就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの冬の服装はどうすればよい?着せ方と快適な服選びのポイント

子どもの冬の服装はどうすればよい?着せ方と快適な服選びのポイント

足の冷え防止にはレッグウォーマーを

足元が冷えると、全身の血流が悪くなり寒さを感じてしまいますよね。足元を温めるだけで体全体を温める効果があるので、冬場は足元を冷やさないようにすることが重要です。

足元の冷えの防止には、レッグウォーマーを活用しましょう。レッグウォーマーを活用するだけで、厚着しなくても全身を温めることができます。レッグウォーマーは、可愛いデザインのものもたくさん売られています。防寒対策だけでなく、足元からおしゃれを楽しむことができますよ。

お出かけのときだけでなく、お家でもレッグウォーマーを活用するとよいでしょう。動きやすい短パンやスカートを履いても、レッグウォーマーを活用すれば足元が冷えないところも嬉しいですよね。

ベビーカーを使うときはフットマフで温かく

赤ちゃんとのお出かけには、ベビーカーを活用しているママも多いのではないでしょうか。ベビーカーに座らせると、抱っこしなくてもよいのでママは楽ですよね。

しかし、冬場にベビーカーにずっと乗せていると、赤ちゃんの体が冷え切ってしまうことがあります。ベビーカーに乗ると寝てしまう子も多いので、寝ている間に体が冷えてしまい、風邪をひく可能性も考えられます。

ベビーカーを使うときは、フットマフを活用して赤ちゃんの体を温めてあげましょう。フットマフはクリップがついているので、ベビーカーにクリップでとめるようにすると、とフットマフが落ちないので安心ですよ。

フットマフは、赤ちゃんの体だけでなく足元まですっぽり覆うので、寒い冬の外出のときに便利ですよね。

子どもが雪遊びをするときの服装について

いつもの服の上にスノーウェアを着せる

冬になると地域によっては雪が降りますよね。子どもは雪遊びが大好きなので、外に出て遊びたがることでしょう。

雪遊びをするときは、いつもの服の上にスノーウェアを着せるようにしましょう。スノーウェアは基本的に防水加工されていますが、さらに防水スプレーをかけておくと雪が染みて子どもが寒がる心配もありません。

幼児の場合はつなぎタイプのスノーウェアがおすすめです。上下セパレートタイプはお腹から雪が入り込む可能性がありますよ。

スノーウェアを選ぶときは、袖口がしっかりと絞られ、雪が入り込まないデザインの物を選びたいですね。スノーウェアの下に、速乾や保温性に優れた下着を着せておくと子どもを寒さから守れますよ。

防水性に優れたスノーブーツや手袋も

普段毛糸の手袋を愛用している子どもが多いかもしれません。しかし雪遊びをするときは毛糸だと雪が染み込んで手が冷えたり、しもやけになったりする危険性があります。

手袋もスノーウェアと同様、防水性に優れたものを選びましょう。手首の部分が長めで、しっかりと体にフィットしたものだと雪が手袋の中に入りにくいですよ。

スノーブーツの代わりに長靴で代用するママもいるかもしれませんが、長靴だと靴の中に雪が入り込んで足が濡れてしまいます。内側にフリース素材やファーがついているような冬用の長靴もしくはスノーブーツを用意しましょう。靴の裏もチェックして滑り止めがついているものを購入したいですね。

手袋もスノーブーツも、防水スプレーをかけておくと濡れる心配も不要です。

防水防寒性に優れた小物があると便利

スノーウェアや手袋、スノーブーツ以外にも子どもの首を寒さから守ってくれて脱げにくいスヌードがあるとよいですね。スヌードならほどけて落とすこともありません。

帽子もかぶらせると安心です。子どもが雪の上を転げまわっても帽子が頭を衝撃から守ってくれることでしょう。耳当てがついているタイプだと耳が冷えずに済みます。

耳当てがついていない場合は、別途耳当てがあると便利です。耳が冷えてあかぎれになる子どももいるので要注意ですよ。

ほかにも、スノーブーツとズボンの隙間から雪が入るのを防ぐために脚絆(きゃはん)があるとよいかもしれません。防水や防寒のためのグッズを揃えておくと便利なので、お店でどんなものがあるのかチェックしてみてくださいね。

まとめ

冬場は寒いだけでなく風邪などで体調を崩すことも多いので、子どもの体を守れるように厚着させているママも多いでしょう。しかし、厚着のしすぎは、熱中症などを引き起こす危険性もあるのです。

子どもが寒い服でも快適にすごせるように、厚着を控えたり行く場所によって着る服の素材を変えたりすることが大切です。重ね着も、コツをつかめばたくさんのコーデを考えられて楽しいですよ。防寒グッズも活用しながら、寒い冬を子どもと元気に乗り越えましょう。
34 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND