就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの冬パジャマを選ぼう!選び方や注意点、おすすめ商品を紹介

子どもの冬パジャマを選ぼう!選び方や注意点、おすすめ商品を紹介

「パジャマは寝るときにしか着ないし冬場はエアコンをつけているから、1年中同じようなパジャマを子どもに着せている」というママもいるかもしれません。しかし、いくらエアコンをつけていても季節にあったパジャマを着せてあげないと体調を崩すことも…。ここでは、冬場はどんなパジャマを選ぶとよいのかをご紹介します。

子どもが快適な冬パジャマの選び方

吸水性の高い素材のパジャマにする

冬は寒いので、寝ているときに子どもの体が冷えて風邪をひかないように、分厚いパジャマを着せて寝かせているママも多いかもしれませんね。

しかし、子どもは季節に関係なく新陳代謝が活発で、大人と比べて汗をよくかきます。ですから、冬でも吸水性の高い素材のものを選ぶことが大切ですよ。

綿100%のパジャマは吸水性が高く肌触りも優しいので、お肌が敏感な子どもでも安心して着ることができるでしょう。パジャマの下に着る肌着も綿100%のものにすると、寝ている間にかいた汗をしっかり吸収してくれますよ。

パジャマが分厚すぎると子どもが暑がりお腹を出してしまうこともありますよね。その場合は、お腹が冷えないようにロンパースタイプか、腹巻きつきのパジャマがおすすめですよ。

寝冷えを防止機能つきなら安心

冬場はエアコンをつけているのでお部屋の中の温度は暖かく、寝るときに布団をかけてあげても暑がって布団を嫌がる子も多いでしょう。しかし、夜中や朝方の気温が下がる時間帯は布団をかぶらないと寒く感じることも…。

冷え込んだときに大人は自分で布団をかけることができますが、子どもはパパやママが気づいてかけてあげないといけないので、「毎晩気になって熟睡できない」と悩むママもいますよね。子どもが布団をかけていなくても体が冷えないように、寝冷えを防止できる機能がついているパジャマを選んであげましょう。

たとえば、先ほどご紹介したように腹巻きつきのパジャマはお腹を温めてくれるので、冬場におすすめです。おむつがとれている子には、オーバーオールタイプのものもよいですよ。

子どもが好きな色や柄にする

子どもの服やパジャマなどは、ママの趣味で選んでいることが多いでしょう。しかし、子どもにパジャマを着せようとすると「このパジャマは嫌!」とパジャマを着るのを嫌がって、毎日着せるのに時間がかかると悩むママもいますよね。

パジャマを着せるのに時間がかかってしまうと、お風呂で温まった体がすぐに冷えてしまいます。お風呂上がりの着替えを楽にするためにも、パジャマは子どもの好きな色や柄のものを選ぶとよいですよ。

先輩ママの話では、子どもが1歳半をすぎてから、自分の好きな色や柄のパジャマでないと「嫌!」といって着てくれないことがあるそうです。好きな色や柄のものは着るときにとても嬉しそうに着てくれるので、着替えがスムーズで楽にできると話してくれました。

子どものパジャマを選ぶときの注意点

季節に合った素材選びをしよう

パジャマを選ぶときに「パジャマは寝るときだけしか着ないから、どんなものでも大丈夫」と、素材などを確認せずに買っているママも多いでしょう。しかし、寝ているときにも子どもは成長しています。睡眠は子どもの成長にはとても大切なので、快適に眠れるように季節にあった素材のパジャマを選んであげましょう。

綿のパジャマは吸水性が高いので、1年中活用できて汗をよくかく子どもにはおすすめの素材です。シルクのパジャマは吸水性が高いだけでなく、保温性も高いので寝冷えしやすい冬場に着ると体を温めてくれますよ。

夏場は、吸水性と速乾性が高い麻の素材がよいでしょう。サラッとした軽い肌触りの素材なので、暑い夏でも快適に眠ることができますよね。

洗濯が頻繁にできる耐久性のあるものを

子どもは新陳代謝が活発なので、寝ている間も大人よりたくさんの汗をかいています。「パジャマは、寝ているときしか着ていないから毎日は洗わない」というママも多いでしょうが、清潔を保つためにもパジャマは毎日洗濯したほうがよいですよ。

