就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ダサいパパをおしゃれにしたい!今からできる素敵パパ大改造への道

ダサいパパをおしゃれにしたい!今からできる素敵パパ大改造への道

家族でお出かけすると、よその家族のパパを見て「素敵だな、それに比べてうちは…」などと思ってしまうことありませんか?あきらめる前に、パパをおしゃれに変身させてみましょう。そこで今回は、見落としがちなパパのNGファッションや素敵なパパに変身させるための工夫などについてお話しします。

おしゃれなパパは誰から見ても好印象

子どもにとっては「浮いていない」が大切

公園などでおしゃれなパパを見かけると「どこがうちのパパと違うんだろう」と、思わず観察してしまうことがありますよね。周りから「◯◯くんのパパっておしゃれだね」といわれれば子どもも鼻高々ですし、ママもパパが褒められると嬉しく感じますよね。

パパがおしゃれをするとなると、ブランド品や流行りのファッションなどで身を固めてしまうこともあるかもしれませんが、子どもにとっては周りから見て「浮いていない」ことが一番大切です。

たとえばパパだけを見ると、実はとてもおしゃれにしていても、周りから浮いてしまうと「◯◯ちゃんのパパって目立つね」と友だちからいわれてしまい、子どもが恥ずかしく感じるかもしれません。あまり目立たないようにすることも大切ですよ。

ママが重視しているのは清潔感とこなれ感

目立ちすぎないおしゃれというと、ハードルが高く感じるかもしれません。ママが重視しているのは、おしゃれなパパがどんなブランドアイテムを身につけているかということよりも、清潔感とこなれ感です。

高級品を買わなくても、清潔感とこなれ感ならプチプラブランドでも演出することができるので、気軽にチャレンジすることができます。

清潔感を出すなら、白いTシャツやシャツがおすすめです。白い服は、公園に着ていくと汚れてしまうので避けることの多い色ですが、プチプラブランドなら安心して着られますね。

柄物なら、ボーダー柄やチェック柄は清潔感があります。ほかのアイテムとどのように組み合わせたらよいのか悩んだら、お店のマネキンのコーデを真似してみるとわかりやすいですよ。

親子コーデはほかのパパから一目置かれる

親子で同じようなアイテムを使ったコーデにすると、リンクコーデになり、ほかのパパからも一目置かれるかもしれません。たとえば白いTシャツに黒い半ズボン、黒いスニーカーというようにアイテムとその色を揃えるだけで、親子コーデになります。

まったく同じブランドで揃える必要もなく、色や形を揃えるだけなので、すでに持っている服で簡単にチャレンジすることができますよ。パパと子どものコーデが揃っていると「あの親子はさりげないおしゃれが上手」と思ってもらえるかもしれません。

仲よし親子にみせることができるので、子どもの友だちから羨ましがられるかもしれませんね。子どもが大きくなるとリンクコーデは嫌がることもあるので、楽しめるのは今のうちです。

見落としがちなパパのNGファッション

「ブランド物イコールおしゃれ」ではない

パパのおしゃれコーデを考えたとき、「◯◯ブランドのシャツにズボンじゃないとおしゃれに見えない」と思うこともあるかもしれません。しかし「ブランド物イコールおしゃれ」とは限らないので要注意です。

むしろブランド物のアイテムは、ブランドの個性を主張しすぎてしまい、さりげないおしゃれやこなれ感を演出するのが難しくなります。その点、手ごろなプチプラブランドなら、悪目立ちしてしまったり、堅苦しい印象になったりするのを避けることができますよ。

プチプラブランドだと、ほかのパパとアイテムがかぶってしまうこともあるかもしれませんが、その分、万人受けする、目立ちすぎないおしゃれを楽しむことができますよ。着こなしに悩んだら、お店の店員に相談してみるのも一案です。

靴などの小物の手入れをさぼらないで!

せっかくおしゃれにしていても、靴がすりきれて汚れていたり、持っているバッグが古びていたりすると台無しです。コーデはそのとき着ている服だけでなく、靴やバッグの小物を含めた全体の印象が大切です。

ママたちは無意識のうちに、パパのファッションのちょっとした細部にまで目を走らせてチェックしていることが多いので、小物の手入れをさぼらないようにしましょう。はき慣れたスニーカーをはくのは構いませんが、ソールが泥などで汚れていないか気をつけるようにしたいですね。

さらにいつも使っているバッグなどは、バッグの角が擦り切れて穴が開いていないか、汚れていないかなどチェックするように心がけましょう。ちょっとした小物の手入れで清潔感もアップしますよ。

体型を隠そうとするとかえって目立つ

子育て世代になると、パパも独身時代に比べて体型が気になってくることも多いと思います。しかし体型を隠そうとしてゆったりとしたサイズの服を選ぶと、かえってボリュームアップして目立ってしまいます。

お腹まわりが気になる場合は、あえて下半身はすっきりとスリムなシルエットのボトムスにし、トップスに少し余裕を持たせると、全体的にメリハリが出て体型が気になりません。

ボトムスを選ぶときは、ぴったりと足に張りつくぐらいだと、逆に足の肉感を拾って窮屈な印象になるので注意しましょう。

ゆるすぎず、きつすぎないほどよいサイズ感のボトムスを探したいですね。伸縮性のある生地なら、スリムなデザインでも快適にはきこなすことができますよ。

ちょっとした工夫で素敵なパパに大変身

全体のカラーバランスを意識しよう

おしゃれなパパとそうではないパパの違いって、実はカラーバランスに隠れていることがあります。いつも着ている服と同じようなアイテムでも、全体のカラーバランスを意識するだけで一気におしゃれ度がアップしますよ。

まず、目立ちすぎないためにも、トップスとボトムスは同系色で揃えて、全体的に統一感を演出するように心がけましょう。アースカラーやモノトーンなら簡単にそろえることができるのでおすすめです。

同系色で揃えるときは、ボトムスを濃いめの色にするとスタイルアップしてみえますよ。もしくはトップスとボトムスが似たような色合いの場合、トップスをストライプやボーダーなどにしてみるとバランスよくコーデできるので、試してみてくださいね。

ベルトや靴で差し色を取り入れてみて

コーデを同系色でまとめると統一感は出るのですが、どこかぼやけた印象になってしまうこともあります。そんなときは、ベルトや靴などの小物で差し色を取り入れてみるのもよいでしょう。

全体のコーデのどこかに、ぱっとアクセントになる色を1~2色使うだけで、一気に粋な印象を与えるコーデにすることができますよ。2色以上使うと、全体的に騒がしい印象のコーデになってしまうので注意しましょう。

身長にコンプレックスがあるパパの場合は、帽子や襟元など上半身に差し色を取り入れるのがよいですね。視線が上半身に集まるので、身長が気にならなくなります。

差し色を取り入れるときは、トップスやボトムスと相性のよい色を取り入れるように心がけましょう。

ヘアチェンジや体型改革もおしゃれの一歩

「ファッションに気をつけても、なぜだかおしゃれになりきれない」と感じる場合は、ヘアチェンジや体型改革もおしゃれの一歩です。

特に夏になると、半袖やハーフパンツなど、パパの体も露出して目につきやすくなります。目につきやすいパーツを鍛えるだけでも見た目の印象が変わってきますよ。

たとえば子どもを高い高いのポジションにまで持ち上げ、腕が90度になるように維持するだけでも腕の筋肉を鍛えることができます。もしくは公園のうんていで子どもとぶら下がって遊ぶのもよいですね。パパにとっては腕の筋トレになります。

おしゃれの一部である髪型を変えてみるのも一案です。襟足の毛は短く、前髪は目にかからない長さまでにするなど、清潔感のある髪型にしてみましょう。

まとめ

今回は、見落としがちなパパのNGファッションや、ちょっとした工夫でパパを素敵にする方法などご紹介しましたが、いかがでしたか?おしゃれなパパは、誰から見ても好印象ですし、パパがおしゃれだと子どもはもちろん、ママも嬉しいですよね。

NGファッションは避けるように心がけ、全体のカラーバランスや差し色に気をつけてコーデを考えるようにしましょう。さらに子どもと公園で遊びながら筋力アップトレーニングをすれば、子どもが自慢したくなるパパになれますよ。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj