就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳は遊びでルールを楽しく学ぶ!おすすめのルール遊びと対応方法

4歳は遊びでルールを楽しく学ぶ!おすすめのルール遊びと対応方法

4歳になると言葉も増え、手先が器用になってくることで、自分でできることが増えてきます。乳児期には自分の遊びたいことを自由にしていた子どもたちも、お友だちとの遊びの楽しさに気づく頃です。ルールを守って遊ぶことで心と体がさらに成長し、お友だちとも仲よく遊べるようになりますので、いくつかおすすめの遊びをご紹介します。

4歳になるとできるようになること

基本的な生活習慣が身に付く

基本的な生活習慣が身についてくるのが4歳頃からといわれています。自分で着替え、きちんとたたむことができたり、遊び終わったおもちゃなどの片づけをしたり、自分でトイレへ行き始末まで1人でできる子が増えてきます。

また、指先が器用になり用具を使えるようになってきます。そのため、お箸を上手に使えるようになったり、歯ブラシを器用に動かせるようになったりと自分でできることが増えるのです。ハサミやのり、セロテープなども上手に使えるようになるので、思い通りの作品を作ったり、粘土で様々な形を作ったりすることができるようになるのもこの頃です。

まだ個人差が大きい時期でもありますので、全員ができるわけではなく、ママのお手伝いが必要な場合もまだまだ多いでしょう。

記憶力や想像力、言葉の発達が目立つ

4歳児は、記憶力がよくなってくる年齢でもあります。そのため、過去についての会話ができるようになり、未来も理解できるようになります。例えば、「遊んだ」「遊んでいる」「遊びたい」のように言葉を使い分けることができるのです。

ほかにも、歌の歌詞を覚えたり絵本やテレビの内容を覚えたりと、記憶力の発達が目立ちます。想像力も豊かになってきますので、自分でストーリーを考えられるようになります。

4歳になると言葉の発達もめざましく、大人びた言葉使いにパパやママも驚くことが増えることでしょう。いったいどこで覚えてきたのかと疑問に思うほどです。まだ言葉の意味を理解しているわけではないので、おかしな表現になることもありますが、かわいい時期を楽しんでくださいね。

お友達と関わることを楽しむようになる

幼稚園や保育園などに通っていると、自然といつも一緒に遊ぶ子が決まってくるそうです。中には、あまり遊ばない子やよくケンカをする子などいますが、クラス内で人間関係ができてくるのです。

仲のよいお友達ができると、今までママやパパとしていた遊びとは違う、子ども同士でしかできない遊びに夢中になります。また、子ども同士で遊ぶことが多くなるとケンカが増えてくるかもしれません。

しかし3歳児のときのように、思い通りにならずに泣いてしまったり、お友達を叩いてしまったりということは、減ってきます。お互いにお話をして解決できるようになってくるのです。自分の思っていることや、こうしたいという考えを相手に伝えることができるようになるからです。

ルール遊びで楽しくルールを学ぶ

屋外でおすすめのルール遊び

からだと心の発達が目覚ましい4歳児は、日々の遊びにも成長に大きな影響があるそうです。からだと心を鍛えながら楽しく遊ぶにはどのような遊びがよいのでしょうか。

ただ走るだけでも楽しそうですが、鬼ごっこやだるまさんがころんだのように、ルールのある遊びができるようになってきます。少し慣れてきたら、色鬼やこおり鬼などさらにルールを追加してみるのもよいですね。

また、競争心が芽生え始める時期でもありますので、リレー方式での遊びはおすすめです。チームごとに連帯感が生まれ、友達を応援する気持ちやチームのために頑張る気持ちなど様々な感情を味わえます。ケンケンやスキップでリレーするなど、こちらもルールを加えてあげるとさらに盛り上がりますよ。

室内でおすすめのルール遊び

雨の日や風邪気味で外遊びができないときにも、おすすめの室内遊びがあります。記憶ができるようになってくるため、トランプで神経衰弱ができるようになります。記憶をしてルールも理解しなければならないので、知力が刺激されるそうですよ。はじめは10枚くらいの少ない枚数から始めてみてくださいね。

