就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

皿洗いを時短したい人必見!楽に後片付けを終わらせるコツ

皿洗いを時短したい人必見!楽に後片付けを終わらせるコツ

自宅でご飯を作って美味しく食べた後は、食器を片付けて皿洗いをしなければいけません。毎日育児に家事に大忙しのママにとっては、少しでも時短して楽に片づけを終わらせたいですよね。おすすめの皿洗いの時短方法ご紹介しますので、忙しいママはぜひ試してみてください。

調理器具は使ったら溜めずにすぐに洗おう

すぐ洗うことでスペース確保

調理器具や食器などは全部まとめて洗った方が、一気に洗い物ができるから楽だと考えているママも少なくありません。ご飯を作るときはご飯を作ることに集中した方が楽だと考えてもいるのでしょう。

でも、台所に使い終わった鍋やフライパンなどが溢れてしまい、これから使う食材やお皿の置き場をどうしようと悩んだりしていませんか。

実は、調理器具は溜めずにすぐに洗った方が楽だし時短にもなるのです。調理器具を使い終わったらすぐに洗ってしまうことで、台所に溜まっていた調理器具がなくなりますので、スペースを確保することができます。

広いスペースがあれば、気持ちよく別の料理を作ったり盛りつけをしたりできますので、その後の作業もしやすくなりますよ。

油汚れなどが落ちやすい

油を使ったフライパンを後で洗おうとそのままにしておくと、油が固まってしまいなかなか落とせなくなってしまいます。特に油が白く固まってしまった部分は、何回洗ってもなんとなくまだヌルヌルしているという経験をした方も多いはずです。

フライパンは使い終わった熱いいうちの方が油汚れは落ちやすいので、すぐに洗ってしまいましょう。油汚れがすぐに落ちるので油のヌルヌルもさっと洗い落とすことができますよ。すべてまとめておこなうよりも、途中で料理を作る手を止めてでも、先にフライパンを片づけた方が時短になるのです。

また、場所を取るフライパンが片づいて台所のスペースも確保できます。油を使った後はすぐに洗うような習慣をつけるようにしましょう。

食後は食器だけで気持ちが楽に

ご飯を食べ終わって、「さあ、片付けよう」と思ったとき、台所がフライパンや食器などでぐちゃぐちゃだと、片付けの大変さを想像して、嫌になってしまいますよね。ただでさえ面倒くさい皿洗いです。少しでも気軽に取りかかりたいものです。

ご飯作りをしながら隙間時間に調理器具を洗っておけば、食後は食べ終わった食器だけ。食器だけ洗えば、片付けが終わると思えると気持ちはぐっと楽になるはすです。気軽に皿洗いを始められますし、食器だけなら実際にそれほど時間もかかりません。

レンジでチンしている時間や煮込んでいる時間など、並行して片付けをする時間は作ることができます。少し料理の手を止めてでも食後のことを考えて、調理器具を洗っていく工夫をしてみましょう。

皿洗いの前に汚れを拭いて落とそう

汚れたお皿はすぐに拭いて汚れを落とす

食器を洗うときにキッチンペーパーをうまく使うと時短できることをご存知でしょうか。汚れたお皿はすぐにキッチンペーパーで拭いて汚れを落とすのが、時短テクニックになります。

汚れたお皿は食器を水につけておいたり、すぐにスポンジに洗剤をつけて洗い始めたりするのが一般的な洗い方です。しかし、水につけておいても油が固まってしまったり、こびりついてしまったりする汚れもあるものです。

すぐにスポンジに洗剤をつけて洗ってもスポンジが汚れてしまって、スポンジをゆすいで洗剤をつけなおして何度も洗うということにもなりかねません。

お皿の汚れをすぐにキッチンペーパーで拭き取ることができれば、スポンジで何度も洗う手間が省けるのです。

事前に拭くことで節約につながる

汚れたお皿を事前にキッチンペーパーで拭くことで、使い捨てのキッチンペーパーは消耗しますが、水、洗剤、スポンジなどは逆に節約することができます。また、キッチンペーパー以外にも新聞紙やもう使わないタオルなどを拭き取りやすい大きさに切って使えば、さらに節約になりますよ。