パジャマは洗濯を頻繁にしても大丈夫なように、耐久性のあるものを選ぶことが必要です。化学繊維のパジャマはお手頃価格で購入できるので買いやすいですが、何回も洗濯しているとヨレヨレになってしまうものも多いです。

その点、綿のパジャマは価格は少し高いですが水に強い素材なので、洗濯を頻繁にしてもヨレヨレにならず長く着ることができますよ。冬におすすめのシルクのパジャマも、手洗いすれば長い間活用できます。

サイズの合ったパジャマを選ぼう

「寝るときはパジャマを着る」というのは、子どものときから習慣づいているパパやママがほとんどでしょう。寝ているときにパジャマを着る理由はいくつかありますが、体を締め付けないこともパジャマを着る大切な理由の一つです。

パジャマは洋服と比べてみると、体を締め付けないように少し大きく作られているものがほとんどです。「子どもはすぐに大きくなるから」と、サイズが大きいものを買ってしまうと首元が大きく開いてしまったり、足が隠れて歩くと転倒したりすることもあります。

また、小さくなったパジャマをいつまでも使うのもあまりおすすめしません。体を締め付けてしまうので寝返りがしにくく、快適に眠ることが難しくなりますよ。

子どもの冬パジャマにおすすめな商品

素材に特化したベネットベビーのパジャマ

「子どもに冬用のパジャマを買ってあげたいけど、どのようなものを選べばいいか分からない」というママも多いですよね。季節にあった素材のものを選びたいですが、子どもが喜んで着てくれるようにデザインも可愛いものがよいでしょう。

「ベネットベビー」のパジャマは車や動物など、子どもが好きな可愛い柄のパジャマがたくさん売られています。サイズも豊富で、赤ちゃんの頃から120cmくらいの子どもまで着せることができますよ。

コットン100%の素材なので肌触りが心地よく、汗もしっかり吸収してくれるのでぐっすり眠れるでしょう。デザインがおしゃれなので、パジャマだけでなくルームウェアとして活用している家庭も多いそうですよ。

腹巻きがついたDWSIOOWのパジャマ

冬場の夜はエアコンをつけていても、布団をかけないと肌寒く感じることもありますよね。しかし、布団を嫌がる子も多く寝ている子どもに布団をかけてあげても、朝方には布団が足元のほうに追いやられていることも…。

布団をかけていないと寝冷えする可能性があるので、腹巻きつきのパジャマでお腹を温めるとよいですよ。「DWSIOOW」のパジャマは、子どものデリケートなお肌にも安心のコットン100%でつくられています。ズボンに腹巻きがついているパジャマなので、布団をかけていなくてもお腹を温めることができますよ。

前開きのボタンタイプのパジャマなので、子どもに着せやすいデザインです。サイズやカラーもたくさんあるので、兄弟姉妹でお揃いのパジャマにしても可愛いですよね。

全身を覆うリトルプリンセスのスリーパー

寝ているときに子どもの体が冷えないように、スリーパーを着せて寝かせているママもいますよね。「リトルプリンセス」のスリーパーは、中綿が入っているので秋~冬の肌寒い季節におすすめです。

「リトルプリンセス」のスリーパーの形は前が長めにつくられているので、足元まで温めてくれます。上と下、どちらからも開くダブルファスナーなので、おむつ交換や着替えがスムーズにできて便利ですよ。

また、0~7歳頃まで長く使えるのもよいですよね。ワンサイズなので赤ちゃんの頃は大きいかもしれませんが、腹巻きがついているので大きくてもお腹が冷える心配もありません。子どもは寝相が悪い子も多いので、スリーパーを着せていると安心ですね。

まとめ

冬場はエアコンをつけていても、朝方にかけてお部屋のなかが冷え込むこともありますよね。子どもは大人のように自分で布団をかけて体温調節をすることが難しいので、パジャマ選びはとても大切です。

お腹や足元が冷えると風邪をひきやすくなるので、腹巻きがついているタイプや子どもの体にあったパジャマを着せてあげましょう。寒い冬でも子どもがぐっすり眠れるように、素材などにもこだわりながらパジャマを選んであげてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018