就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夏の新生児のお世話。準備したい物や夏ならではのお世話のコツ

夏の新生児のお世話。準備したい物や夏ならではのお世話のコツ

外出するには少し大変な夏生まれの赤ちゃん。「新生児期を過ぎたら外気浴がすすめられているけど、暑い時期はどうしたらいいの?」「暑い時期の洋服選びは?」「お肌トラブルが起きた場合は?」など、新米ママは悩んでしまうこともあるでしょう。ここでは、夏生まれの赤ちゃんのお世話のコツについて紹介します。

夏生まれの赤ちゃん。快適な洋服選び。

真夏でも肌着は着せるのが基本!

肌着には汗を吸収して肌トラブルを防ぐ役割があります。直接洋服を着せた状態で汗をかくと、汗を吸った洋服が湿ってしまい風邪をひく原因となってしまいます。肌着は吸収性のよい綿100%のものを選んであげましょう。

また赤ちゃんは肌が弱いので、少しの刺激でも肌トラブルが起きやすいです。肌着を着せることで汗を吸収し、肌を清潔に保つことができます。あせもやとびひにならないように、真夏であっても肌着を着せるようにしましょう。

赤ちゃんの夏服の基本のスタイルは「肌着のみ」です。月齢に合わせてコンビ肌着や短肌着を選びましょう。室内でエアコンを使用する場合は「短肌着+コンビ肌着orツーウェイオール」でも構いません。状況に合わせて上手に使い分けてくださいね。

冷房が強く効いている時はツーウェイオール

新生児期の赤ちゃんは体温調節機能が整っておらず、少しの環境の変化でも体調を崩しやすいです。冷房の効いた室内で薄着でいると、風邪をひきやすくなります。そんなときは肌着の上にツーウェイオールを着せてあげましょう。

ツーウェイオールとは、肌着の上に着る洋服のことで股下にスナップボタンがついています。新生児期はドレスオールとして、足が動き始めたらズボン型のカバーオールとして使用できます。夏には着心地のよいパイル地やガーゼ生地がおすすめです。

また長袖や半袖、袖なしのものがありますが、室内の温度に合わせてアイテムを選んであげましょう。赤ちゃんが快適に過ごせる服装を心がけて、冷房対策をしっかり行ってあげてくださいね。

最初は難しい新生児の服の着せ方

新米ママにとって赤ちゃんの服装選びは難しいものですよね。基本のスタイルの「短肌着+コンビ肌着または長肌着」「コンビ肌着1枚」を心がけてください。

洋服の着せ方について説明します。まず洋服の前部分を布団やマットの上に広げます。このとき重ね着をする場合はあらかじめ肌着の袖を洋服の袖に通しておくと着せやすいですよ。その上に赤ちゃんをのせて、袖に腕を優しく通します。最後に服についている紐やスナップボタンをとめて完成です。

赤ちゃんの着替えでの注意点は、袖を通すときに無理やり腕や足を引っ張らないことです。赤ちゃんの体は弱いので、優しく扱ってあげましょう。また夏は汗をかきやすい時期です。汗をかいたらこまめに着替えさせてくださいね。

新生児との夏の生活。快適に過ごすコツ

毎年猛暑が続く日本列島。エアコンは必須!

体温調節機能が整っていない赤ちゃんは、暑すぎる環境にいると熱中症やうつ熱を発症してしまったり、最悪の場合には乳幼児突然死症候群を招いたりする危険性があります。赤ちゃんが心地よく過ごせるよう、気温に合わせて冷房を使用しましょう。

新生児が快適に過ごせる夏の室内温度は、25~28℃といわれています。エアコンを使って快適な室温を保ってあげましょう。このとき、エアコンの風が赤ちゃんに直接当たらないよう注意してあげてください。

また赤ちゃんの手足が冷えていても、お腹や背中に汗をかいていたら暑がっているサインですので、肌着の着替えや服を1枚脱がせてあげましょう。こまめに触ってみて、赤ちゃんにとって適温かどうかチェックしてくださいね。

湿度にもこだわって快適な部屋を作ろう

心地よく過ごすためには室温だけでなく、湿度も忘れてはいけません。快適に過ごせる湿度は50~60%といわれていて、これはママにとっても赤ちゃんにとっても同じです。

湿度を保つためにエアコンのドライを活用してみましょう。ドライには室温を下げつつ湿度も下げる「弱冷房除湿」と室温を下げないよう湿度を下げる「再燃除湿」という2種類があります。

湿度が高く少し暑い場合には「弱冷房除湿」を、湿度が高いけれど肌寒い場合は「再燃除湿」を使用しましょう。また2018年の猛暑のように暑すぎる場合には冷房を使用すると最も涼しくなりやすいです。

エアコンの機能を上手に使い分けて、赤ちゃんにもママにも過ごしやすい環境づくりを心がけてくださいね。

扇風機やサーキュレーターで一定の温度に

快適な室温を保つためにエアコンだけでなく、扇風機やサーキュレーターを活用してみましょう。どちらも風を起こすものでよく似ていますが、目的が少し異なります。

扇風機は人が涼しくなるために使用するもので、広い範囲に幅広く風が届きます。サーキュレーターは空気を循環させるために使用するもので、直線的に遠くまで風が届きます。エアコンの真下や向かいの壁との間で使用すると冷風が循環します。

赤ちゃんにとって過ごしやすい25~28℃を保つためにも上手に活用しましょう。冷風が直接当たると風邪をひいたり、エアコン内のほこりを吸ってしまうことがあります。冷風が直接赤ちゃんに当たらないよう、気をつけてあげてくださいね。

寝るのが仕事の新生児。快適な睡眠へ導こう

お布団のかけかたのコツ

新生児期の赤ちゃんは、授乳やおむつ替え以外の時間は寝ていることが多いです。初夏の涼しい時期や真夏でも室内でクーラーをかけている場合は、布団をかけてあげましょう。このときかけ布団が重すぎると赤ちゃんも寝苦しくなってしまいますので、薄手のものを選んであげてくださいね。

真夏などの暑い時期は、布団で体全体をしっかり覆う必要はありませんが、お腹を冷やさないよう気をつけましょう。スポーツタオルやガーゼタオルなどをお腹の上にかけてあげましょう。大きめのバスタオルでも代用できますよ。

また赤ちゃんの肌は敏感ですので、肌に優しい素材を選んであげましょう。綿100%のものや通気性のよいガーゼタオル、パイル地などがおすすめです。

近年は家の中でも熱中症になってしまうほど猛暑が続く日もあります。室内で冷房を効かせている場合でも、赤ちゃんの寝る場所は日陰を選んであげましょう。快適な環境であれば赤ちゃんもぐっすり眠ってしまいます。体温機能が未熟な間は、赤ちゃんが心地よく過ごせるよう布団や服装を調節してあげてくださいね。

汗をかいたらこまめに着替えをしよう

赤ちゃんは体温調節機能が十分に整っておらず、小さな体のわりに汗腺の数は大人と同じくらいあるので、とても汗っかきです。汗をかいて服が濡れると、赤ちゃんにとっても不快ですし、風邪などをひいてしまう原因にもなります。赤ちゃんが汗をかいているときは、こまめに肌着を替えてあげましょう。

新生児の洋服の着せ方は、大人よりが着ている服よりも1枚多いのが理想とされています。しかし夏場は気温や湿度が高く、近年は猛暑の日も多いです。育児書どおりでなくてもよいので、その日の気温に合わせて服装を調節してあげてくださいね。

また夏でも肌着は必要です。赤ちゃんの肌に優しい綿100%や通気性のよい天竺やメッシュなどの素材がおすすめです。汗をかいたら着替えることを考えて、短肌着とコンビ肌着それぞれ5~6枚は用意しておくとママも安心ですね。

赤ちゃんの肌着を交換するタイミングは、沐浴のあとやミルクをこぼしてしまったとき、汗をかいていることに気づいたときです。新生児は汗をかきやすいのでこまめに確認し、快適に過ごせるよう服装を調節するよう心がけてくださいね。

夏の赤ちゃんによくあるトラブル

あせもやおむつかぶれなどの肌トラブル

赤ちゃんはとても汗をかきやすく、そのまま放置しておくとすぐにあせもができてしまいます。あせもとは「汗疹」と表記され、汗を多くかいたときに急速に出現します。肌を清潔に保つことで症状を和らげることができます。

赤ちゃんのあせもは背中やお腹だけでなく、頭や手首や足首など汗のたまりやすい所にできやすいです。お尻にあせもができた場合はおむつかぶれにも繋がってしまい、さらにひどくなることもあります。

赤ちゃんのあせも対策は、皮膚をできるだけ清潔に保つことです。汗をかいてもそのままにしていると、毛穴の詰まりや肌に刺激を与える原因となってしまいます。こまめに汗を拭いたり着替えさせたりして、清潔な状態を保てるよう心がけてくださいね。

肌トラブル悪化でとびひになったら

あせもが悪化すると「とびひ」になることがあります。とびひとは、あせもを引っかいて傷になってしまい、その傷口から細菌感染が起きて化膿した状態になることを指します。細菌を含む液体がついた手でほかの場所を触ると、そこから新たに発疹ができてしまいます。

