就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

忙しいママに合うスキンケアは?食事や保湿、時短ケアで肌を守ろう

忙しいママに合うスキンケアは?食事や保湿、時短ケアで肌を守ろう

赤ちゃんのお世話や幼児の子育てで忙しく、「スキンケアがしっかり行えない!」というママもいます。肌あれやシミなどの肌トラブルに悩まされていることも多いですね。子育てに忙しいママ向けの効果的なスキンケア方法や、肌あれの予防改善におすすめの食事や栄養、効果が高く時短も可能な保湿方法などをまとめました。

産後の肌トラブルは早めに対処しよう

産後のママの肌トラブルの原因

出産後に肌あれやシミなどの肌トラブルを経験するママはたくさんいます。産後のママの肌トラブルは、急激なホルモンバランスの変化が大きな原因です。

産後ママの肌トラブルには、「エストロゲン」という女性ホルモンが関連しています。エストロゲンは、妊娠中は母乳の準備のために大量に分泌されているのですが、出産後には急激に減少していきます。

エストロゲンは別名「美肌ホルモン」とも呼ばれていて、肌の艶やハリを維持するコラーゲンを保つ作用があります。産後にエストロゲンが急激に減少することで、肌あれやシミ、そばかす、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなるのです。

産後には免疫力も下がるので、紫外線や乾燥などの外的要因からのダメージも受けやすくなります。

忙しくても肌トラブルは放置しないで!

産後のママの肌は、ホルモンの急激な変化と免疫力の低下によって「ダメージを受けやすい上に回復しにくい」という状態になっています。

赤ちゃんや幼児の育児中は「スキンケアに時間をかけられない!」という毎日が続きますよね。とにかく育児が忙しい時期には、ゆっくりスキンケアができているママはほとんどいません。

すると、その結果として肌が乾燥してしまい、さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまうのも事実です。肌が乾燥することで肌のハリの低下はもちろん、シワやくすみの発生など「老け顔」になってしまう原因が作り出されてしまうのです。

起こってしまった肌トラブルを改善するのは「保湿」です。育児の合間に「ながらスキンケア」をするなど工夫をして保湿を心がけましょう。

食事やサプリで肌に栄養を補おう

どんなに工夫をしても、産前の頃のようにスキンケアをするのが難しい、頑張っても肌状態が改善しないということもあるでしょう。

肌荒れ防止にはスキンケアだけでなく、食事やサプリメントで栄養を補うことも必要です。健康面への効果はもちろん肌質改善の効果も出やすくなりますよ。

食事は女性ホルモンに似た成分が含まれた物を積極的に摂り入れていきましょう。例えば、大豆製品はエストロゲンに似た成分の大豆イソフラボンが豊富に含まれていますし、アボカド、ナッツ類も女性ホルモンを促進させる効果があります。

肌荒れ改善やコラーゲンを生成するビタミンA、肌を作る成分になるビタミンB、肌荒れ防止や活性酸素を分解する効果のあるビタミンCなどをサプリメントで摂取するのもよいですね。

忙しいママにぴったりのスキンケアの方法

時間がなくても洗顔だけはしっかりしよう

育児に忙しいママ向けのスキンケア方法や、大切なポイントなどをご紹介していきますね。

スキンケアの基本ともいえるのが「洗顔」です。1日の肌汚れやメイクを落とし、化粧水などのスキンケアの効果を上げるためにも、丁寧に洗顔をすることが大切です。

泡洗顔をしているママは、泡自体に弾力が感じられる程度まで泡立てましょう。それから優しく丁寧に洗顔をします。力を入れてゴシゴシと擦るのはNGです。よく泡立てた泡で顔をマッサージするように、円を描きながらがコツです(ジェルやクリーム洗顔も同様にします)。泡がクッションの役割をしてくれるので、肌への摩擦を軽減しつつ肌の汚れを取り除いてくれますよ。

洗顔後はタオルで抑えるように、優しく顔の水分を拭き取りましょう。

やっぱり保湿が最優先事項

丁寧に洗顔をした後には、しっかりと保湿をしましょう。洗顔後は間髪入れずに保湿をすることが重要になります。

お風呂で洗顔を済ませるママも多いですよね。お風呂上がりはすぐに顔や体の水分が蒸発が始まるので、3分以内の保湿が好ましいといわれています。

でも、お風呂上がりは子どもの体を拭いて着替えをさせて…と子ども優先になるので、ママのスキンケアをすぐにするのは難しいですよね。すぐに一連のスキンケアができない場合でも、導入液だけ塗っておくと肌の水分の蒸発を防ぐことができますよ。ビタミンC入りのオイル、ホホバオイルなども乾燥を防ぎ、後のスキンケアの浸透力を高めてくれますよ。

