就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

北欧の子育て環境について知る。北欧に学ぶ子育てを楽しむヒント

北欧の子育て環境について知る。北欧に学ぶ子育てを楽しむヒント

やさしい色と光を子育てに取り入れる

高緯度に位置する北欧では、冬至の頃になると15時には太陽が沈んでしまいます。そのため、北欧の人々は太陽の光をとても大切にしています。子どもたちが集まる幼稚園などでは、蛍光灯の光はほとんど使われていません。日光の取り入れ方を工夫し、自然光をふんだんに取り入れた構造になっています。

照明を使うときは、間接照明などを取り入れ、やわらかく、あたたかみのある光を取り入れるように工夫されています。

自然光と蛍光灯の下では色の見え方も変わってきます。蛍光灯の下で過ごしていると気づかないことも多いですが、比べてみると大きな違いがあります。子どもたちの色彩感覚や感受性を育てるためにも、自然光で現れる色を大切にしているようです。

シンプル、そしてナチュラルな暮らし

北欧は、環境にも配慮した「環境先進国」と呼ばれています。ゴミは分別し、最終処分場行きのゴミは極力出さなかったり、農薬や化学肥料を使った食品を減らす努力をしています。

そんな北欧の人々が暮らすお家もシンプルでナチュラルが基本のようです。天然素材を使用した、機能的で使いやすく、シンプルだけど美しいデザインが特徴です。

家具とは対象的に北欧の雑貨類はポップな柄が多いですよね。お家を北欧風にしたいのであれば、シンプルで飽きのこない家具に、ポップな柄のカーテンやクッションカバーなどを組み合わせることがポイントになるようです。

北欧デザインの家具は、IKEAなどでお手頃に買えるものもあるので、まずはネットで見てみるといいと思います。

まとめ

北欧の出産や育児の環境を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

子育てしながらも働きやすい環境が整っている北欧を見習えば、日本のママももっと活躍できるのになと思われた方も多いことでしょう。

教育面では、北欧の「その子自身を認めてあげ、できること、好きなことを伸ばしてあげる」教育を参考にすれば「どうして他の子はできるのに、うちの子はできないんだろう?」という心配もなくなり、ストレスを感じることも少なくなるのではないでしょうか。
26 件

関連記事

この記事のキーワード



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND