就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの冬服ってどうしたらよいの?部屋着や肌着のポイントとは

赤ちゃんの冬服ってどうしたらよいの?部屋着や肌着のポイントとは

寒い冬の季節を赤ちゃんが快適に過ごすためには、どのような冬服を着るとよいのか迷いますよね。赤ちゃんの冬服は肌着や部屋着、アウターなど種類が豊富です。赤ちゃんに冬服を着せるときのポイントや注意点を知って、赤ちゃんが寒い冬を元気に過ごすことができるようにサポートしましょう。

赤ちゃんの冬服の種類と必要なもの

冬素材の長袖をそろえよう

寒い冬は、赤ちゃんが寒すぎないかと心配するママは多いでしょう。赤ちゃんの冬服の種類や必要なもの、便利アイテムをご紹介します。

まずは、冬素材の長袖をそろえましょう。肌着と部屋着のどちらも用意しておくと安心ですよ。

赤ちゃんの肌に直接触れる肌着は、肌触りがよく、デリケートな赤ちゃんの肌にも優しいコットン100%がよいでしょう。その中でも、冬に最適な素材のニットガーゼやキルト、接結天竺、スムースなどは保温性に優れているので、赤ちゃんは暖かく過ごすことができます。

また、肌着の上に着る冬服も、保温性が高い素材が使われている場合があります。そのような冬服の場合、肌着は年中通して着心地がよいフライス素材にするなど、ママが調節しましょう。

羽織るもので体温調節を

赤ちゃんは、2歳頃になるまでは自分で体温を調節できません。ママが赤ちゃんの様子を見て、衣類などで調節をしましょう。

屋内と屋外で温度差がある冬の季節は、赤ちゃんの体温調節は難しいですよね。羽織るものがあれば、赤ちゃんの体温を調節しやすいですよ。

カーディガンは1年通して、赤ちゃんの体温調節に役立ちます。冬の季節だと、フリースやニット素材などがよいでしょう。

冬服の上に羽織ることを考えて少し大きめでもよいですよ。伸縮性や肌触りがよいものを選ぶと赤ちゃんも快適ですね。

また、ベストも体温を調節しやすいアイテムです。袖がないぶん、赤ちゃんが動きやすかったり、状況に応じて、ママが細かな体温調節をしやすかったりしますよ。

寝るときの便利なアイテム

赤ちゃんが寝るとき、掛け布団を掛けたのにしばらくしたら、赤ちゃんが何も掛けずに寝ていたというママの話をよく聞きます。ねんね期でも足の力が強い赤ちゃんは、掛け布団を蹴ったり、寝返りを始めた赤ちゃんは、寝返りのたびに掛け布団がずれていったりするそうですよ。

赤ちゃんが寒いのではないかと心配ですね。赤ちゃんが寝るときの便利なアイテムに「スリーパー」がありますよ。

スリーパーは、足先まで長さがあるベストのような形をしていて、厚手のガーゼを重ねていたり、フリースや中綿入りだったり、種類が豊富です。着る毛布ともいわれるように、寝ているときの赤ちゃんを暖かく包んでくれますよ。

また、成長してからはベストとして使うことができますよ。

赤ちゃんは汗かき!部屋着のポイント

部屋着は何を着せたらよいの?

冬は外気の寒さから、赤ちゃんを心配してつい着せすぎてしまうママが多いようですよ。どのような部屋着を着せると赤ちゃんは快適なのでしょうか。

一般的に、赤ちゃんに衣類を着せる場合は、大人の着る衣類の枚数を基準に考えます。生後1カ月までは大人の枚数より1枚多め、生後3カ月までは大人と同じ枚数、生後3カ月以降は大人と同じ枚数か1枚少なめを目安にするとよいそうですよ。

また、月齢によっても着る部屋着の種類は変わります。新生児から生後6カ月くらいまでは、短肌着、長肌着かコンビ肌着、長袖カバーオールを目安にしましょう。

生後6カ月以降になると動きも活発になるので、長袖ボディスーツ、長袖トップス、ズボンなど動きやすい服装がよいですよ。

汗をかいたら肌着はこまめに変えよう

大人と比べて赤ちゃんは汗をかきやすいです。肌着は赤ちゃんがかいた汗を吸収してくれるので、季節を問わずに着用しましょう。

汗をかいた肌着のままだと、汗が乾いて風邪をひいてしまったり、汗疹の原因になったりするので、肌着をこまめに変えましょう。前開きのタイプなど、着脱をしやすいものを選びましょう。