とびひは感染力が強いため細菌のついたバスタオルや衣類を共有していると、赤ちゃん以外の人にもうつってしまう可能性があります。赤ちゃんと同じタオルを使用しないように注意しましょう。また湯船に赤ちゃんを入れるのも控えてくださいね。

とびひに関しては自然治癒が難しいので、医療機関を受診して適切な方法で処置してもらうことがおすすめです。かかりつけの小児科がある場合は、そこで診てもらって医師の指示を仰ぎましょうね。

家にいても蚊は存在する!虫除け対策

暑い時期は赤ちゃんが蚊に刺されないか心配になりますよね。赤ちゃんの肌は敏感なので刺されると赤く腫れてしまうことが多く、悪化した場合はとびひになってしまうこともあります。

蚊に刺されないようにするために、虫よけ対策をしっかり行いましょう。蚊が入らないよう網戸はしっかりと閉めて、洗濯物を取り入れるときは軽く払ってから家にいれましょう。

虫よけには吊るすタイプ、置くタイプ、スプレータイプがなどあります。できるだけ天然成分が配合されたものを選びましょう。天然ハーブやアロマ由来のものがおすすめです。そしてディートフリーのものを選びましょう。「ディート」とは虫よけに含まれる有効成分ですが、生後6カ月未満の赤ちゃんには使用できませんので注意が必要です。

1カ月健診で外出デビュー時に必要な物

ベビーカーや抱っこ紐も暑さ対策必須

ベビーカーの高さは地面からの照り返しの影響を受けやすく、抱っこひもだとママと密着しているので暑くなってしまいます。お出かけのときは、ベビーカーでも抱っこ紐でも保冷剤シートを活用してみましょう。

市販の保冷剤だと冷たくなりすぎて低温やけどになることもありますので、赤ちゃん用品店で販売されている保冷シートがおすすめです。そのときジェルタイプのものを選ぶと冷たすぎることもなく、2~3時間は涼しさを保ってくれますよ。

また保冷シートにはベビーカーや抱っこひも、チャイルドシートで共有できるものもあります。重さや冷却時間などを比較して、ママが使いやすいもの、赤ちゃんに適したものを選んで暑さ対策をしてあげてくださいね。

肌の敏感な赤ちゃんに紫外線対策をしよう

赤ちゃんは肌が敏感ですので、肌荒れをおこさないためにも紫外線対策をしっかり行いましょう。お出かけするときは帽子をかぶせる、日焼け止めを塗る、外出時間を選んで日が当たりすぎない時間にでかけるなどの対策があります。

赤ちゃんの帽子は通気性がよく、つばの広いものを選びましょう。洗濯可能のものであれば、汗をかいても安心ですね。最近は襟足部分まで日よけがついていて、首の紫外線対策ができるものもありますよ。

また日焼け止めは赤ちゃん用の刺激が少ないものを選びましょう。乳液タイプやジェルタイプ、泡タイプなど様々なものが売られています。赤ちゃんの肌に合っているかパッチテスト行ってから、赤ちゃんに合ったものを選んであげてくださいね。

外出する時間にも気をつけよう

お出かけする時間帯によって暑さや紫外線の量も変化します。10時から14時までは紫外線の量が多く、正午が1日で最も多い時間だといわれています。お昼頃には気温も高くなりやすいですし、真夏はこの時間帯を避けてお出かけすることを心がけましょう。

またお出かけする場合は、しっかりと暑さ対策を行いましょう。赤ちゃんの肌は敏感ですので、少しの刺激でも重症化しやすいです。直接日に当たらないようにして、長時間の外出は避けましょう。

どうしてもお出かけする場合は朝や夕方がおすすめです。朝早くだと比較的涼しく、風に当たると気持ちいいでしょう。涼しい時間帯を選んで、赤ちゃんの体に負担のかからないよう気をつけてあげてくださいね。

まとめ

ここでは夏生まれの赤ちゃんと快適に過ごすコツを紹介してきました。洋服選びや快適な部屋作り、お肌トラブルの対処法など、夏生まれの赤ちゃんのお世話のコツを見つけることができたでしょうか。

新生児期を過ぎると少しずつ外に慣れることが必要だといわれていますが、暑すぎる場合は無理にお出かけせずお家で快適に過ごすことを心がけましょう。秋になるとお出かけしやすい気候になりますので、その日を楽しみにしてお家でゆっくり過ごしてみてはどうでしょうか。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018