洗面所にオイルや導入液をあらかじめ用意して、「できるだけ早い保湿」を心がけましょう。

何もしない「肌断食」という選択もある

スキンケアの時間が充分に取れない時期だからこそ、「肌断食をする」という手段もあります。

肌断食は、一定期間スキンケアや洗顔を控えて肌を休ませる方法です。肌本来の働きが回復し、肌荒れが改善する効果がありますよ。

人によって肌質が違うので肌断食に向いていない人もいますが、5日~1週間ほど肌断食をすると肌の状態が落ち着くので、自分に向いているかどうかも判断できます。

肌断食中は洗顔は無しか、ぬるま湯洗顔のみにします。スキンケアはどうしてものときにだけ、ワセリンやグリセリンを使用しましょう。メイクが必要な日は、ぬるま湯や石鹸でオフが可能なミネラル系のコスメを使用します。

スキンケアができない時期こそ、肌断食で肌本来の保湿機能を回復するのもよいですね。

おすすめのスキンケアとメイクアップ用品

やっぱりダントツ!オールインワン化粧品

家事と育児でスキンケアに時間を割けないママには、「手早くしっかりスキンケア」が理想的ですよね。理想的な時短スキンケアは、オールインワン化粧品であれば実現可能ですよ。

オールインワン化粧品は、化粧水・乳液・クリームなどのスキンケア機能を兼ね備えているので、1アイテムで3~5アイテムの工程をカバーしてくれるのです。スキンケア時間がとれないママにピッタリのアイテムといえますね。

オールインワン化粧品には、化粧水・乳液・化粧下地・日焼け止めの成分が入っている朝用タイプと、化粧水・乳液・美容液などの保湿成分や美白成分をギュッと詰め込んだ夜用タイプ、もしくは朝夜兼用という3タイプがあります。

あなたの肌に合うタイプや、使い勝手のよいタイプを探してみましょう。

肌に優しいBBクリームを選ぼう

スキンケア時間と同じく、「メイクにも時間をかけられない」とお悩みのママも多いと思います。時間はないけれどメイクは必要、というママにはBBクリームがおすすめです。

BBクリームは下地・コンシーラー・ファンデーションの3役を担ってくれるので、1アイテムでベースメイクを完成させることができます。たださまざまな成分が入っているため、しっかりとしたクレンジングが必要なのも特徴です。

BBクリームは、クレンジング不要や保湿成分配合などの記載がある「肌に優しいタイプ」を選び、肌への負担を軽減してあげましょう。

最近では、ラロッシュポゼのBBクリームが人気です。クレンジング不要&整肌成分配合で肌に優しく、敏感肌でも安心と口コミが広がり、ママの愛用者も多いですよ。

クレンジング不要のプチプラコスメ

クレンジング不要のコスメを使えば、クレンジングによる肌負担も抑えられ、スキンケア時間も短縮できます。

子育て中は子どもにお金がかかるので、コスメも低価格だと嬉しいですよね。プチプラコスメの中でもクレンジング不要の人気商品がありますよ。

セザンヌのBBクリームは内容量9g・580円(税抜)という低価格で、自然な艶感、薄づきなのにカバー力があると人気です。クレンジング不要なので肌への負担も最小限に抑えられます。

パウダーメイク派には、キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーが人気です。10g・940円(税抜)と低価格ですが、ベタつきやテカリを抑え、毛穴もしっかりカバーしてくれますよ。

クレンジング不要のプチプラコスメも、ぜひ試してみましょう。

まとめ

自分は後回しのママの毎日、スキンケアくらいはしっかり行いたいのがママの本音ですが、やはり子育て中は自分のことに時間を割くのは難しいですよね。

時間がないなかでも時短アイテムを上手に活用することで、今までよりも効果の高いスキンケアを実現することもできます。「スキンケアやメイクは肌に優しい時短アイテムを選んで、基本の洗顔だけはしっかりと」など、生活スタイルに合ったスキンケアを実践して、肌の回復や維持をしていきましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR