就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

キャッシュカードの再発行が必要?効率のよい手続きの仕方と予防策

キャッシュカードの再発行が必要?効率のよい手続きの仕方と予防策

普段からキャッシュカードを持ち歩いているママの中には、うっかり紛失した経験のある人もいますよね。また、注意して管理していたつもりでも、磁気不良などで使用できないことも…。今回の記事では、キャッシュカードの再発行が必要になる場合の原因と、忙しいママでもできる再発行方法についてご紹介します。

キャッシュカードの再発行が必要な場合とは

キャッシュカードの紛失や盗難

キャッシュカードの再発行が必要となるケースで、多いのがキャッシュカードの紛失・盗難。財布を落としたり、カバンを置き忘れてしまったりしたときに焦ってしまう気持ちは分かりますが、冷静に対処することが大切です。

キャッシュカードを紛失してしまった場合に怖いのが、拾った人に悪用されることです。暗証番号を看破されてしまったら、勝手にお金が引き出されてしまうかもしれません。そのため、紛失に気づいたらすぐに通帳の残高を確認し、金融機関に連絡してカードの利用を停止しお金を引き出せないようにしてください。

次に、誰かがキャッシュカードを届けてくれたときにすぐ分かるように、最寄りの警察署(交番)に遺失物の届出処理をしてもらっておくとよいですね。

キャッシュカードを破損したとき

「うっかりキャッシュカードを破損してしまった…」という経験のあるママもいますよね。真っ二つに折れるほどの破損であれば迷わず再発行の手続きをしますが、悩むのがヒビが入ったときや僅かな折れ曲がりです。

ヒビが入っただけ、少し曲がっただけだから使えると思うかもしれません。実際に使えることもありますが、いざカード差込口に入れてみたら取り出せなくなり困った人もいるので、破損したキャッシュカードは使わない方が安全です。

そのため、破損した場合はすぐに再発行の手続きに進んでください。しかし、キャッシュカードが手元に届くまでに時間を要することがあるため、再発行中に現金が必要なときは通帳・印鑑を持って営業時間内に銀行窓口に行くようにしましょう。

磁気やICチップの不具合で使えないとき

また、見た目には破損していなくても再発行が必要となることもあります。内部の不具合は破損とは違い、再発行の手続きをする前にいくつかできることがあるため、一度試してみましょう。

キャッシュカードは磁気やICチップにより情報を読み取っており、摩耗などにより汚れや跡が残ってしまうと、正確に情報が読み取れなくなります。カードに汚れが認められる場合は、柔らかい布で磁気テープやICチップを優しく拭き取ってください。

多いのが、キャッシュカードがスマホカバーやバッグのマグネットに触れたことで、磁気に不具合が生じる場合です。普段からキャッシュカードには磁力を帯びたものに近づけないように注意し、どうしてもATMで読み取れなければ再発行するようにしましょう。

忙しいパパやママに便利な再発行の仕方

ネットやアプリ、電話で手続きする

「キャッシュカードがなくなってしまったけど、窓口へ行く時間もないし、どうしよう…」と困ったときに活用したいのが、ネット・アプリでの再発行サービスです。

大手の銀行やネットバンキングでは、ネットでの再発行サービスだけでなく、再発行に特化したアプリもあります。アプリをダウンロードするのが手間だと思うかもしれませんが、カードの利用停止・再発行の手続きがたった数分で完了するので、時間がないときにはぴったりですよ。

ネット・アプリでの再発行に対応していなければ、電話での手続きをおすすめします。ただし、いずれも再発行したいキャッシュカードの口座残高が再発行手数料(多くの銀行で1,080円)に満たない場合は銀行窓口での手続きが必要となるため、注意してくださいね。

委任状で代理人が手続きする

紛失または破損したキャッシュカードの名義人が直接手続きができなくても、パパ・ママどちらかは時間が取れるのであれば、代理人として手続きをすることが可能です。ただし、本人が直接手続きをするよりも必要となる書類が増えるため、あらかじめ確認しておく必要があります。

代理人が再発行手続きする際は、必ずキャッシュカードの名義人に委任状を書いてもらわなければなりません。金融機関によって委任状の形式は異なるため、委任状を用意するところから始めましょう。

わざわざ委任状を取りに行かなくても、「金融機関名」「委任状」「フォーマット」とネットで検索すれば、あとは印刷して必要事項を記入するだけ。銀行窓口へ行くときは、代理人の本人確認書類も忘れないでくださいね。

即日発行してくれる店舗を利用

すぐに新しいキャッシュカードが必要な場合や、銀行窓口が開いている時間に名義人本人が手続きできる場合には、キャッシュカード即時発行サービスを利用すると便利ですよ。

注意して欲しいのは、本人確認書類として利用できるのが運転免許証・パスポートといった顔写真付き公的書類のみであることと、すべての店舗で即時発行サービスを実施しているわけではないことです。

また、カードのタイプによっても即時発行できないことがあります。クレジット一体型カードやキャラクターの描かれたカードのほか、普通預金以外のキャッシュカードは対応していないことが多いので、再発行したいキャッシュカードが即時発行できるかどうか、あらかじめ調べておくとよいでしょう。

キャッシュカード再発行の予防策

なくさないために持ち歩かない

キャッシュカードの紛失・盗難に対する一番の予防策は「そもそも持ち歩かないこと」です。使うときだけ財布に入れて持ち歩き、必要ないときは自宅で保管するようにすれば、外でなくしてしまう可能性がグンと下がります。

また、財布の中を整理することも、有効な対策になりますよ。ポイントカードや使用頻度の低いカードでパンパンの財布より、すっきりと整理された財布の方が中身を把握している分、紛失しづらい上に紛失してもすぐに気づけるため安全です。

複数の金融口座・キャッシュカードを所有している、キャッシュカードの使用頻度が高いという場合も、カードを厳選することを検討しましょう。複数のカードを持ち歩くのはリスクが高いので、普段使い用の1枚を決めてしまうとよいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC