就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママと赤ちゃんの絆を深めよう!仲よくなる方法やお出かけ場所紹介

ママと赤ちゃんの絆を深めよう!仲よくなる方法やお出かけ場所紹介

お腹の中からずっと一緒のママと赤ちゃん。可愛くて大好きな赤ちゃんともっと絆を深めたい!と感じているママのために、赤ちゃんともっと仲よくなる方法や、おすすめのお出かけ場所をご紹介します。どれも赤ちゃんと一緒に楽しめるものばかりです。ぜひ活用してくださいね。

赤ちゃんはいつからママを認識しているの?

産まれる前からママの声に反応している

ママのお腹の中ですくすくと育つ赤ちゃん。お腹の中の胎児は妊娠28~30週を過ぎる頃から聴力が発達しはじめます。

この頃からお腹の外の音や人の声を聞くことができるようになりますが、ママの体内の音と混ざっているため、赤ちゃんにはこもった音に聞こえます。一方、ママの声は雑音と混ざることなく、胎内に響いてクリアに聞こえます。

そのため、赤ちゃんにとってはママの声が一番聞きやすく馴染みがあるものになります。赤ちゃんはこの頃からすでにママの声には一番に反応し、生まれてからも声を聞くだけでママだとわかるように。

ただし、生まれたばかりの赤ちゃんはまだママをママだとはわかっておらず、一番慣れていて安心感のある存在だと思っています。

産まれてすぐにママの母乳を嗅ぎ分ける

赤ちゃんは産まれてすぐにママの母乳を飲むために、嗅覚も早い段階から発達しています。また、大切なママの母乳を飲むために、ママの母乳の匂いを嗅ぎ分けることができます。

生まれたばかりの赤ちゃんのすぐそばに、ママの母乳をしみこませたガーゼとほかの人の母乳をしみこませたガーゼを置いたところ、赤ちゃんはママの匂いがするガーゼの方に顔を向けるといいます。

このように、赤ちゃんは産まれてすぐでも、ママを匂いで認識することができるのです。また、ママも赤ちゃんにしっかりと認識してもらうため、独自の母乳の匂いを放っています。

産まれてすぐは目がよく見えていない赤ちゃんがママを探すような素振りを見せるのは、匂いでママを探しているからかもしれませんね。

顔を見てママだとわかるのは4カ月頃から

赤ちゃんは生後2カ月頃から人の顔がわかるようになります。しかし、この頃の赤ちゃんは、まだママの顔とほかの人の顔を区別することができません。

顔を見てママだとわかるようになるのは、4カ月に入る頃からです。この頃には顔を見ただけでママとほかの人の区別がつくようになります。

顔を見てママだとわからない間は、赤ちゃんは匂いや声でママのことを認識しています。顔で区別がつかないだけで、ママのことはわかっていますので安心してくださいね。

赤ちゃんが顔の区別をつけられるようになると、赤ちゃんからの笑顔でのアプローチが増えるように感じるでしょう。これにはパパもママも笑顔で返すようにし、優しく語りかけてあげると絆が深まります。

ベビーマッサージでスキンシップをとろう

赤ちゃんとママが得られる嬉しい効果とは?

赤ちゃんとママが触れ合うベビーマッサージは、赤ちゃんとママの両方に嬉しい効果が得られます。赤ちゃんは、ママが肌を優しく撫でることで、赤ちゃんの血行が促進されたり、筋肉の発達を促したりといった、体への嬉しい効果が期待できます。

そのほかにも、マッサージによってエンドルフィンと呼ばれるホルモンが分泌されると、赤ちゃんは幸福感を感じリラックスすることができます。よく眠れるようになるという効果もありますよ。

ママへの効果は、マッサージをすることで赤ちゃんへの愛着がわき、心が満たされることが大きいということでしょう。マッサージ中のママにはオキシトシンという愛情ホルモンが分泌されます。

これにより、情緒も安定し、ストレスが和らぐ効果があるといわれます。

ベビーマッサージはいつから始められるの?

ベビーマッサージを始めることができる時期は明確には決まっていませんが、全身のマッサージは赤ちゃんが生後1カ月を過ぎた頃を目安に始めるとよいでしょう。慣れるまでは、手だけ、足だけ、といったように、部分的なマッサージから始めてみるとよいですよ。

ベビーマッサージ教室に通う場合は、赤ちゃんが少しずつ外出できるようになる生後2~3カ月以降から始めてみましょう。赤ちゃんの体調をよく確認してから、参加してみてくださいね。

また、マッサージをするときは、赤ちゃんでも使える低刺激の100%植物性のマッサージオイルを使うようにしましょう。初めのうちは、赤ちゃんの様子を見ながら優しく撫でるようにマッサージをするようにしてくださいね。

やり方や注意すべきことは?

