就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママ友との飲み会に誘われた。飲み会での心配ごとや上手な断り方まで

ママ友との飲み会に誘われた。飲み会での心配ごとや上手な断り方まで

ママになっても、環境と条件さえそろえばお酒を飲むことは悪いことではありません。ママ友と飲み会を定期的に開いているママも少なくありませんが、はじめて誘われたときや、なんとなく気乗りしないときの断り方など、慣れない場合は心配ごとも多くなります。ママ友との飲み会の極意について学んでみましょう。

ママ友飲み会に参加したいときの心配ごと

ママ友飲み会っていくら位かかる?

ママ友と親しくなってくると、子どもたちの交流だけでなくママ同士の集まりも増えてきます。中でも、飲み会は普段子連れでは参加しづらいものですが、ママ友との集まりだと子どもがいても心配ないので、お酒が好きなママの間では頻繁に開催されることもあります。

気になるのは、参加するのにいくら位かかるかですが、一般的には3,000円程度で済むことがほとんどです。みんなで居酒屋などのお店に行く場合は子連れでも大丈夫なお店を選ぶので、高級店は除外されることがほとんど。

最近ではよりくつろげる子連れ宅飲みも定番です。専業主婦のママ友が多ければリーズナブルに飲み会ができるように工夫されるはずなので、そんなに心配しなくても大丈夫ですよ。

どんな話をしたらいいの?

はじめてママ友飲み会に誘われたら、どんな話をしたらいいか緊張してしまうかもしれませんね。でも、同じ年齢の子どもを持つママ同士、話し始めたらつい時間を忘れてしまうほど盛り上がることも珍しくありません。

ただ、お酒の力を借りると、普段は聞けない悩みや愚痴を聞くことになるかもしれませんが、最初はできるだけディープな話題は聞き流すよう心がけましょう。おすすめのレストラン情報や子どもの好きなものなど無難な話をしておくのがベターです。

ママ友という枠を超えて、腹を割って話せる友達になることももちろん期待できますが、すべてのママがそうとは限りません。飲みの席とはいえ、節度をもった態度や話をするように心がけましょう。

どのくらいの頻度で参加してる?

幼稚園の運動会やバザーの後に、打ち上げとしてママ友飲み会が開催されることがあります。これらは年に数回程度ですが、そこで気の合うママ友ができたり、お酒の好きなママ友が集まったりすると、定期的に飲み会を開くようになることもあります。

「どれくらいの頻度で参加すればよいか」の正解はありませんが、無理してまでも参加する必要はありません。月に1回程度がママ友飲み会に参加する平均だそうですが、お酒が好きであったりパパの理解があったりすれば、これより多くなるママもいます。

しかし、みんながそうとは限りませんので、お互いに状況を理解しつつ、誘う方も誘われる方も気持ちのよい飲み会の案内ができるようにしたいものですね。

預ける?連れてく?子どもはどうする?

預け先アリなら子どもを預けて身軽に参加!

ママ友の共通点といえば、子どもがいることです。ですが、たまには子ども抜きで身軽に飲み会に参加するのも気分転換になりますね。

かわいい子どもたちでも、お店で騒がしくしたり、周りのお客さんに迷惑をかけたりしないかとひやひやしてしまうものです。ママたちとおしゃべりを楽しむどころではなくなってしまうこともよくあります。

もしも、パパの理解があり、快く子どもを預かってくれる家族がいるのであれば、久しぶりの大人だけの飲み会を満喫してみるのもよいでしょう。ただし、ほかのママが子連れでくるのかどうかも一応確認しておきます。

みんなが子どもを預けるというのも難しいことなので、子ども連れできたママへの配慮も忘れないようにしてください。

子連れで飲み会もママ友飲みならでは

子連れで飲み会が当たり前なのもママ友飲みならではです。子どもたちも、いつもと違う環境で友達に会えるので特別感のある楽しい時間を過ごせます。

ママ同士が仲よくなれば、子どもたちも一緒にいる機会が多くなり、より仲よくなることも期待できます。子どもと一緒に飲み会をすることに賛否両論あるかもしれませんが、きちんと節度を持って飲めば大丈夫です。

子どもがいるにもかかわらず、酔っぱらい過ぎてしまうと後から自分が後悔するだけでなく、参加者にもよい印象を与えません。子どもと一緒にちゃんと家に帰れるのだろうかと心配にもなります。

話の内容や言葉遣いも含め、子どもたちに見せても恥ずかしくないような振る舞いを心がけるのが大事です。

お店の雰囲気次第で断ることも考えよう

お店でママ友飲み会を開催する場合、子どもと一緒でも大丈夫なお店を選ぶことが絶対条件です。お酒を提供する店や、高級店では「子連れお断り」を掲げている場合もあるので、予約のときに子連れであることをまず伝えるのがマナーです。

たとえお店側が快く子どもを受け入れてくれたとしても、お店の雰囲気などが分かっている場合は参加を断ることも検討しましょう。例えば、個室がない店や子ども用のメニューがない店では、騒いだり飽きたりしたときの対処が難しくなります。

もちろん、子どものしつけに自信がある場合は参加しても問題ありませんが、長時間大人しくしていられる子どもばかりではありません。自分の子どものキャラクターを加味したうえで参加不参加を考えましょう。

シーンに合わせたママ友飲み会コーデ

子どもを預けて参加するならきれいめシンプル

ママ友同士の集まりといえども、女性たるものおしゃれに気をつかうだけでなく、その場の雰囲気に合ったコーデで参加したいですね。子どもと一緒の外出だと、常に動きやすさを重視して汚れてもいい格好をチョイスしてしまいがちですが、ママ友飲み会に子どもを預けて参加できるなら、いつもよりもきれいめに仕上げましょう。

フェミニンなニットやフレアスカート、ワンピースなど女性らしいアイテムを選ぶと気分も軽やかになります。ただし、あまりにも高価なブランド服や奇抜なデザインの服を着用することは避けた方が無難です。

個性が強すぎると、周りのママから浮いてしまうこともあるので、誰からも好感がもたれるようなきれいめシンプルなコーデを心がけましょう。

ママ友宅で宅飲みするなら上品リラックス

ママ友飲み会のトレンドは、ホームパーティー形式で自宅開催するものになっています。料理自慢のママが腕を振るってくれたり、持ち寄りなど気軽に参加できるのも宅飲みのメリットです。

そんな宅飲みにおすすめなのが上品にまとめながらもリラックス感のあるコーデです。トレンドのワイドパンツやマキシ丈のスカートなど、動きやすいけれど上品なものを選びましょう。

宅飲みの場合、靴を脱ぐことも考えて足元をきれいにしておくことと、床に座ることも考えて短い丈のスカートなどは履かないようにするのがマナー。ウエストまわりが窮屈なものも立ったり座ったりが多くなる宅飲みには不向きなので、ゆったりしたシルエットの服を選ぶのもポイントです。

子連れで居酒屋なら動きやすさ重視でOK

子連れで居酒屋にいくのもママ友飲み会の定番です。最近の居酒屋では子ども向けメニューやプレイルームがあるなど、子連れでも安心のサービスがあるお店も増えています。

個室でママ友飲み会ができれば子どもが脱走してしまうことも避けられておすすめです。それでも、子どもと一緒の場合は不測の事態にも備えることが必要ですので、ママの服装も動きやすいものを選んだ方がよいでしょう。

ハイヒールや華奢なサンダルは避けて、いつでも走り出せるような靴がおすすめです。足元に合わせると自然とカジュアルなコーデになりますが、せっかくのママ友飲み会ですので少なくとも清潔感のあるコーデを心がけます。

また、ママだけでなく子どもの服装にも気を使ってくださいね。

ママ友宅での宅飲み!何を持っていく?

持ち寄りするならこのメニューがおすすめ

ホームパーティー式のママ宅飲み会では、自宅を貸してくれるママの負担にならないように持ち寄り形式にするのが一般的です。なにを持っていこうか悩みますが、人気のメニューはあるのでしょうか。

子どもも一緒に参加することを考えると、子どもが楽しめるメニューを持ち寄るのがおすすめです。唐揚げやフィンガーフードなど食べやすく見栄えのよいものがおすすめ。

また、持ち寄るものがかぶらないように事前に担当を決めておくといいですよ。サラダやデザートなど、ザックリでいいので担当が決まっているとメニューも決めやすくなります。

さらに料理に統一感を持たせるために「中華」や「イタリアン」などテーマも決めると楽しいパーティーになります。

お酒は参加者の好みを事前リサーチ

メニューが決まっている居酒屋での飲み会と違い、宅飲みでは好きなお酒を持ち込むことができます。日本酒やシャンパンなど子連れでいけるお店ではなかなか飲めない種類のお酒も楽しめます。

お酒の好みは飲む人によって差があり、ビールしか飲めない人や甘いお酒しか飲めない人もいるので参加者がどんなお酒が好きなのか事前にリサーチしておくようにしましょう。お酒が決まれば、持ち寄る料理の傾向も定まってきます。

自分がたくさん飲むと分かっている場合は多めに持っていくこともマナーの一つ。お酒が飲めないママの場合は、子ども用にジュースやお茶などを持参しましょう。お酒の方が単価が高いので、重たいですが多めに持っていくようにしましょう。

きっと喜んでもらえる手土産はこれ

持ち寄り料理のほかに、気の利いた手土産を持参するとみんなに喜ばれます。持ち寄りの場合、どうしても子どもが食べられるものにメニューが偏りがちなので、手土産は大人向けのおつまみなどが喜ばれます。

お酒にあう瓶詰やチーズ、珍味などがおすすめ。ただあくまでも持ち寄りの範囲外の手土産なので、張り切り過ぎないように量や価格に注意します。

お世話になるママ友宅に手土産を渡したい場合は、日持ちのするお菓子などを持っていけば十分です。こちらも、あまり高価なものを渡すと次回開催するときに、お互いの負担になりますので注意しましょう。

ママ友のお家に呼んでもらった場合は、手土産よりも飲み会後の清掃や食器洗い、早めに帰宅するなどの配慮が大事ですよ。

気乗りがしないママ友飲み会の上手な断り方

お誘いへの感謝と残念な気持ちを伝える

ママ友との飲み会に誘われたけれど、なんとなく気乗りしない、どうしても予定が合わないなど参加を断りたいときもあります。本当に予定があるのであれば、素直にいけないことを伝えればいいのですが、気乗りがしない飲み会ではそのまま伝えるというわけにもいきません。

参加したくない場合は、誘われてからなるべく早く欠席の意思を伝えるのがマナーです。ギリギリまで言葉をにごしていると計画を立てている相手にも迷惑がかかってしまいます。

まずは、誘ってくれたことにお礼をいって、残念な気持ちを伝えましょう。気乗りしない場合の断り方としては、先約が入っているのを理由にすると角が立ちません。

本当にほかの誰かと会うことになっても、いいわけがしやすいですよ。

嘘はつかずに自分の本音を上手に伝える

何度も飲み会に誘われているのに、そのたびに嘘をついて断るのは自分にとっても心苦しい状況になってしまいます。なるべく嘘をつかずに、かつ相手に不快感を与えないように断る方法をマスターしたいですね。

なぜ上手に断れないかといえば、断ることで「なにか自分や子どもに悪影響があるのでは」と思ってしまうからです。ですが、「気乗りしない相手と今後深くかかわることの方が悪影響」と考えを変えてみましょう。

今後誘われなくてもいい、という覚悟があるならば「趣味や家事で忙しいので参加できない」「子どもと一緒に飲むことに抵抗がある」など、ライフスタイルの違いや飲み会は好きではないことを理由にしてみると効果がありますよ。

断っても大丈夫!さらりと断れる関係作りを

「断っても大丈夫かな?」といちいち考えてしまうのは、まだママ友たちに遠慮がある証拠です。本当の友達関係が築けていれば、もっと気軽に断ることができるようになります。

性格的な要素も大きく、サバサバしたママなら誘ったそばから「その日は無理!」とさらりと断ることもできてしまいます。むしろ、その方が相手も気持ちよく不参加の意思を受けることができてあとくされがありません。

参加を迷うことで相手にも「なにか嫌な要素でもあるのかしら?」と要らぬ心配をされてしまいます。やはり、断る場合は早めに返事をするのがポイントです。

あまり周りの目を気にしすぎないで、自分の意思を尊重していくのも人間関係で疲れないための秘訣です。

まとめ

ママ友との飲み会というと、つい身構えてしまいますが、本当に気の合う仲間がみつかれば子どもが成長してからも長く友達関係を続けることができます。子どもを通して知り合ったとはいえ、親友といえる関係性を築くことも可能です。

飲み会は深くお互いを知るための絶好の機会です。ときどき、ママ友同士のヒエラルキーやマウンティングなど遠慮したい話も聞きますが、そうした状況はごく一部です。

まずは気軽に参加してみて、徐々に友情を深めていきましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018