就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳の女の子は何して遊ぶ?学びながら遊べることやおもちゃをご紹介

1歳の女の子は何して遊ぶ?学びながら遊べることやおもちゃをご紹介

子どもが1歳になり、ハイハイから歩けるようにもなって、日に日にできることが少しずつ増えてきますよね。その時期に、どのように遊べばよいのか悩むママは多いです。今回は、女の子はどんな遊びをすると喜ぶのか、オススメの習い事やおもちゃなどをご紹介します。

室内?屋外?どんな遊びがある?  

室内遊びは工夫次第で無限の可能性   

雨の日は外にも行けず、退屈してしまう子も多いですよね。児童館や支援センターに行くのもよいですが、お家の中でも工夫次第で楽しく室内遊びができます。

室内遊びの中でもおもちゃを買わずにできる遊びが、紙を使う遊びです。紙をビリビリ破ったり丸めてボールのように投げたりと、自由自在に遊べるので飽きずに遊べておすすめです。紙を小さく破ることで、手先が器用に使えるようになり、紙を破る感触や音が子どもの五感を刺激してくれます。

また、絵本を一緒に読んで絵本の中に猫がでてきたら、「猫だね。かわいいね」と話しながら読み進めていくと、遊びながら言葉を覚えることができます。女の子はお話をすることが好きな子が多いので、ママと一緒に楽しめますね。

屋外では五感をフルに活動させよう   

屋外遊びは刺激がいっぱいで、子どもにとって新しい発見がたくさんあり、五感をフル回転させることができます。屋外では、犬や猫などの動物を見かけることがあり「ワンワン」と言葉を覚えるきっかけにもなりますよ。

公園に行き、遊具で遊ぶ以外にも、石や草木に触ったり砂を掴んでみたりすることで、多くの刺激を受けることができます。また、外でピクニックをするのも、景色を見ながらご飯を食べられるので、子どもだけではなくママも楽しめますよね。

友人さんに聞いてみると、子どもが1歳を過ぎて歩けるようになってから、毎日公園に遊びに行くそうです。公園に行くようになってから、夜寝たら朝までぐっすり眠るようになったので、外遊びは大切なんだと気づいたそうですよ。

パパママの真似っ子遊びもオススメ

女の子は、パパやママの真似っ子をするのが好きな子が多いですよね。1歳頃の子どもは好奇心旺盛な時期なので、真似っ子遊びをするのも、パパやママと一緒に楽しめるのでよいですよ。

たとえば、絵本の中に果物が出てきたら「一緒に食べよう」と言って、パクパク食べる真似をします。最初は真似をしないこともありますが、気にしなくて大丈夫です。ずっと続けていると、自然と真似をするようになることがありますよ。

また、普段の生活の中でも、真似っ子遊びできる場面がたくさんあります。着替えのときに「靴下はこう履くんだよ」と、パパやママが着替えている所を見せると、好奇心が刺激されて、真似して靴下を履こうとすることもあり、真似っ子遊びをしながら学ぶこともできますよ。

遊びながらも学ぶ事ってたくさんある  

リトミックで集中力アップ   

リトミックは、音楽を使いながら学べる教育法のひとつです。楽器や音楽、歌や声などの様々な音に合わせて、体を動かしていくことで、リズム感や集中力を高めることができます。また、体の成長を促すことが期待できる遊びです。

友人に聞いてみると、地域の子育てサークルの中でも、リトミックの教室は比較的多いそうです。料金は1回につき500円~2,000円位と教室によって違い、お手ごろ価格で楽しめる教室もあると話してくれました。小さな子どもでもパパやママと一緒に楽しめるので、0歳から始める子もいるそうですよ。

様々な音を聞いて体を動かすことで、音楽の楽しさや体を動かす楽しさなどを一緒に学べてよいですよね。お家でも簡単に遊べるのでおすすめですよ。

バレエで美しい姿勢を身につけよう   

バレエは、女の子の習い事の中でも人気ですよね。バレエは体の軸を正しく保つことを大切にするので、美しい姿勢が身に付いたり、バランス感覚を保つこともできるようになります。また、小さい頃から始めたほうが、柔軟性も簡単に身に付くので、小さな頃から始める子が多いそうですよ。

運動能力を高められるだけではなく、リズム感や感性を育てることもできるといわれています。バレエを習っていると、学校で習う音楽やダンスなどにも楽しく取り組めるかもしれませんね。

バレエは複数人でレッスンをするのが基本なので、協調性を身につけることもできます。練習が嫌になったときに、他の子が頑張っている姿を見ると、一緒に頑張ろうという気持ちになるかもしれません。

絵画教室で表現力を伸ばそう

子どもにとって絵を描くことは、自分の感情などを自由に表現できる遊びでもあります。何かを真似して描こうとすると、観察力が育ち絵を描いている時間は集中力も高まります。

「1歳の子どもには、絵画教室なんてまだ早いんじゃないか?」と感じる方もいると思いますが、地域によって様々な教室があります。対象年齢も教室によって違うので、インターネットなどで調べてみると、気になる教室が見つかるかもしれません。

友人は、1歳から習える絵画教室に通っているそうです。習い始めた頃はクレヨンを口に入れてしまうことが多く、紙に描かないので大変だったそうです。しかし、ずっと通っていると少しずつ紙に描くようになり、今ではお家でもお絵かきして遊ぶのが大好きになったそうですよ。

1歳の女の子にオススメのおもちゃ

人気はおままごと用キッチン

女の子は、ママがしていることを真似するのが大好きな子が多いですよね。女の子のおもちゃの中でも、おままごと用のキッチンは根強い人気があります。

最近のおままごと用キッチンは様々な種類が売られています。コンロやシンク、中には魚を焼くグリルがついているものまであり、とても本格的です。お鍋やフライパンなどの調理器具や、野菜やお肉などもセットで売られているので、真似っ子大好きな女の子にプレゼントすると、喜ぶこと間違いなしのおもちゃといえます。

デザインも様々で、木でできているものから、音が鳴るような仕掛けが付いているものまで色々あります。1度買うと幼稚園の頃まで長く遊べるおもちゃなので、女の子がいる家庭にはおすすめですよ。


  

手や足を使ったおもちゃ   

1歳の子どもは体を使って遊ぶのも大好きですよね。積み木やパズルは、考えながら楽しく遊べるおもちゃなので、1歳からでも色々な遊び方ができてよいですよ。

積み木は、積んで遊ぶだけではなく音をカチカチ鳴らして遊んだり、色々な形の積み木を並べてみたりと、自由に遊ぶことができるので、子どもの想像力も広がります。パズルは、口に入らない位の大きめのものを選ぶと安心ですね。丸や三角などの形をしたものや、動物の形をしたものもあるので、おもちゃを選ぶのも楽しいですね。

よちよち歩きの頃から使える手押し車も、お家の中で使えるのでおすすめです。歩く練習にもなりますし、仕掛けが付いているものが最近では多いので、おもちゃとして使うこともできます。


体を使ったり音の鳴るおもちゃ

体を使って遊べる、滑り台などのおもちゃも飽きずに遊べておすすめです。雨の日などの外で遊べない日に、お家に滑り台があれば、全身を使って遊ぶこともできます。滑り台のほかにも、ブランコやジャングルジムなども売られているので、お家の中でも子どもと楽しく遊べますよ。

また、女の子は音楽が好きな子も多いですよね。マラカスやカスタネットなどを、音楽に合わせてママと一緒に鳴らして遊ぶのも楽しめます。おもちゃのピアノを自由に弾くのもいいですね。お店には紐を引っ張ったり、ボタンを押すと音楽が流れるおもちゃもたくさん売られています。音楽に合わせて手を叩いたり、リズムに乗ったりと、ママの用事している少しの時間に、1人遊びしてくれてよいかもしれませんね。


まとめ

室内や外遊びするときも「1歳の子には早いかな?」とママが感じて制限するのではなく、できるだけ子どもの興味をもったことはやらせてあげることが大切です。おもちゃを使って遊ぶときも、1人で遊ばせるのではなく、パパやママと一緒に遊ぶようにすると、子どもは喜んでくれますよ。

外遊びするときは、砂や葉っぱなどの自然とふれあうことが、子どもの感性を磨いたり好奇心を育てたりするのに大切なので、できるだけ自由に遊ばせてあげて、ママも一緒に楽しみましょう。


関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018