まず、マッサージに必要なマッサージオイルと柔らかい綿のタオルを準備します。マッサージをする場所はリラックスしやすい静かな場所を選び、室温は裸の赤ちゃんでも快適に過ごすことができる25℃くらいに設定してください。

マッサージで注意すべきことは、清潔な手で行うことです。ママは指輪などもはずして、せっけんなどでよく手を洗っておきましょう。また、授乳直後や空腹時はマッサージにより体調が悪くなることがあるため、避けた方がよいでしょう。

授乳や食事後1~2時間後がベストタイミングです。マッサージをした後は代謝が上がりますので、水分補給も忘れないようにしてくださいね。マッサージのやり方は動画でご紹介します。ぜひ見てみてくださいね。

AMOMAベビーオイル~ベビーマッサージのやり方~

おそろいを集めておしゃれ親子になろう

チャレンジしやすい!ソックス

赤ちゃんとママでおそろいのグッズを集めて、おしゃれを一緒に楽しみましょう。おそろいのグッズでお出かけをしてみると、今まで以上に楽しめますよ。

手軽にチャレンジしやすいのは、おそろいのソックスです。赤ちゃんに合わせた思いっきり可愛いデザインやキャラクターものであっても、足元であればチャレンジしやすいですよ。

靴を脱いだときに、おそろいの可愛いデザインが見えると、ほっこりと癒されます。可愛すぎるものはちょっと抵抗があるというママには、ボーダーや無地といったシンプルなデザインがおすすめです。

色使いや生地の質にこだわったものもあるので、普段使いにも向いてますよ。また、ソックスはリーズナブルなので、色々な種類を買いやすいというメリットもあります。

さりげないおしゃれ!ハンカチとスタイ

さりげなく楽しみたいのなら、ハンカチとスタイをおそろいにしてみましょう。スタイは赤ちゃんならではの可愛い定番アイテムですよね。

赤ちゃんの間だけ、という期間限定で使うものなので、思いっきりおしゃれに可愛くしたいというママも多いのではないでしょうか。その可愛いスタイと同じ柄のハンカチを使って、ママもおそろいを楽しみましょう。

なかには、スタイとおそろいのピアス、ヘアゴムといったアクセサリー類でおそろいを楽しむママもいます。さりげないけれど、とてもおしゃれでよいですよね。

また、おそろいアイテムを身に着けた写真を撮っておくと、赤ちゃんが大きくなってからも思い出として振り返ることができるのでおすすめです。プレゼントにも贈りやすいですよ。

合わせやすい!Tシャツのペアルック

洋服でおそろいを集めるとしたら、Tシャツが合わせやすくておすすめです。親子でペアルックを手軽に楽しみましょう。

完全にお揃いのTシャツでペアルックを楽しみたい場合は、個性的で印象的なデザインのものや、色使いに凝っているTシャツを選ぶと、一体感がある着こなしを楽しむことができます。また、少し凝ったお揃いを楽しみたいときは、Tシャツを無地やボーダーなど定番の柄で揃えて、ボトムスや靴なども同じブランドでコーディネートしてリンクさせると、仲よしおしゃれ親子という雰囲気が出せておすすめです。

Tシャツはお手頃価格のものが多く、ペアルックの組み合わせを数種類持つこともできるので、お出かけのたびに違うコーディネートでペアルックを楽しむ、というのも素敵です。

赤ちゃん向けイベントで思い出を作ろう

眠っていても大丈夫【おひるねアート撮影会】

赤ちゃんと思い出を作るには、おひるねアート撮影会がおすすめです。おひるねアートとは、赤ちゃんや子どもに可愛い衣装を着せて、テーマに合わせた背景で写真を撮るというもの。

背景の上にねんねさせたまま上から写真を撮るので、まだおひるねが多い赤ちゃんでも、眠っている間に撮影ができます。自宅でおひるねアートを楽しむこともできますが、背景や衣装を用意するのが大変ですよね。

おひるねアート撮影会であれば、背景や衣装を数あるなかから選ぶことができるので、手軽に楽しめますよ。また、写真もスタッフにお願いして撮ってもらうこともできます。

クリスマスやハロウィーンといったイベントごとや、誕生日などの記念日に撮る、という楽しみ方もよいですよ。

参加費無料が多い【ベビーセミナー】

赤ちゃんとどんなことをして楽しめばよいかよくわからない場合は、ベビーセミナーに参加してみてはいかがでしょうか。ベビーセミナーとは、赤ちゃんとコミュニケーションをとりながら、他のママと情報交換をしたり、子育て情報を聞いたりできるというものです。

なかには、ベビーマッサージセミナーを受けることができたり、ママと赤ちゃんの授乳フォト撮影会に参加できたりというセミナーもあります。

赤ちゃんの足型入りのグッズをプレゼントしてもらえたり、手作りのワークショップに参加できたりすることも。ほかのママとの交流の時間もあるので、情報交換の場にもなります。

参加費無料の場合が多く、全国のショッピングモールなどで行われるため、気軽に足を運んでみてくださいね。

近場で参加しやすい【子育て支援センター】

自宅の近所にもあり、気軽に参加しやすいのが子育て支援センターです。赤ちゃんと一緒に外出したいけど、どこに行こう?と迷っているときなどには、とてもよいですよ。

子育て支援センターにはおもちゃや絵本が充実しているため、赤ちゃんは自宅とは違った遊びを体験することができます。また、ほかの赤ちゃんや子どもと一緒に遊べることもあります。

ママはほかのママと情報交換をしたり、常駐のスタッフさんに育児相談をしたりできます。はじめてで行くのが不安…というときは、イベントの日に足を運んでみるとよいですよ。

わらべ歌や絵本の読み聞かせ、ベビーマッサージなど、行くだけで赤ちゃんと楽しめるイベントを催しているところが多く、はじめてでも行きやすいですよ。

ママの息抜きにも!赤ちゃんと映画に行こう

赤ちゃんと一緒に入れる映画館はあるの?

映画館で映画を見たいけれど、赤ちゃんと一緒だと無理かな?と諦めているママは多いのではないでしょうか。実は、赤ちゃんと一緒に入れる映画館が最近増えてきています。

通常の上映とは別に、月に数回、赤ちゃんと一緒に入れる日を設けている映画館がありますので、ぜひ探してみてくださいね。上映される映画は最新作や人気作が多いので、見たいものが見つかりやすいですよ。

赤ちゃんと一緒に入れる上映回では、赤ちゃんがびっくりしないように会場が少し明るめだったり、音量が小さめになっていたりと、赤ちゃんへの配慮も行き届いているので安心です。

赤ちゃんが座りやすくなるチャイルドシートの貸し出しや、ベビーカーの預かりを行っている映画館もあります。

ママや赤ちゃんの料金はいくら?

映画館により若干差がありますが、ほとんどが一般の上映と変わらない料金で楽しめます。大人が1,500円から1,800円ほど、3歳以上が1,000円、3歳未満は無料、という映画館が多いです。

赤ちゃん連れでも一般の上映と変わらない料金で楽しむことができるので、気軽に行くことができますよね。チケットはインターネットで購入可能な映画館もあるので、事前に手続きしておけばチケット売り場で並ぶ必要もなく、とても便利です。

座席指定もできるので、映画館での移動もスムーズに行きやすいですよ。映画館によっては提携クレジットカードの提示や支払いをすれば、割引料金で利用できることも。

映画館に行く前にホームページでチェックしてみましょう。

ぐずってもお互いさま!気楽に楽しもう

赤ちゃんは同じところにいると飽きてしまい、動きだしたり、声をだしたりするものですよね。赤ちゃんと一緒に入れる映画館では、まわりにいるママも赤ちゃん連れです。

もしも赤ちゃんがぐずっても、お互いさまという雰囲気で誰も嫌な顔はしません。抱っこひもで赤ちゃんをあやしたり、授乳ケープをかけて授乳したり、離乳食を食べさせたりと、どのママも自由なスタイルで映画を楽しんでいますので、気楽に楽しみましょう。

もしも心配な場合は、赤ちゃんのお昼寝しそうな時間帯や、授乳や離乳食を食べた後の時間帯を選ぶと、赤ちゃんも落ち着いていられることが多いようです。また、席が選べる映画館であれば、通路側や後方の席を選ぶと、いざというときに身動きがとりやすいのでおすすめですよ。

まとめ

赤ちゃんは産まれる前からずっと一緒にいるママのことが大好きです。ママと同じように、赤ちゃんもママとの絆を深めたいと思っていることでしょう。

毎日の抱っこや語りかけと一緒に、今回ご紹介したベビーマッサージなどもぜひ試してみてくださいね。赤ちゃんとのスキンシップが増えて、より仲よくなれますよ。

そして、おそろいのもので一緒におしゃれしたり、お出かけをして思い出を作ったりと、赤ちゃんと一緒の時間を今まで以上に楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018