就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児中に資格取得をめざそう!資格の種類やスキマ時間の勉強法

育児中に資格取得をめざそう!資格の種類やスキマ時間の勉強法

育児も少し落ち着いてきて、近いうちに社会復帰したいと考えているママもいることでしょう。再就職をするとき、なにか資格を取得しているとよいアピールになりますよね。そこで今回は育児中に取得してみたい資格の種類やスキマ時間の勉強法についてお話しします。

事務系の仕事をしたいママ向けの資格

会社の経理や会計を目指すなら「簿記検定」

会社の経理や会計など、事務系の仕事を目指すなら「簿記検定」も有利な資格です。「簿記検定」は新卒の大学生にも人気の資格で、事務職なら取得しておいても決して損はありません。

「簿記検定」は会社のお金や物の出入りを記録して管理するスキルの一つで、記録により会社の財政状態を知ることができます。経理事務のスペシャリストを目指すママなら必須の資格ともいえます。

また、経理の仕事をする上で必要な会計の知識および管理能力の技術を学ぶことができるので、財政状態を知る必要がある営業職や会計士、税理士、ファイナンシャルプランナーを目指すママにもおすすめの資格です。

専門学校に行かなくとも独学で学ぶことができるので、育児で忙しいママも取得することができます。

短期間で取得可能!人気の「医療事務」

短期間で取得可能な資格を探しているママには、「医療事務」の資格もおすすめです。求人も比較的多い職種なので、仕事も見つけやすいことでしょう。「医療事務」の資格には色々あるので、ママのニーズに合ったものを受験してみたいですね。

・診療報酬請求事務能力認定試験
平均勉強時間は約6カ月で、合格率は約30%と難関ですが、その分、再就職活動の際にアピールすることができます。

・医療事務技能審査試験
平均勉強時間は3~4カ月で、約65%の合格率となっています。医療事務系資格の中でも最も受験者数が多く人気の資格となっています。

・医療事務管理士(R)技能認定試験
平均勉強時間は3~4カ月、合格率は約60%です。通信講座受講後の在宅受験が可能です。

パソコンスキルをつけるには「MOS」

パソコンを使った事務作業が得意なママには、「MOS」もおすすめです。「MOS」はマイクロソフトオフィススペシャリストの略で、マイクロソフトが出しているワードやエクセルなどのソフトをどれだけ使いこなせるかというのを証明する資格になります。

ワード、エクセル、パワーポイント、アウトルック、アクセスの5種があり、自分が受けたい科目を受験することが可能です。ワードとエクセルに関しては、それぞれスペシャリストとエキスパートの2レベルに分かれています。

「MOS」の資格を持っていれば、再就職のとき即戦力として働けるというアピールにもつながりますよ。独学で試験に向けて準備することが可能なので、パソコンスキルの一つとして目指してもよいですね。

好きを仕事にしたいママ向けの資格

色について学びたい「色彩検定」

自分の好きなことを仕事にしたいママもいることでしょう。クリエイティブな職種を目指す場合、色について学べる「色彩検定」もよいですね。

「色彩検定」は色について理論的さらに系統的に学ぶことにより、色を実践的に使うことができる能力を証明することです。クリエイティブデザイナー、ネイリスト、ファッションデザイナー、インテリアコーディネーターなど優れた色彩感覚が必要な職種には有効な資格です。

スキマ時間で勉強し、合格を目指すことができるので、クリエイティブな職種を目指すママにおすすめの資格です。学んだ知識は、仕事だけでなく自宅のインテリアやママ自身のファッションなどにも活かすことができるので、便利ですよ。

心身の調子を整える「アロマテラピー」

「アロマテラピー」とはさまざまな植物から精製された香油を使い、体の不調をやわらげたり、心をリラックスさせたりする療法です。アロマテラピーを実践できるアロマテラピストの資格を取得すれば、その知識をエステサロンやショップの空間デザイナーなどさまざまな分野で幅広く活用することができます。アロマテラピーの資格は以下の三つになります。

・アロマテラピー検定(日本アロマ環境協会)
受験資格は特になく、受験日は年2回。

・AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー(日本アロマ環境協会)
アロマテラピー検定1級所有者のみ受験可能で、試験日は年に4回。

・アロマセラピスト(日本アロマ環境協会)
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー資格者向けで、試験日は年に2回。

おうちで開業が人気「ネイル」

ネイルが好きなママもたくさんいると思います。爪先がキラキラとキレイに手入れされ、飾られているだけでママのテンションもアップしますよね。ネイル好きのママには、「ネイリスト」の資格もおすすめですよ。

ネイリストとしてネイルサロンで働いたり、自宅で開業したりしてもよいですね。ネイルスクールに通うのが難しい場合は通信講座で学ぶことも可能です。ネイル資格がなくとも「ネイリスト」を名乗り、仕事をすることは可能ですが、サロンで働く場合は最低でもネイリスト2級の資格がないと採用されにくいのが現実です。

「JNECネイリスト技能検定試験」と「JNAジェルネイル技能検定試験」をパスし、資格を持ってると就職にも有利ですし、自宅でネイルサロンを開く場合にも有効です。

育児に関する資格にはどんなものがある?

ご飯作りに役立つ「幼児食アドバイザー」

子どもには、できるだけ体によいものをバランスよく食べてほしいと思いますよね。そこでどの食材が子どもにどのような影響を与え成長に役立つのかが学べる「幼児食アドバイザー」の勉強をすると、実生活にも役立ちます。

学んだことを家庭で子どもに実践することができるので、実用性もあり子育て中のママでも積極的に知識を身につけることができますよ。専門学校に行く必要がなく、通信教育で学ぶことができるのも忙しいママにとって大きな魅力です。

就職に役立つ資格というより、普段の生活をより充実させるための資格として取得を目指してみてはいかがでしょうか。食の大切さを学び、子どもにもママの手料理を通じてその知識を伝えていきたいですね。

需要があり子育てにも役立つ「保育士」

子育てはもちろん、社会的にも需要がある資格を目指したいママには「保育士」の資格がおすすめです。「保育士」は国家資格なので、一度取得すれば生涯有効なのもありがたいですよね。

正社員や派遣社員、契約社員、パートなど色々な契約形態での求人が充実しているので、子育てが落ち着いたらすぐにでも働きたいと思っているママにぴったりです。仕事内容としては、子どもを抱っこしたりなど多少体力は必要になってきますが、ママ自身の育児の経験をそのまま仕事に反映することができるので、働きやすいことでしょう。

また逆に、勉強で得た知識を自分自身の子育てに反映させることもできるのは魅力的ですね。通信講座とその後の試験をパスすれば取得することができます。

親子の絆を深める「ベビーマッサージ」

子どもとのスキンシップが好きなママには、親子の絆を深める「ベビーマッサージ」の資格取得を目指してみてもよいですね。「ベビーマッサージ」には、ママと子どもがマッサージによるスキンシップにより、お互いの信頼関係を深める効果があります。

さらに子どもの運動面の発達によい影響を及ぼし、内臓機能をうながす効果があるとされています。ベビーマッサージ協会や日本インファントマッサージ協会、ロイヤルセラピスト協会などさまざまな団体が主催しているので、ママの目的に合ったものを探してみましょう。

中には通信講座で学び、在宅受験が可能なものもありますよ。ほかにも3日間の集中講座で取得できる資格もあるので、どれがママのニーズにあっているのか調べてみてくださいね。

育児中のママにおすすめの通信教育3選

費用が安く始めやすい「ユーキャン」

資格を取得したいけれど、子どもが小さいとスクールに通うのも難しいですよね。そこで便利なのが通信教育です。さまざまな通信教育がありますが、中でも「ユーキャン」は費用が安く、始めやすいのが魅力です。

趣味を深く学べる手軽な講座から、仕事に役立つ専門的な講座まで幅広くカバーされているので、ママの興味がある講座があるか探してみましょう。すでにご紹介した、医療系事務やMOSの講座もあるのでチェックしてみてくださいね。

外国語の講座も充実しているので、語学力を高めたいママにもおすすめですよ。まずはユーキャンのサイトで気になる講座がないか見てみましょう。サイトなら、キーワードで講座を検索できるので便利です。

ヒューマンアカデミー「たのまな」

ヒューマンアカデミー「たのまな」には275講座あるので、ママが「挑戦してみたい!」と思える講座がきっと見つかるはずです。すでにお話しした、ネイリストや保育士、MOSの講座などもありますよ。