特に赤ちゃんは、寝汗をよくかきます。布団と接している背中に汗をかきやすいので、赤ちゃんの背中に手を入れてみて、汗で湿っているなと感じた場合は肌着を変えましょう。

また、汗取りパッドやガーゼハンカチを首元から背中にあてておく方法もあります。汗をかいたら、汗取りパッドを取り換えるだけなので、衣類の着脱などの手間もかかりませんよ。

部屋の中なら靴下ははかなくても大丈夫

大人が冬に室内で過ごすときは、靴下などをはいて足を温めるケースが多いですよね。しかし、大人より体温が高く汗をかきやすい赤ちゃんの場合、基本的に室内で過ごすとき、靴下ははかなくても大丈夫ですよ。

赤ちゃんは足の裏にも汗をかきやすいので、靴下をはいている時間が長く続くと、熱がこもって体温が上がったり、脱水症状が起こったりして、赤ちゃんに負担がかかる場合があります。足の裏を温める靴下よりも、足首から膝、太ももあたりを暖かく保つレッグウォーマーなどをはくと、赤ちゃんが裸足であっても体は冷えにくいですよ。

また、裸足でいると物を蹴った感触や、床の感触などをじかに足の裏で感じるので、五感の発達によいともいわれていますよ。

おすすめの冬服の着せ方と注意点

冬の部屋着は室温をみて調節しよう

冬の部屋着となると、赤ちゃんと大人では感覚が違ったり、赤ちゃんはまだ暑い、寒いを話せなかったりするので、どのようにすればよいのか不安なママがいるでしょう。冬の部屋着は室温をみて調節しましょう。

赤ちゃんが快適に過ごすことができる気温の目安は23℃前後といわれています。室温が23℃前後の場合の部屋着は、肌着にトップスとボトムス、もしくは、肌着にカバーオールが基本スタイルですよ。

また、お住まいの地域や生活環境にもよりますが、暖房をつける目安は室温が16℃を下回ったときだそうです。室温が16~23℃の間は基本スタイルにベストを着るとよいでしょう。

さらに気温が下がったら、暖房をつけたり、カーディガンを着たりして調節しましょう。

外出着は行き先を想定しながら考えよう

冬の外出は赤ちゃんを寒さから守ろうとして厚着になりがちです。外出着は行き先を考えながら選ぶようにしましょう。

例えば、外出先が商業施設の場合は、館内に入ると寒さを気にせずに過ごすことができますね。しかし、館内はしっかりと暖房がきいていることが多く、外気の寒さに合わせて厚着をしていると、赤ちゃんは暑くて体温が上がってしまったり、汗をたくさんかいてしまったりするかもしれません。

館内で体温を調節しやすいように、カーディガンやベストなどの着脱が簡単な服を選ぶとよいですよ。赤ちゃんの様子を見て、ママが調節しましょう。

また、公園などの屋外へのお出かけはしっかりと防寒しましょう。アウターのほか、ニット帽や靴下で寒さを防ぐとよいですよ。

着せすぎ注意!重ね着で調節を

赤ちゃんの寒さ対策を考えて、保温性が高い服を何枚もそろえようと考えているママはいませんか。赤ちゃんは体温が高く、汗をかきやすいので、着せすぎに注意しましょう。

また赤ちゃんは、1歳頃までは自分で体温の調節をすることが難しいのでママのサポートが必要です。室内で過ごす時間が長い場合は、保温性が高い服より薄手の服を重ね着する方が赤ちゃんの体温を調節しやすいですよ。

ベビーカーや抱っこ紐で外出する際、寒いからといって厚手のアウターを着ている赤ちゃんに、毛布などの防寒具をプラスするとアウターを2枚着ているような状態で、暑いと感じるかもしれません。

心配する気持ちはわかりますが、着せすぎることで赤ちゃんの負担にならないようにしましょう。

まとめ

冬の季節は、赤ちゃんが寒いと感じていないか、寒くて風邪をひかないかという心配がつきものですね。そう考えると室内でも、暖かい冬服を選んで着せすぎてしまうことがあるでしょう。

しかし、大人よりも体温が高い赤ちゃんは、着せすぎることで体温が上がったり、汗をかいたりして体に負担がかかる場合があります。室内の適温である23℃を目安に、着る服で体温を調節しましょう。

また、保温性が高い服も多く販売されています。肌着や部屋着とうまく組み合わせて、赤ちゃんが快適に過ごすことができるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR