就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

断乳と卒乳はどっちがよいの?違いや母乳をスムーズにやめる方法

断乳と卒乳はどっちがよいの?違いや母乳をスムーズにやめる方法

昔よく言われた「断乳」と、最近よく聞く「卒乳」、いったいどちらがよいのでしょうか。今回はそろそろ母乳をやめようと考え始めたママに、スムーズにやめるための方法をご紹介します。「断乳」と「卒乳」の違い、メリットとデメリットを考えて、ママと子どもに最適な方法を見つけましょう。

断乳と卒乳の違いと適した時期を知ろう

「断乳」と「卒乳」の違いについて

「断乳」と「卒乳」のどちらがよいかを比較されることは多いです。迷うところですが、まずは違いを知ってから判断していきたいですね。基本的な断乳と卒乳の違いは、次のように考えられます。

・「断乳」
ママの意思で授「乳」を「断」つことです。少し前まで日本では一般的に、1歳前後で断乳するという考え方が主流でした。

・「卒乳」
子どもの意思で「乳」を飲むことを「卒」業することです。これはアメリカの母乳育児を参考に、日本でも徐々に浸透している方法です。

「卒乳」は、子どもが自然に飲まなくなるまで飲ませる「自然卒乳」と、子どもの意思を確認しながら親が計画を立てて自然とやめられるようにする「計画卒乳」に分けることができます。

断乳や卒乳を開始する時期の目安

断乳も卒乳も、子どもの成長や時期を確認しながら開始する必要があります。スムーズにやめるための目安をご紹介します。

まず大切なのが、子どもが食事から十分な栄養を摂れていることです。1日3回の離乳食と2回の補食を十分に食べていることが目安になります。

母乳以外からの水分摂取もポイントです。断乳や卒乳後は母乳から水分を摂取しなくなるので、コップやストローなどでしっかりと水分を摂取できるようになっている必要があります。

十分な運動能力が身についていることも大切です。昼間にしっかり遊んで体を動かせば、夜にぐっすり眠れるようになります。夜中に起きるとお乳を欲しがる子どもが多いので、昼間はしっかり体を動かすようにしましょう。

断乳や卒乳を避けたほうがよい時期

断乳や卒乳を避けたほうがよい時期もあります。

まずは入園や転園、引越しなどで、環境が変化する時期です。ガラリと環境が変わると、大人も子どもも緊張から不安を感じやすくなりますね。母乳には子どもの心を安定させる役割もあるので、環境の変化でストレスを感じるようなときには避けるようにしましょう。

ママや赤ちゃんの体調がすぐれないときも控えてください。とくに冬場は感染症の心配があり、子どもやママの体調が崩れやすくなるので注意が必要です。

汗をかいて水分が不足しがちな夏にも注意が必要です。母乳以外からの十分な水分摂取が難しいようなら、少し涼しくなってから、もしくはもっと水分が摂取できるようになってから始めてください。

子どもには断乳と卒乳のどっちがよいの?

「断乳」がもたらすメリットとデメリット

断乳と卒乳、どちらにするかを判断する前に、それぞれのメリットとデメリットを把握することが大切です。

まず断乳のメリットをご紹介します。断乳をすることで子どもは就寝時に起きにくくなったり夜泣きが減ったりする傾向があります。それにより睡眠の質がよくなり、ぐっすり眠るようになりますよ。

また母乳を飲まなくなった分、空腹が満たされないため、それまで離乳食を食べる量が少なかった子どもでも断乳後はしっかり食べるようになります。

一方デメリットでは、精神安定作用のある授乳をやめることで子どもの気持ちが不安定になり、ぐずりやすくなる恐れがあります。また、ママの母乳の出がよい場合は、乳腺炎などトラブルになる心配があるようです。

「卒乳」がもたらすメリットとデメリット

卒乳のメリットは、子どもが「おっぱいはもう十分」という満足の気持ちでやめるためスムーズに進めることができます。お乳も徐々に出る量が少なくなっているのでママのおっぱいトラブルが少なく、授乳期間が長いほうが乳がんのリスクが軽減するという研究結果も出ていますがすべてではありません。

また母乳の免疫物質の含有量は子どもの成長とともに下がっていくのですが、一般的に卒乳まで長期間母乳を飲んでいた子どもは病気にかかりにくく回復しやすいようです。

デメリットは少ないですが、あげるとすれば授乳期間に決まった終わりがないことです。また2〜3歳ごろまで授乳していると、子育て中に断乳が普通であった年配者から断乳を促されることがあり、いやな思いをすることが考えられます。

どっちがよいかはママの判断でOK

周りの人から、卒乳か断乳をすすめられることがありますね。とくに子育て経験のあるおばあちゃん世代からは「こうした方がよいよ!」と熱心に言われることが少なくないようです。

断乳か卒乳かを選ぶことは、ママの体、また大切な子どもの成長に関わることです。そのためメリットとデメリットを知ったうえで、ママが自信を持って判断をしてください。

自分の状況を客観的に見て判断することも大切です。例えば子どもの夜泣きがひどい、保育園に預ける予定があるなどの場合は、断乳の判断をするきっかけになるかもしれませんね。

また赤ちゃんがお乳を飲みたがっている、ママが2歳以降でも授乳を続ける意思がある場合は、卒乳を判断してもよいかもしれません。

断乳と卒乳をスムーズに行うために

断乳をスムーズに進めるには事前準備がカギ

断乳をスムーズに行う前に、ママと子どもの体調や気持ちを考えながら1週間から1カ月かけて事前準備をしましょう。

準備期間の間に1日の授乳回数や1回の授乳時間を徐々に減らしていきます。それにともない湯冷ましや麦茶をストローやコップで飲む練習をし、母乳以外から水分補給ができるようにしておきましょう。

授乳量が減ったことでぐずったときは、一緒に遊んだり散歩したりして気分を紛らわせます。また授乳しながら寝かしつけをしている場合は、それ以外の寝かしつけを習慣づけておきましょう。

断乳当日に「おっぱいバイバイ」と話しながら最後の授乳を済ませたら、以後は欲しがってもあげません。その代わりしっかり遊んだり抱きしめたりして安心させてあげましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj