全身のマッサージは赤ちゃんが生後1カ月を過ぎた頃を目安に始めるとよいでしょう。慣れるまでは、手だけ、足だけ、といったように、部分的なマッサージから始めてみるとよいですよ。

ベビーマッサージ教室に通う場合は、赤ちゃんが少しずつ外出できるようになる生後2~3カ月以降から始めてみましょう。赤ちゃんの体調をよく確認してから、参加してみてくださいね。

また、マッサージをするときは、赤ちゃんでも使える低刺激の100%植物性のマッサージオイルを使うようにしましょう。初めのうちは、赤ちゃんの様子を見ながら優しく撫でるようにマッサージをするようにしてくださいね。

やり方や注意すべきことは?

まず、マッサージに必要なマッサージオイルと柔らかい綿のタオルを準備します。マッサージをする場所はリラックスしやすい静かな場所を選び、室温は裸の赤ちゃんでも快適に過ごすことができる25℃くらいに設定してください。

マッサージで注意すべきことは、清潔な手で行うことです。ママは指輪などもはずして、せっけんなどでよく手を洗っておきましょう。また、授乳直後や空腹時はマッサージにより体調が悪くなることがあるため、避けた方がよいでしょう。

授乳や食事後1~2時間後がベストタイミングです。マッサージをした後は代謝が上がりますので、水分補給も忘れないようにしてくださいね。マッサージのやり方は動画でご紹介します。ぜひ見てみてくださいね。

AMOMAベビーオイル~ベビーマッサージのやり方~

おそろいを集めておしゃれ親子になろう

チャレンジしやすい!ソックス

43 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事