就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの冬の服装はどうすればよい?着せ方と服を選ぶときのポイント

子どもの冬の服装はどうすればよい?着せ方と服を選ぶときのポイント

冬になると、急に温度が下がり冷え込みますよね。寒くなってくると当然暖かい服装をすると思いますが、厚着したときに子どもが暑そうに汗をかいていることはありませんか?ここでは、冬は子どもにどのような服装を着せればよいのかや、服選びのポイントなどをご紹介します。

子どもの冬の服装の選び方と着せ方

冬の子どもの肌着は綿素材の半袖で

子どもにも、大人と同じようにまずは肌着を着せますよね。冬になってくると温度が急に低くなるので、長袖の肌着を着ているママも多いのではないでしょうか。ユニクロのヒートテックを着用して体を温めているママもいるでしょう。

子どもにも長袖の肌着を着せているママはたくさんいると思いますが、冬場でも子どもの肌着は、綿素材の半袖タイプがおすすめです。

子どもは大人と比べると運動量が多く、長袖の肌着だと汗だくになっていることもあります。冬場でも公園などで外遊びをすると、ロンT1枚でも十分なくらい体が温まるときもあるので、半袖の肌着で十分です。

肌着は子どもがかいた汗を吸う役割があるので、速乾性のある綿素材のものを選ぶと、汗をかいたあとも体が冷えずに済みますよ。

肌着の上には薄手の長袖シャツなどを

気温が低いと肌着の上に何を着せるか悩みますよね。冬場は「子どもが風邪をひいたら大変」と心配になり、セーターなどの暖かい服を着せるママも多いと思います。

しかし、先ほどご紹介したように、子どもは冬場でも体を動かして遊ぶとたくさんの汗をかきます。セーターなどの厚手のものは保温効果が高く熱がこもりやすい素材が多いので、肌着の上には薄手の長袖シャツなどがおすすめですよ。

「半袖の肌着の上に長袖シャツだと寒すぎないか」と不安になるママもいるかもしれませんが、子どもは大人と比べると体温が少し高く新陳代謝も活発です。ですから、厚着させると必要以上に汗をかいてしまいます。汗をかいたあとに体が冷えると風邪をひく原因にもなるので、薄手の長袖シャツなどがよいでしょう。

外出のときは着脱できるアウターで調節

室内にいるときは長袖シャツでもよいですが、お出かけなど外にでるときは薄手の長袖シャツだと寒いですよね。外出のときは、着脱できるアウターを着せて体温を調節することが大切です。

公園遊びやお散歩に行くときなども、お家からでると寒さで体が冷えるので、体が温まるまではアウターを着せてあげるとよいでですよ。アウターを着たままだと汗をかいたり熱がこもったりするので、体が温まってきた頃にアウターを脱いでロンTなどで遊ばせましょう。

アウターは脱ぎ着がしやすいものを選び、外の温度や子どもの様子を見ながら脱ぎ着させるようにしましょう。アウターの下は薄手のものを着せて、厚着させすぎないようにするのがポイントですよ。

子どもの冬の服装選びのポイント

子どもの服は大人より1枚少なく!

大人になると、寒い冬にはなるべく体が温まるような服を選びますよね。冬場は体が冷えるので、何枚も重ね着をしているママも多いと思います。

子どもの場合は、大人よりも1枚少なく重ね着するようにしましょう。先ほどご紹介したように、子どもは大人よりも体温が高いだけではなく新陳代謝もよいので、少し体を動かすだけですぐに体が温まります。

大人のように重ね着をしすぎると、熱がこもって暑く感じるという子も多いですよ。重ね着するときは、寒いからといって着せすぎないように心がけることが大切です。子どもが小さいと、自分では洋服をうまく選べないですよね。パパやママがその日の天候や気温を確認し、快適にすごせる洋服選びをしてあげましょう。

Tシャツやアウターは素材により使い分けを

冬場は、Tシャツの上にアウターを羽織るコーデを選ぶママも多いでしょう。子どもは冬場でも公園遊びやお散歩など、外遊びをすることが多いので、お出かけする場所によって素材を使い分けするとよいかもしれませんね。

たとえば、公園などで外遊びをするときは、体をたくさん動かして汗をかくので綿素材のものがおすすめです。綿素材のものは、汗を吸収してくれるだけでなく洗濯もしやすいので、外遊びで汚れても洗濯が簡単にできますよ。アウターは、風をとおしにくいダウンがよいでしょう。

室内にお出かけするときは、コートにニットなどを着ても可愛いですよね。ウール素材は保温効果が高いので、アウターでウールのものを選ぶと寒い冬でも安心ですよ。

薄手の服の重ね着テクで体温調節も楽ちん

子どもは自分では体温調節するのが難しいので、パパやママが気温や子どもの様子を見ながら着る服を選ばないといけません。冬場でも日中と夕方では気温の差が大きいので「冬場の服選びが難しい」と感じるママも多いですよね。

冬場は、ニットやセーターなどの厚手のものを1枚着せてアウターを羽織るようなコーデを選んでいませんか?ニットやセーターをあわせたコーデはおしゃれで可愛いですが、ニットやセーターだと子どもが暑がっても脱ぐことができません。薄手の重ね着のほうが体温調節が楽にできますよ。

ロンTの上にカーディガンなどを着ている場合は、子どもが暑がったときにすぐにカーディガンを脱ぐことができますよね。重ね着をすれば、いろいろな組み合わせのコーデも楽しめますよ。

冬の寒さを乗り切るためのお助けアイテム

首元の防寒にネックウォーマーが安全で便利

冬場でも、12月の初め頃の気温と1月に入ってからの温度では、かなりの温度差がありますよね。気温が低いときでもアウターの下に重ね着をするコーデは重宝しますが、防寒アイテムを活用すると体を温めることができてよいでしょう。

寒い冬は首元を温めるとよいですよね。ママは首元を冷やさないように、マフラーを巻く方も多いのではないでしょうか。しかし、子どもの場合はマフラーを巻いていると、自転車や公園の遊具などに引っかかってしまう危険性があります。

ネックウォーマーだとマフラーのようにはずれる心配がないので、赤ちゃんの頃から活用することができますよ。子どもの安全を守りながら、首元を防寒できるネックウォーマーは寒い冬に大活躍しそうですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj