就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠報告は朝礼ではなくまず上司へ。スムーズな勤務に繋げるアイデア

妊娠報告は朝礼ではなくまず上司へ。スムーズな勤務に繋げるアイデア

妊娠中に仕事をする上で気をつけたいこと

ラッシュの時間帯の通勤を避ける

妊娠中に仕事をする上で気をつけたいポイントは、ラッシュの時間帯の通勤を避けるという点です。通勤方法としては電車通勤、車通勤などケースによって様々だと思いますが、どのような通勤手段であってもラッシュ時にはママに負担がかかりすぎる恐れがあります。

特に、朝の通勤ラッシュ時には、遅刻をしないようにとママ自身も周囲の人も気持ちが焦りがちですよね。電車通勤では体がぶつかってしまったり、階段から足を滑らせてしまったりする可能性もあり危険です。

また、車通勤の場合は急に体調が悪くなってもその場ですぐに車を止めるということが難しくなります。妊娠中は注意力も低下する傾向がありますので運転には注意が必要です。ラッシュ時を避け、気持ちと時間に余裕を持ちましょう。

つわり対策はできる限りしておく

妊娠初期から中期にかけて多くのママが感じるのがつわり症状です。食べ物を受けつけない、においに敏感になるなど症状は様々ですが、それでも仕事に行かなくてはと頑張るママもたくさんいます。

仕事をしていれば、気分が紛れてつわり症状が軽くなるという意見もありますが、それでもつわり対策はできる限りしておくことが大切です。つわりのときでも口にできそうな食べ物を持参するようにしたり、におい対策ではマスクを着用したりするのが効果的ですよ。

ただ、症状がひどい場合には、つわり対策をしても我慢できなくなることもあるでしょう。そんなときは、無理をせずしばらく体を横にさせてもらったり、お休みをもらったりなどして体を休めるようにしてくださいね。

無理は禁物!赤ちゃんを第一に考えよう

妊娠初期から出産を終えるまでの期間はママの体は不安定な状態が続くといってもよいでしょう。妊娠中期ごろになれば安定期という比較的落ち着いた時期にはなるものの、トラブルの可能性がまったく無いというわけではありません。

妊娠期間中に無理は禁物です。仕事をする以上、同僚や上司などに迷惑をかけたくないと頑張りすぎるママもいますが、このときばかりはママ自身と赤ちゃんのことを第一に考えるようにしましょう。

特に、妊娠初期は流産などのトラブルが起きやすい時期でもあります。激しく体を動かす作業をしたり、重たい荷物を持ったりしないようにして穏やかに過ごせるようにすると安心です。妊娠中は周囲のフォローに甘えさせてもらいましょうね。

まとめ

妊娠報告は単なる連絡事項ではありません。仕事を円滑に進めるための大切なやりとりであり、ママと赤ちゃんを守ることにも繋がります。

妊娠報告のタイミングは直属の上司にはできるだけ早めに、勤務時間外に落ち着いて報告できる時間をとってもらえるようにするとよいですね。そのときの体調の変化や仕事を進める上での希望など、伝えておきたいことを前もって整理しておくと安心です。

また、報告後にはつわり対策をしながら、無理をしすぎない程度に仕事が続けられるとよいですね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND