就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

髪の毛が薄い女の子の赤ちゃん!気になる原因やママにできる対処法

髪の毛が薄い女の子の赤ちゃん!気になる原因やママにできる対処法

女の子を育てているママのなかには、「うちの子は3歳になったのに、髪の毛が薄くて全然伸びない」と心配している方もいるかもしれませんね。女の子で髪の毛が薄いと男の子に間違えられることもあり、ショックを受けているママも多いでしょう。赤ちゃんの髪の毛が薄い理由や、女の子の薄毛の対処法などをご紹介します。

髪の毛が薄い女の子の赤ちゃんに関する悩み

なにかの病気ではないかと心配してしまう

1歳を過ぎても髪の毛が赤ちゃんの頃のように薄いと、「このまま増えることはないの?」「女の子なのに、髪の毛が薄いとかわいそう」など、心配しているママは多いですよね。体は成長しているのに髪の毛だけ変化がないと「なにかの病気なのでは?」と不安になるでしょう。

赤ちゃんが薄毛なのは、個性の一つでもあります。生まれつき髪の毛がフサフサの子もいれば、薄い産毛しか生えていない子もいるので、あまり心配しなくても大丈夫ですよ。

しかし、なかには先天性欠毛症という病気の子どももいます。先天性欠毛症は、生まれつき髪の毛の量が普通の人と比べて少ない病気のことです。この病気の場合は、成長しても髪の毛が生え揃うことはないといわれています。

男の子によく間違えられるのがショック

小さな頃は大人のように体型や顔などで性別が判断しにくいこともあり、髪の毛を見て「男の子かな。かわいいね」などと声を掛ける方が多いですよね。女の子で髪の毛が薄いと男の子に間違えられることも多く、「うちの子は女の子なのに」とショックを受けているママもいるでしょう。

先輩ママの話では、髪が薄かった娘はピンク色の洋服を着ていても「男の子かな?」と言われることがほとんどだったそうです。「女の子なのにかわいそうだな」と親は心配したそうですが、本人はまったく気にしていなかったのでよかったと話してくれました。

小学生になった今では周りの子と同じように髪の毛も伸びているそうなので、今だけだと思って割り切ることが大切ですね。

髪が薄いため女の子らしい格好が似合わない

女の子のママはワンピースやフリルの付いた洋服、レースのスカートなど、「せっかく女の子なんだから、かわいらしい服装を着せたい」と思っている方も多いですよね。女の子らしい服装をしても髪の毛が薄く短いと、しっくりこないことがあるかもしれません。

子どもに女の子らしいコーディネートをしたときは、髪型もツインテールやハーフアップなど、かわいらしい髪型でキメたいですよね。髪の毛が伸びていると髪型もかわいらしくセットできますが、髪が薄いとゴムでくくったり、ヘアピンで留めたりすることも難しいでしょう。

「かわいいコーディネートをしても髪の毛が気になる」というママは、帽子をかぶせるなどしておしゃれを楽しむとよいですよ。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

赤ちゃんの髪の毛が薄いのはどうして?

生まれたばかりは「産毛」の状態だから

生まれたばかりの赤ちゃんでも、髪型はそれぞれ違いますよね。赤ちゃんは産毛が生えているので、4、5歳頃の子どもと比べてみると髪の毛が薄く、1本1本が細いでしょう。

生後3カ月頃までのねんねの時期は、寝て過ごすことが多いため産毛が布団やマットなどに擦れてしまい、さらに髪の毛が薄くなることがあります。赤ちゃんが成長すると産毛が生え変わってくれますが、生え変わりの時期も赤ちゃんによって違うため、ほかの赤ちゃんと比べないようにしましょう。

産毛は赤ちゃんの体を守るために必要なものなので、早く生え変わらないからといって剃ったり、切ったりなどの対策をする必要はなく、自然と生え変わるまで待つとよいですよ。

産毛が抜けるときの一時的な脱毛状態もある

生まれたときの赤ちゃんの髪は量が少ないだけでなく、髪の毛1本1本が細くてやわらかな髪質の子が多いですよね。成長していくにつれて髪質は変化していきますが、産毛が抜けるときに一時的に脱毛状態になる子もいます。

赤ちゃんの前の部分の産毛が少しずつ抜ける状態を、新生児生理的脱毛といいます。また、布団などによる摩擦で産毛が抜ける乳児期後頭部脱毛の時期とかぶると、前髪だけでなく後ろの髪の毛もなくなるため、心配になるママは多いでしょう。

急に脱毛状態になると不安になりますが、成長していくにつれて髪質が落ち着いてくるので、気長に待つことが大切です。頭皮に乳児脂漏性湿疹があり荒れている場合は、病院で診てもらうとよいですよ。

赤ちゃん自身が髪をむしって薄くなることも

生まれつき髪の毛が薄い子は遺伝が大きく関係していますが、赤ちゃんが自分で髪の毛をむしっている場合もあります。赤ちゃんはさまざまなことに興味津々ですが、自分の体にも興味をもちます。

自分の意思で手や腕を自由に動かせるようになってくると、自分の体を触っていろいろなことを確認し始めます。自分の体を触る感覚で髪の毛を触ったりつかんだりしたときに、力加減が分からずにむしってしまうことがありますよ。

自分の髪の毛をむしるのは、成長とともに自然と落ち着いてきます。しかし、いつまでたっても髪の毛をむしる行動が治らないときは、赤ちゃんがなにかにストレスを感じている可能性が考えられます。赤ちゃんがストレスなく過ごせるような環境作りが重要ですね。

女の子の髪の毛が薄いときのママの対処法

基本はなにもせずに見守ることが大事

赤ちゃんの髪の毛が薄いと「どうすれば髪の毛が増えるのだろう」と、対処法に悩むママも多いかもしれませんね。しかし、赤ちゃんが成長すれば少しずつ髪の毛は増えてくるので、産毛から自然と生え変わるまでは気長に見守りましょう。

友人の話では、生まれたときから髪の毛が薄かった娘は、2歳になってもほかの子と比べると髪の毛が薄く一度も髪の毛をカットしたことがなかったそうです。「早く伸びてほしいな」と思うことは頻繁にあったそうですが、自然と伸びるのを見守ったと話してくれました。

3歳頃になっても髪の毛は短いままだったそうですが、少しずつ髪の毛の量が増えてきて5歳頃にはほかの子と同じくらいの量になって嬉しかったそうですよ。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事