就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夏生まれの新生児のお世話。準備したい物や夏ならではのお世話のコツ

夏生まれの新生児のお世話。準備したい物や夏ならではのお世話のコツ

外出するには少し大変な夏生まれの赤ちゃん。「新生児期を過ぎたら外気浴がすすめられているけど、暑い時期はどうしたらいいの?」「暑い時期の洋服選びは?」「お肌トラブルが起きた場合は?」など、新米ママは悩んでしまうこともあるでしょう。ここでは、夏生まれの赤ちゃんのお世話のコツについて紹介します。

夏生まれの赤ちゃんに着せる快適な洋服選び

真夏でも肌着は着せるのが基本!

肌着には汗を吸収して肌トラブルを防ぐ役割があります。直接洋服を着せた状態で汗をかくと、汗を吸った洋服が湿ってしまい風邪をひく原因となってしまいます。肌着は吸収性がよい綿100%のものを選ぶようにしましょう。

また赤ちゃんは肌が弱いため、少しの刺激でも肌トラブルを起こしやすいものです。肌着を着ることで汗を吸収し、肌を清潔に保てます。あせもやとびひにならないように、真夏であっても肌着を着せるようにしましょう。

赤ちゃんの夏服の基本のスタイルは「肌着のみ」です。月齢に合わせてコンビ肌着や短肌着を選びましょう。室内でエアコンを使用する場合は「短肌着+コンビ肌着orツーウェイオール」でも構いません。状況に合わせて上手に使い分けてくださいね。

冷房が強いときはツーウェイオール

新生児期の赤ちゃんは体温調節機能が整っておらず、少しの環境の変化でも体調を崩しやすいです。冷房の効いた室内で薄着でいると、風邪をひきやすくなります。このようなときは肌着の上にツーウェイオールを重ねましょう。

ツーウェイオールとは、肌着の上に着る洋服のことで股下にスナップボタンがついています。新生児期はドレスオールとして、足が動き始めたらズボン型のカバーオールとして使用できます。2種類の着せ方ができるため、ツーウェイオールというのです。

ツーウェイオールには長袖や半袖、袖なしのものがありますが、室内の温度に合わせてアイテムを選ぶとよいですね。赤ちゃんが快適に過ごせる服装を心がけて、冷房対策をしっかり行うようにしましょう。

最初は難しい新生児の服の着せ方

新米ママにとって赤ちゃんの服装選びは難しいものですよね。基本のスタイルの「短肌着+コンビ肌着または長肌着」「コンビ肌着1枚」を心がけてください。

洋服の着せ方について説明します。まず洋服の前部分を布団やマットの上に広げます。このとき重ね着をする場合はあらかじめ肌着の袖を洋服の袖に通しておくと着せやすいですよ。その上に赤ちゃんをのせて、袖に腕を優しく通します。最後に服についている紐やスナップボタンをとめて完成です。

赤ちゃんの着替えでの注意点は、袖を通すときに無理やり腕や足を引っ張らないことです。赤ちゃんの体は弱いので、優しく扱いましょう。また夏は汗をかきやすい時期です。汗をかいたらこまめに肌着を取り換えてくださいね。

服の素材も選ぼう。夏に快適な三つの素材

吸水性や通気性が優れる「ガーゼ素材」

繊維を甘く撚った糸を平織りにより織ったガーゼは、通気性と吸水性に優れた素材です。水にさらすことで柔らかくなり、デリケートな赤ちゃんの肌にもやさしい素材といえるでしょう。通気性があるため夏も涼しく過ごせますね。

ガーゼは薄い生地で、重ねることで重さや質感を変えることができます。ダブルガーゼと呼ばれる生地は、ガーゼを2枚重ねたもので、厚手の物だと6枚重ねのものがありますよ。ただ、ガーゼ生地は重ねることで空気の層ができるため、夏の赤ちゃんの服としては重なる枚数が少ない方がよいでしょう。

ガーゼ素材は速乾性にも優れます。汗かきで汚れることも多い赤ちゃんの服は、洗濯することも多いでしょう。洗っても乾きやすいガーゼ素材はぴったりです。

肌着は柔らかく薄い「フライス素材」

ゴムのように横方向に伸び縮みしやすいフライス素材は、手触りがよく伸縮性に優れた素材です。赤ちゃんが手足をバタバタと動かしたときにも、よく伸びるため動きを妨げにくいでしょう。このためフライスは赤ちゃんの肌着としては定番といわれる素材となっています。

肌着として使われることが多いのは、柔らかさだけではなく吸湿性や通気性にも優れるためです。夏場たくさん汗をかく赤ちゃんも快適に着ることができるでしょう。

フライス素材の中でも、追撚(ついねん)加工といって織り上げる前に糸にさらに撚りをかけることで透け感を少なくし、夏でも涼しく過ごせる工夫がされたものがあります。追撚フライス素材なら暑さをやわらげてくれるでしょう。

着心地と通気性がよい「天竺素材」

Tシャツの素材として使われることが多い天竺は、柔らかく通気性がよい素材です。フライスと同じように横方向への伸縮性が優れていますので肌着としても使える素材でしょう。天竺は涼しいだけではなく暖かい素材でもあります。夏でも気温が下がる夜間に、体温調整のために赤ちゃんが着る服に天竺素材を選ぶこともよいですよ。

フライスに比べ薄手の素材となる天竺ですが、中にはより薄手のもの、厚手のものに分かれます。夏に体温調整のために使いたい場合は、肌着の上に薄手の天竺素材で作られたツーウェイオールを活用するとよいでしょう。

天竺はフライスと違い型崩れしやすくやや耐久性が低い部分があります。頻繁に洗濯をすることは避けた方が長持ちしますよ。
52 件

関連記事

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND