就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティは保湿が大事!敏感乾燥肌のママに贈る対処法と解消グッズ

マタニティは保湿が大事!敏感乾燥肌のママに贈る対処法と解消グッズ

妊娠した女性の多くはいろいろな体質の変化を感じますが、敏感乾燥肌になるのもその一つです。デリケートでカサつきやすいマタニティ期のお肌には丁寧な保湿ケアが欠かせません。この記事では「妊娠によって敏感乾燥肌になるのはなぜ?」「その対処法は?」といった疑問にお答えしていきます。

マタニティママが敏感乾燥肌になる理由

女性ホルモンの分泌が変化するから

女性は妊娠すると体内のホルモンバランスに変化が起こり、「プロゲステロン」と「エストロゲン」という2種類の女性ホルモンがそれぞれ急激に増加します。このうち、プロゲステロンが乾燥肌を引き起こす原因です。

プロゲステロンは「黄体ホルモン」とも呼ばれて、妊娠初期は主に胎盤を作る役割があります。妊娠前は生理前から生理中に分泌量が増えるので、生理前は肌荒れに悩んだママも多いでしょう。

このプロゲステロンが妊娠によって急激に増えるため、マタニティママの肌が敏感乾燥肌にかたむきがちになってしまうのです。妊娠初期から妊娠39週頃まで、プロゲステロンの分泌量は増え続けるのでママの肌は出産まで、乾燥しやすい状態が続きます。

栄養と水分が身体に不足しているから

妊娠するとお腹の赤ちゃんが成長するために必要な酸素や栄養が、ママの身体から赤ちゃんへ優先的に送られるようになります。そのため、ママ自身の身体は栄養や水分が不足しやすい状態となります。

また、妊娠中はお腹が大きくなることでママの骨盤が歪みやすく、さらに運動量が低下しがちです。そのため、血行不良に陥りやすい状態でもあるのです。これらの条件が重なって、ママの身体が栄養と水分不足の状態になり、肌に必要な栄養が届きにくくなってしまいます。

肌が栄養や水分不足になると、皮脂の分泌や肌の水分量が減るため乾燥肌になってしまうのです。さらに、肌が乾燥すると肌の弾力も低下して妊娠線ができやすくなるので、予防のためにもしっかりケアしたいですね。

妊娠性掻痒になってしまっているから

肌にかゆみが出る場合は、単純に乾燥によるものである場合が多いですが、中には妊娠性掻痒(にんしんせいそうよう)という皮膚疾患である場合があります。

初期では小さな発疹ができるので、一見すると蕁麻疹のようにも見えます。しかし、はじめは部分的だった発疹が、少しずつ全身に広がっていきます。発症したら妊娠中は症状が続き、産後に症状がなくなっていくことが一般的です。

妊娠性掻痒は妊娠によるホルモンバランスの変化などが原因の一種のアレルギー反応とされていますが、発症のメカニズムははっきりとはわかっていません。

夜には眠れないほどかゆみが強くなってしまうこともあるので、症状に気づいたらすぐに産婦人科で相談しましょう。

敏感乾燥肌になった場合の対処法

しっかりと水分を摂る

肌の潤いを保つためには外側からケアすることも大切ですが、肌の奥の真皮の部分には外側から補給した水分は届きません。肌の奥を保湿するには、飲み水から補給する必要があるのですね。つまり、肌の乾燥対策には水分をしっかりと摂ることがポイントとなるのです。

特に妊娠中は、赤ちゃんの血液や赤ちゃんを守る羊水を作るために水分を必要とするので、妊娠前よりも身体が水分不足になりやすい状態といえます。そのため、意識的に水分を摂取することが重要なのです。

水分が不足するとママの身体から水分が摂られてしまうので、肌が乾燥しやすくなってしまいます。起床時と就寝前、そして食事のたびに、コップ1杯の水を飲むようにしてこまめに水分補給をしましょう。

睡眠をしっかりと取る

夜、眠りについてから3時間の間に、成長ホルモンの分泌が盛んになります。成長ホルモンは身体の機能を正常に働かせる作用があるので、肌のターンオーバーを促進させてくれます。そのため、肌荒れの改善には、睡眠をしっかりと取ることも必要不可欠です。

そして、睡眠によって身体を休めることは自律神経の安定にも効果があるとされます。自律神経が乱れると肌のターンオーバーも乱れてしまうので肌のバリア機能が低下してしまいます。

とはいえ、妊娠中はお腹が大きく重たくなるので、仰向けでは寝苦しく、眠りが浅くなりがちです。抱き枕やクッションを使って、楽な姿勢で眠るようにして睡眠時間をたっぷりと確保したいですね。肌をよい状態に保つために、睡眠不足には気をつけましょう。

しっかりとスキンケアをする

マタニティママは妊娠によってホルモンバランスが乱れた状態なので、肌が敏感になりがちです。特に、乾燥敏感肌は肌のバリア機能が低下しているので、少しの刺激で湿疹やかゆみなどの肌荒れを起こしやすい状態です。

そのため、妊娠前から使い続けていた化粧品であっても、ある日突然、肌に合わなくなり肌が荒れてしまうこともあります。

そうしたことを防ぐには、敏感な肌でも使えるような低刺激性やオーガニックにこだわった化粧品を使ってしっかりとケアすることが大切です。丁寧に保湿ケアをすることで、乾燥敏感肌は改善されるでしょう。

保湿スキンケアは妊娠線の予防にも効果的です。顔以外にも、お腹や手足など全身の保湿ケアを心がけたいですね。

マタニティママにぴったりなスキンケア用品

安心の定番「ヴェレダ」マザーボディオイル

老舗のオーガニックコスメブランドである「ヴェレダ」はたくさんのロングセラー商品を生み出しています。その中でも、多くのマタニティママたちから支持を集めている妊婦の定番的アイテムが「マザーボディオイル」です。

ヴェレダのベビーケアライン専属助産師と薬剤師の声から誕生したこのボディオイルは、100%天然由来成分で作られています。高保湿植物オイルをベストなバランスで配合しているので、ケアしたあとはしっとり感が一日中続きます。

オーガニック成分にこだわって作られているのため、妊娠中はもちろんのこと、産後のボディケアにもおすすめです。ローズ、ネロリ、ミルラのフローラルな優しい香りで、リラックスしながらお手入れできます。

天然成分の「アロベビー」のクリーム

赤ちゃんのデリケートなお肌にも使えるアイテムが多数揃う「アロベビー」には、マタニティママにもぜひ使ってほしい保湿クリームがあります。それが、「アロベビーフォーマム妊娠線クリーム」です。

ヒアルロン酸の10倍の保水力を持つとされるスイゼンジノリ多糖体や、植物由来の保湿成分であるアクアキシル、ビタミン豊富なホホバ種子油などが主成分です。99%以上天然由来成分で作られているので、敏感になりがちな妊娠中のお肌にも安心して使うことができます。

伸びのよいテクスチャーで大きくなったお腹にも塗りやすいと評判で、7種類の植物由来抗炎症成分が肌荒れやかゆみを抑えてくれますよ。ほのかで自然なネロリの香りが、使うたびに爽やかに広がります。

全身に使えて高品質な「バイオイル」

傷跡のケアに役立つとして有名な「バイオイル」は、マタニティママの妊娠線予防としても使えます。もともとは、南アフリカのユニオンスイス株式会社が開発したオイルで、発売開始から30年という実績があるので安心して使えますね。

オイルではありますが、サラッとした使用感で肌なじみが抜群です。有用成分であるピュアセリンオイルが、肌の奥までしっかりと浸透し高い保湿力を発揮します。さらに、2種のビタミンも配合されているので、肌のターンオーバーを促しバリア機能を正常に保ちます。

バイオイルは、顔や髪にも使用できるので、全身の保湿ケアがこれ一つで手軽にできます。産後の忙しい時期にも、時短スキンケアとしても役立ちますよ。

まとめ

マタニティ期に肌が乾燥してデリケートになってしまうのは、妊娠によって体やホルモンバランスに変化が起こることが原因なので避けられない問題です。けれど、しっかりと丁寧に保湿ケアをしたり、水分補給や睡眠時間を見直したりすることで、少しずつママの乾燥敏感肌は改善されていきます。

敏感な状態の肌でも安心して使えるようなマタニティ向けの保湿化粧品はいろいろあります。お気に入りのアイテムを見つけて、楽しみながら保湿ケアを続けていきましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018