言葉が増えてきたら、連想ゲームはいかがでしょうか。準備するものがないので手軽にできますね。手拍子でリズムをつけ、リズムに乗れなかったら負けなど徐々にルールを追加してもよいと思います。とても頭を使う遊びで、言葉が増え、想像力が身に付くそうです。

普段は口でいうしりとりを絵で行う、お絵描きしりとりもおすすめです。4歳児にとっては、頭をフル回転で楽しめる遊びなのですよ。

アウトドアでできる遊び

4歳児はレジャーなどでアウトドアを楽しむ場合でも、遊びの幅がどんどん広がります。お水に顔をつけることができれば、海でシュノーケリングを楽しめます。地域によってはシュノーケリングツアーを実施しており、4歳から講習を受けることができますよ。海の生き物に触れることもできますし、親子で楽しめそうですよね。

体力もついてきて、お昼寝なしでも大丈夫な子も増えてきますので、ハイキングも楽しめるようになってきます。子どもたちは、山道を歩き回るだけでも楽しいですし、自然を大切にするというルールを教えるよい機会です。生きている木や枝を折らない、葉や花をむしらないなどハイキングならではのルールを教えてあげてはいかがでしょうか。

親が気をつけてみてあげるとよいこと

子どもの話はきちんと聞こう

この時期は、自分の感情がうまくコントロールできないことが多いそうです。反抗的な態度をとるようになったり、口答えをするようになったりするかもしれませんが、これは成長の証です。思わず叱ってしまうこともあるかもしれませんが、ゆったりとした気持ちで子どもの話を聞いてあげてくださいね。

「今日は幼稚園どうだったの?」と、一方的に質問だけするのは会話ではないそうです。「どう思う?」と子どもの意見をきいてみたり、「ママはこんなことがあったよ」と話してみたりしてくださいね。

保育園や幼稚園などで、もしも嫌なことがあった場合にも、自分からいえない子も少なくはないようです。日々、会話を大切にしていると異変に気付くこともできますし、子どもが相談しやすい環境になりますよ。

子ども同士のケンカは場合によっては見守る

子ども同士で遊んでいるときは、おもちゃの取り合いや、順番が待てないなど、ケンカの原因が様々でママたちの心配は尽きませんよね。ケンカしている自分の子どもを見ると、怒ったり無理やりやめさせたりしてしまうことがあるかと思います。

ケンカというものは、実は大切なことを学べるよい機会なのです。たたかれると痛かったり、嫌なことをいわれると悲しかったりと、相手の気持ちが分かるようになります。また順番争いや取り合いなどでは、どうすればケンカにならないのか、自分たちで考えるようになります。人間関係の築き方などを学ぶチャンスでもあるのです。

まだ上手に解決できない場合も多いので、どうしても解決できないようならば、平等にお話をきいてみるようにしてみてくださいね。

人を傷つけることに対してはすぐに対応する

ケンカからは多くのことを学ぶことができますが、パパやママたちがしっかりとルールを教える必要があります。それは、どんなにカッとなってしまっても手を出してはいけないということです。頭や顔面、おなかや股間など、人の体には弱くできている箇所がたくさんあるのです。

4歳児同士のケンカで、おなかにキックをされ大けがをしたということもありました。小学校低学年同士では、死亡事件になってしまったこともあります。ケンカをしているときには、お互いがカッとなってしまっているので忘れがちですが、人を傷つけてはいけませんね。

ルールを教えるときには、「叩いたらダメ」「蹴ったらダメ」だけではなく、なぜダメなのか理由も教えてあげるようにしましょう。

まとめ

子どもたちの成長はとてもうれしいものですが、成長するにつれ心配事も増えてきますね。4歳児にとってもこの時期、実は不安や葛藤が多いのだそうです。

自分の感情をコントロールできないときもあります。できることがぐんぐんと増えてくるので、お兄ちゃんお姉ちゃんになったように感じますが、はじめてのことやうまくいかないこともたくさんあります。

1人でできるようになることも大切ですが、必要なときには手を差し伸べてあげてほしいと思います。そして、甘えたいときにはたくさん甘えさせてあげてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018