なかなか落ちない汚れた食器を何度も洗う手間が省けますので、使用する水の量が減ります。洗剤もつけなおす必要がなくなりますので洗剤の量を節約できます。

スポンジの消耗も減らすことができます。汚れた食器をそのままスポンジで洗うと、油や汚れをスポンジが吸収しすぐに使えなくなってしまいます。事前に汚れを拭きとるだけで、時短になるだけでなく節約にもなっているのです。

排水口の汚れも少なくなる

事前にキッチンペーパーでお皿の汚れを拭きとることは、排水口の汚れが少なくなるというメリットもあります。

すぐに食器をスポンジで洗っていくと、お皿についている油や残飯は排水口に溜まることになります。残飯や油などは排水口の汚れの原因となります。ヌメヌメとした排水口の残飯を片付けて、掃除をするのはあまりしたくないでよね。

キッチンペーパーでお皿の汚れを拭くときに、一緒に残飯を包み込んで捨ててしまえば残飯の処理が必要なくなります。

また、キッチンペーパーは油の吸収に優れていますので、排水口に流す油の量を絶対的に減らすことができます。油や残飯による排水口の汚れが少なくなり、排水口の掃除の手間が省けることで時短ができますね。

スポンジを交換して泡立ちをよくしよう

古いスポンジは泡立ちが悪い

ぺしゃんこにつぶれて泡立ちの悪いスポンジを使って食器を洗っていませんか?古いスポンジは油や汚れがスポンジの繊維を壊して、泡立ちが悪くなっています。

新しいスポンジは適量の洗剤でよく泡立つものです。洗剤の泡が汚れと油を分解し、食器をキレイにしていくので、泡立ちが悪いスポンジを使用していても、なかなか汚れを落とすことができないのです。

泡立ちが悪いのであれば、洗剤の量を増やせばよいという問題ではありません。洗剤の量を増やしても古くなった洗剤はあまり泡立たないので、洗剤の消耗量も多くなってしまいます。

まだ使えるのに新しいスポンジと交換するのはもったいないと思ってしまうかもしれませんが、泡立ちが悪くなってきたときが交換の目安です。

こまめにスポンジを交換しよう

古いスポンジを使い続けることは時間効率が悪くなり、洗剤の消耗量が増えるだけでなく、不衛生でもあります。古いスポンジは目には見えませんが、雑菌が繁殖している場合があるのです。

雑菌の繁殖したスポンジでは、食器を洗っているつもりでも汚れを落とし切ることができていない可能性があります。こまめにスポンジを交換することが時短になり、衛生的な環境を維持することにもつながるのです。

スポンジの交換時期は1か月前後を目安としましょう。もちろん泡立ちが悪くなってきたと感じたり、ぺしゃんこにつぶれてきたりしたときも早めに交換するようにしましょう。スポンジは食に関するものを洗うものなので、いつも衛生面に気を配りましょう。

安いスポンジは控えよう

100均やディスカウントショップでは、複数のスポンジが入って100円など安いスポンジが販売されています。どうせ消耗品だからといって、安いスポンジを使っているとすぐに使えなくなってしまう可能性があります。

「安物買いの銭失い」ということわざにあるように、スポンジの交換回数が増えて出費も増えてしまうということもありえます。逆に、よいスポンジを一度購入すれば、長く衛生的に使うことができます。スポンジを購入する回数が減ることは節約することにもつながるのです。

安いスポンジは控えて、少し割高でも汚れ落ちのよいスポンジを使った方が時短になりますし、長持ちすることになります。忙しいママは特によいスポンジを使うことをおすすめします。

まとめ

食器や調理器具を洗う量は変わりませんが、調理具をすぐに洗うように段取りを工夫するだけで、食器洗いへの気持ちが楽になったり、料理をしやすくなったりします。

キッチンペーパーやスポンジなどを工夫して使うと、食器だけでなくシンクや排水口といった台所全体の汚れを少なくすることができます。

皿洗いは大変で面倒くさい家事というイメージがあるかもしれませんが、時短テクニックを使うと大変だという気持ちが解消し、時間を短縮することができますよ。色々と工夫をしてみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018