講座を受講すると、日本全国にあるヒューマンアカデミーの校舎で毎月無料セミナーを受講することが可能です。業界の最新情報も入手できますし、通信だけでなく現場のプロの話を聞く機会もほしいと思うママにはおすすめの会社です。

また、資格取得後は就職や転職のサポートもあるので、資格を仕事に生かしたいママにもぴったりです。ヒューマンアカデミーの校舎で直接個別相談に乗ってもらうこともできるので、ぜひ利用してみてくださいね。

医療や保育に特化!ニチイ「まなびネット」

取得したい資格が医療や保育に決まっているママには、その分野に特化したニチイの「まなびネット」がよいでしょう。通信講座を運営しているニチイ学館は、日本全国約1400カ所で医療及び介護、保育関連の事業を展開しているので、資格取得後もニチイに就職できるチャンスが広がります。

また、現場での事情を反映した教材を作っているので、ニチイの教材を通じて学んだことがすぐ実践に生かしやすいと評判です。講座により、通信だけでできるものと通信と通学の両方が必要なものがあるのでサイトで確認してみましょう。

教室は全国で300カ所あるので、ママが通いやすい教室も見つかるはずです。無料体験説明会やイベントも行われているので、気になるものがあったら参加してみてもよいですね。

育児と資格の勉強を両立するには?

忙しくても意外とあるスキマ時間

毎日育児と家事に忙しくしていると、資格の勉強なんてする暇がないと思ってしまうかもしれません。確かに学生時代のようにまとまった時間を確保することは難しいでしょう。

子どもを夜寝かしつけた後になら、1~2時間の時間は確保できるかもしれませんが、ママも疲れてしまって夜は勉強に集中することが難しいと思います。ならば、スキマ時間を利用して勉強を進めてみましょう。どんなに忙しくても、1日の中に意外とスキマ時間ってあるものですよ。

・料理を煮込んでいる時間
・子どもが昼寝をしている時間
・洗濯機や食洗器を回している時間
・子どもが習い事をしている時間

など、まずは1日の生活リズムの中でどこにスキマ時間があるかを考えてみましょう。

スキマ時間を有効に使おう

スキマ時間が3分でもあれば、テキスト1ページでも読むことができます。5分あれば数ページ進めることができます。このように、1日のうち数回あるスキマ時間を有効利用して勉強を進めてみましょう。

単語カードに書き写してぱらぱら気軽にめくれるようにしておくと、スキマ時間でも勉強しやすくなりますよ。「今日はこの章を覚えよう」というように、その日どこまで勉強を進めるかという目標を設定すると、勉強意欲も湧いてきます。

平日は無理せずスキマ時間での勉強だけにし、週末などパパがお休みの日に子どものお世話をお願いして、少しまとまった時間をとり図書館などで勉強してもよいですね。睡眠時間を削って勉強するのもよいですが、体力的に続かなくなってしまうので注意しましょう。

時間を無駄にしない!ながら勉強のすすめ

自分時間を取ることが難しいママには、ながら勉強がおすすめです。料理をしながら、掃除をしながらなど、体を動かしながらも耳や目から覚えたい内容をインプットするように心がけましょう。

たとえばあまり聞きなれない専門用語がたくさんある場合、用語をカードや表に書いてキッチンやトイレの壁に貼っておくと、料理をしながら、トイレに入りながら用語を目にして覚えることができます。テキストをじっくり読む時間がない場合、テキスト内容を自分の声で読んだものを録音して、子どもとお出かけするときの移動時間などに聞けば、耳から覚えることができます。

このように工夫して、ながら勉強で進めていくのも一案ですよ。時間がないからと諦めずに挑戦してみましょう。

まとめ

今回は、育児中に取得してみたいママ向けの資格や、おすすめの通信教育、育児と資格の勉強を両立するためのコツなどについてお話ししましたが、いかがでしたか?育児と家事をこなしながら資格の勉強をするのは、ハードルが高いように感じてしまうかもしれません。

しかし、スキマ時間やながら勉強で勉強を進めることは可能ですし、最初から諦めるのはもったいないですよ。育児中に資格を取得しておけば、社会復帰を考えたときにも有利です。ときにはパパにも協力してもらい、希望の資格取得を目指してみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018