就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんをおんぶするとメリットも!ママも嬉しいおんぶの効果とは

赤ちゃんをおんぶするとメリットも!ママも嬉しいおんぶの効果とは

赤ちゃんをおんぶすればあやしながら家事ができますし、いつも赤ちゃんを感じていられますよね。昔の日本の写真では赤ちゃんをおんぶする姿がよく見られますが、おんぶはいつからできるのでしょうか?赤ちゃんをおんぶできる時期や、赤ちゃんやママに嬉しいおんぶのメリット、また、デメリットなどについてもご紹介します。

おんぶを始めてよいのはいつ頃?

首すわり前のおんぶはNG

赤ちゃんをおんぶできる日が楽しみなママもいますよね。昔の日本ではかなり低月齢からおんぶする場合があったようですが、首すわり前のおんぶはできません。

ほかの動物とは違い、人間の赤ちゃんは首を自分で支えられないほど未熟な状態で生まれてきます。その時期の赤ちゃんのをおんぶは首がぐらぐら揺さぶられて不安定なので、避けましょうね。

たとえ首まわりを囲うおんぶ紐を使っても隙間でぐらつきますよね。これは首すわり前の赤ちゃんにとっては大きな負担になります。

縦抱っこがしやすくなる3カ月くらいに首がすわり始めますが、この時点ではまだ首すわりは不十分です。おんぶは、赤ちゃんが自分の意思で首を動かせる時期まで待ちましょう。

一般的な目安は生後4カ月

おんぶするとママの両手が空いて家事などがやりやすいですよね。抱っこしないと泣いてしまう赤ちゃんのママにとって、おんぶは慌てることなく家事を済ませられるよい方法といえます。

一般的には、4カ月くらいで赤ちゃんの首がすわるといわれます。ママも首がしっかりしてくるのを感じる場合もあるかもしれませんね。

しかし赤ちゃんのおんぶは、健診で医師に首すわりに問題がないと言われてからにしましょう。健診で首すわりについてなにも言われない場合は問題がない場合が多いですが、念のため医師に確認してからおんぶした方が安心できますよ。

おんぶ紐の中には対象年齢が高くなっているものがあります。おんぶ紐の購入前に、どの年齢が対象なのかを注意して見るようにしましょう。

だっこよりおんぶをおすすめする理由

赤ちゃんがママと同じ方向を向くおんぶのメリットはいくつかあります。その一つは、抱っこよりも赤ちゃんが筋力を使うことです。赤ちゃんは呼吸やおっぱいを飲むこと以外は生まれた後に自ら動いて獲得しますが、おんぶはそれを促し運動能力を高めることができるといわれます。

高い位置でおんぶすれば、赤ちゃんはママと同じ視野で物を見られますよね。目から入る情報が多ければ、脳の情報量も増え神経回路も発達します。

ママも家事がしやすくなることもおすすめする理由の一つです。赤ちゃんが泣くたびに家事を中断すれば家事に時間がかかり、ゆっくり赤ちゃんと触れ合う余裕がなくなるかもしれません。おんぶを上手に利用して、赤ちゃんとママがストレスなく過ごせるとよいですね。

おんぶをすることはママと赤ちゃんの味方

両手があくので家事がはかどる

少しでも寝床に置くと泣き出す赤ちゃんが大半ではないでしょうか。4カ月を過ぎる時期は抱っこしやすくなる半面体重も増え、長時間の抱っこは腕に負担がかかり大変かもしれません。しかしおんぶ紐でおんぶすれば腕の負担がありませんよね。

楽しいおもちゃで赤ちゃんがしばらく一人で遊んでいられるように工夫するのもよいですが、いつかは飽きて泣いてしまう場合が多いです。それに、泣かなくても定期的に赤ちゃんの様子を見にいく必要がありますよね。

おんぶならばいつも背中に赤ちゃんを感じていられます。ご機嫌なときは家事をしながら声をかけられますし、泣いているときもすぐにおろして様子を見られます。家事がはかどり赤ちゃんとの触れ合いも増えるのがおんぶのよさの一つといえそうですね。

視界が広がるので知的刺激もたくさん

抱っことは違っておんぶは普段とは違う高さで広い世界を見渡せますので、赤ちゃんの好奇心向上につながります。

ママは家事をしながら「よいお天気だから、お洗濯物の乾きが早いね」など、自然と赤ちゃんへの多くの語りかけができますよね。それは赤ちゃんの言葉の習得にもつながるでしょう。

高い位置でおんぶすれば赤ちゃんはママの手元を見ることができます。赤ちゃんは模倣する能力があり、ママの動きを見て脳に情報を送っていると考えられています。ですから単純な動きであれば8カ月くらいで真似し始める場合がありますよ。

おんぶされた赤ちゃんはママにしがみついたり立ち上がろうとしたりしつつ、運動神経を発達させていきますよ。

おんぶのデメリットも知っておこう

メリットの多いおんぶですが、デメリットもあります。まず、後ろにつけるためにおんぶ紐を正しく装着しにくい点です。慣れないうちは赤ちゃんの足が正しい位置にあるか、しっかり支えられているかなどを鏡を使って確認しながら装着するようにしましょうね。

後ろにいる赤ちゃんの姿を確認しにくい点もあります。外出するときは後ろに注意を払ったり、人混みでは抱っこにしたりするとよいかもしれません。

家の中でも、壁や家具の角などに赤ちゃんがぶつからないように後ろを意識しましょう。ときどき赤ちゃんの様子を確認するために鏡でチェックするのがおすすめですよ。

ママが椅子に座りにくいという声もあります。デメリットを理解して注意しながら安全におんぶをしましょう。

おんぶ紐を使えばさらに便利になる

おんぶ紐を使ってみよう

抱っこでは寝ないのにおんぶでゆらゆらすると寝てしまう赤ちゃんもいます。寝かしつけが大変なママは、おんぶ紐を試してみるとよいかもしれませんね。

上の子がいるママは、下の子をおんぶしながら上の子のお世話をする場合が多いようです。公園などでも、下の子をおんぶして上の子の遊びにつき合っているママを見かけることがありますよね。

妊娠中に、上の子を抱っこするよりもおんぶの方がお腹に負担がかからないケースもあります。もちろん、お腹が張るなどのトラブルがあるときは抱っこもおんぶも避けましょう。

抱っこのしかたによっては猫背になり、ママは腰や首にかかる負担が大きくなります。抱っこが大変だと感じるママは、おんぶ紐を使うと楽になるかもしれませんね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC