就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

年子育児を楽しく乗り切ろう!メリットやストレスを溜めない方法

年子育児を楽しく乗り切ろう!メリットやストレスを溜めない方法

年子育児は赤ちゃんを二人育てているようで大変そう。そんなイメージを持つママも多いのではないでしょうか。確かに、年子育児へのママの負担は相当のものですよね。ですが、年子育児はデメリットだけではなく、沢山のメリットもあります。今回は、年子のメリットや年子育児を楽しく乗り切るためのポイントをご紹介します。

年子育児にはメリットがいっぱい

育児の大変な時期が短くて済む

年子育児の最大のメリットは、育児の大変な時期が短い期間に終わることです。

産まれたばかりの頃はとても大変です。毎日必死に育児に没頭することになります。ですが必死に毎日を過ごしてるうちに、あっという間に大変な時期が過ぎると感じるかもしれません。

また、上の子が成長して幼稚園などに入園するとそれまでの怒涛の日々に比べれば、少し落ち着いて育児ができるようになります。1年後には下の子も入園することになりますので、ママの時間も増え子育てが一気に楽になったと感じるでしょう。

ママが自分の時間を持てることによってママの気持ちに余裕ができ、子供との良好なコミニュケーションが取れるようになるというメリットもあるかもしれませんね。

上の子の洋服やベビー用品が使える

赤ちゃんを産む前には、様々なベビー服やベビー用品の準備が必要ですよね。一からベビー服やベビー用品を用意するのは、とても大変ですし金銭的な負担も少なくありません。

お下がりを使うにしても、年の離れた兄弟だと経年劣化によって使えなくなるものもいくつか出てきてしまいます。状態の悪いものを赤ちゃんに使うのはやっぱり気が引けますよね。

ですが、年子で生まれた場合は上の子のときに用意したベビー用品やベビー服を1年前後で使うことができるので、状態の良いまま下の子にお下がりすることができます。買い直すことなくお下がりできるのはとても経済的です。

また、懐かしいベビー服を見ると上の子も少し前まではこんなに小さかったんだと成長を感じれる機会になるかもしれませんね。

一人目の育児経験を有効活用

子どもは日々大きく成長しそれと同時に、ママもたくさんの初めての経験をします。そうすると人間ですから昔の記憶はどうしても薄くなって行ってしまいますよね。

下の子が産まれても上の子の育児から何年か経過していると忘れてしまっていることや、育児の情報が変わっているなんてこともあるでしょう。

そんなとき、年子であればまだ1年程前のことなので情報に大きな変化は殆どないでしょうし、頭や体がまだその頃の育児を覚えています。これは、再び一から勉強し直す時間も労力も要らないので忙しいママにはとても助かります。

また、もし上の子の育児でこうしておけば良かったと思っていることがあれば、経験を活かして下の子の育児に役立てることもできます。

年子育児を乗り切るポイントとは

できるだけ上の子を優先させてあげよう

下の子が産まれたばかりの頃はどうしても下の子に意識が向いてしまいがちですよね。それは母親として当然のことだと思います。

ですが、上の子もお兄ちゃんやお姉ちゃんになったとはいえど、まだまだ赤ちゃんに近い年齢です。まだまだママに甘えたい独占したい、という気持ちから赤ちゃん返りをしてしまう子もいるでしょう。

その状態でママが下の子ばかり構ってしまうと、ママは自分のことが大切ではないのかなと思ってしまったり、赤ちゃんにママを取られた!と思ってしまうかもしれませんよね。

上の子を精神的に安定させてあげるためにも、できるだけ上の子を優先してたくさんのスキンシップを取り、ママは変わらずあなたが大切で大好きなんだよ、ということを教えてあげるようにしましょう。

下の子のお昼ねタイムに上の子と遊ぼう

上の子優先とはいっても赤ちゃんはお世話が必要だし実際はどうすればいいのか悩みますよね。

そんなときは下の子のお昼寝中に上の子と遊びましょう。一緒にお絵描きをするのもよし、膝の上に座らせて絵本を読むのもいいと思います。このとき、長編だと途中で下の子が起きたときに読み切れず、上の子の不満につながる可能性があるのでできるだけ簡潔に読める本を選びましょう。

恐らくどんな遊びをしてもママが自分を見てくれているということが分かるだけで、上の子は安心できるはずです。なので、家事をしたいという気持ちになったときもぐっとこらえ上の子のケアをしてあげるようにしましょう。

赤ちゃんから離れるので安全対策だけはしっかりとし、安心して上の子と遊べる環境にしましょう。

ママは一人で頑張り過ぎないこと

年子の育児は大変なこともたくさんあります。なので、ママは頑張らなくてはいけないと思ってしまいがちですが、一人で頑張りすぎないようにしてくださいね。

頑張り過ぎて、自分でも気がつかないうちに育児ノイローゼや産後うつになってしまっていたというママも少なくありません。ママが辛くなってしまうと、子ども達にもそれは必ず伝わります。

なので、ご主人や周りの人にもときにはしっかり甘え、自分の中でストレスを溜めすぎないことも重要です。周りの人の助けが見込めない場合は一時保育を実施している施設などもあります。

自分のためにも、そして子ども達のためにも手を抜ける所は、手を抜いて甘える所は甘えて上手にバランスを取りながら育児をしていけるとよいですね。

ママの心の疲れやイライラを発散させよう

寝る前にハーブティーを飲んで一息しよう

お昼はママが一人で年子のお世話をすることが多いですよね。1日中大変な育児をしてやっとのことで寝かしつけ、ようやく自分だけの時間になるとどっと疲れが出てしまうママも多いのではないでしょうか。

ママも一人の人間ですから、ときには一息ついて休む時間も必要です。そんなときは、1日の終わりにハーブティを飲むと心が安らぎますよ。

ハーブティには多くの種類があり中には、美容効果や疲労回復、心を穏やかにしてくれる作用があるものもあります。また、カフェインが入っていないものも多くあるので授乳中のママでも安心して飲むことができます。

今日も一日頑張った自分へのご褒美として、一息つければまた明日も頑張ろうという活力になるかもしれませんね。

家事を休む日を作って体を休めよう

ママは家事に育児に大忙し、それも365日年中無休でフル稼働です。子育てをしながら家事をするのって本当に大変ですよね。そんな毎日に疲れてしまっているママも多いのではないでしょうか。

そんなときは思い切って、家事を休む日を作ってしまいましょう。一日くらい掃除をしなくても、ご飯が出来合いのお惣菜でも大丈夫です。子ども達の成長には何の問題もありません。

問題なのは、あれもしなくちゃこれもしなくちゃとママが大変になって辛くなってしまうことです。ママが辛いと子ども達も辛くなってしまいます。

ご主人がお休みのときに、家事をお願いするのも良いでしょう。今日は家事をお休み!と決めてしまえばきっと肩の荷も少しは軽くなりますよ。

一時保育を利用してリフレッシュ外出しよう

どれだけ一息つきたいと思っても、近くに我が子がいればなかなか、羽を伸ばしてリフレッシュとはいきませんよね。

そういうときに活用して頂きたいのが一時保育です。一時保育とは、一時的に保育施設などで子どもを預かってもらうことです。

施設の利用目的としては、就労や介護、冠婚葬祭、入院などの理由により利用する方もいらっしゃいますがリフレッシュのために預ける方も多くいらっしゃいます。心身の負担を少しでも軽減できるように、一時保育を上手に利用してリフレッシュしましょう。

市区町村や施設によって利用料や利用できる時期は様々ですし、あらかじめ登録が必要な場合もあるので、お散歩がてらに一度近所の施設に見学に行ってみるとよいかも知れませんね。

まとめ

兄弟の年齢差は、ご家庭によって様々な考えがあるかと思います。その一つの選択肢として年子育児を考えたとき、年子のメリットデメリットを踏まえて話し合い答えがでたのであれば、それはそのご家庭にとって最良の選択だと思います。

年子の育児はもちろん大変なことがいっぱいです。ですがそれに負けないくらいメリットもたくさんあり、幸せもあります。

年子を育ててみて大変だと思ったり辛いと感じたら、迷わず周りに頼り、自分なりの息抜きをみつけて楽しんで育児ができるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018