就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの夏用帽子を準備しよう!選ぶポイントや簡単な作り方を紹介

子どもの夏用帽子を準備しよう!選ぶポイントや簡単な作り方を紹介

子どもにとって日差しの強い夏は帽子が必需品です。子どもの帽子が色々とある中で、夏にはどんな帽子を選んだらよいのでしょうか?子どもの帽子の適正サイズや選ぶポイント、おすすめの帽子、簡単な作り方を紹介します。帽子をしっかりとかぶって、日焼けや熱射病を防ぎましょう。

夏用帽子の適正サイズ・選ぶポイント

子どもの帽子のサイズは?

子どもの帽子は月齢や年齢でおおよそのサイズが示されています。頭の大きさは、額の中央部から耳のつけ根(指2本分上あたり)を通り、後頭部の少し下がった位置を通った円周の長さを測るのです。その長さに1~2cm足した長さが帽子のサイズになります。

月齢別のサイズとしては、0~3カ月が40~42cm、3~6カ月が42~44cm、6カ月~1歳が44~46cm、1歳~1歳半が46~48cm、1歳半~2歳が48~50cm、2歳~4歳が50~52cm、4歳~6歳が52~54cmになります。

子どもによって頭の大きさはそれぞれで違いますし、あくまでもサイズは目安になりますので、帽子は実際にかぶってから買うことをおすすめします。

夏用帽子を選ぶポイントは?

夏は直射日光や紫外線が強く、暑いので汗をかきますよね。そのため、夏は日差しや紫外線を防いでくれて、汗をかきにくくするために通気性がよい帽子を選びましょう。

具体的には、帽子のツバが広ければ、日差しや紫外線をカットしてくれますので、日に焼けにくく、暑さを防ぐことができます。帽子の生地にUVカット機能がついているとさらに紫外線を防ぐことができますね。

帽子がメッシュ素材や綿素材であれば、通気性がよく汗を少しはおさえることができます。夏は汗をかきやすいため、帽子がすぐに洗えると清潔に帽子を保つことができますね。

また、帽子に顎ひもやゴムがついていると、風で飛びにくく、安心して遊ぶことができますね。

子どもが帽子を嫌がるときはどうする?

子どもが喜んで帽子をかぶってくれたらよいのですが、どうしても嫌がってかぶってくれなくて困ったことはありませんか?子どもが帽子をかぶるのを嫌がるのには、いくつかの理由が考えられます。

まずは、帽子の素材です。帽子をかぶるとチクチクしたり、蒸れるのが嫌だったり。ほかには、帽子自体が気に入らない、視界が遮られるのが嫌、よくわからないけど嫌ということもあるでしょう。

そのようなときは、子どもに好きな帽子を選んでもらったり、帽子をかぶったら外で遊ぶという習慣を作ったり、帽子をかぶったら褒めてあげたりしてみましょう。無理にかぶせようとすると、より一層嫌がることもありますので、嫌がるときは一旦時間をおくのもよいですね。

子どもの夏用帽子を手作りしてみよう

男の子におすすめ帽子の作り方

男の子におすすめの帽子は頭にフィットしやすい「ベースボールキャップ」です。用意する材料は帽子の表布、内側になる裏布、つばを補強するポリ芯になり、すべて1,000円ほどで手芸店で揃います。

まずは、帽子のつばと本体の型紙を手芸サイトや手芸店で用意します。つばは表布2枚とポリ芯1枚の同じ形のパーツを、本体は表布と裏布を6枚ずつ同じ形のパーツを作ります。

本体の表布を中表にして2枚ずつ縫っていき、6枚すべてを縫い合わせます。ここで頭にかぶる本体ができますね。裏布も同じように6枚縫い合わせます。

最後につばを中表で縫ってから表に返してポリ芯を入れて強くします。各パーツが完成したら帽子に仕立てます。子どもの好きな布で作ったら大喜びですね。

女の子におすすめ帽子の作り方

女の子には可愛い「チューリップハット」はどうでしょうか?用意する材料は表布と裏布になります。型紙は手芸サイトの無料型紙や、手芸屋でも手に入れることもできます。

型紙を当てて表布6枚、裏布6枚のパーツを作ります。表布を中表に合わせて縫い、同じように縫っていって3枚ずつのパーツを2枚作ります。そのパーツを縫い合わせて帽子の形に作るのです。

裏布も同じように作り、表布と裏布を中表にして返し口を残して縫い合わせ、ひっくり返します。最後に返し口を縫い合わせ、帽子の頭のてっぺんを縫いとめたら完成です。

曲線を縫うのは難しいかもしれませんが、同じ工程の繰り返しが多いので、作りやすいですよ。世界に一つだけの帽子を作ってあげてくださいね。

ペーパーヤーンで夏用帽子の編み方

100円均一の店でも売っているペーパーヤーンという素材を知っていますか?帽子を編むと麦わら帽子のようになります。子ども用であれば3玉で作られますので安くできておすすめです。縫物は苦手だけど編み物ならできる、というママによいですね。

作り方は、6号針で輪の作り目で編み始めます。輪の中に細編みを6目編み、2段目から12段までは段ごとに6目増やしていき最終的に72目にします。ここで帽子の上の丸い部分ができます。

13段から20段までは増し目なく編み進め、帽子の側面を編みます。21段から26段は段ごとに6目増して最終的に96目にしてつばになる部分を編むのです。帽子の形になったら、外側にリボンや内側に汗止めテープをつけてもよいですね。

子どもの夏帽子をネットで購入しよう

男の子におすすめの夏帽子

お店に行って実際に帽子をかぶってみて買うのが一番よいのですが、近くにお店がなかったり、なかなか外に出にくかったりすることもありますので、ネットで購入するのもよいですね。

男の子には、通気性がよくカジュアルな服装にも合わせやすい「メッシュキャップ」はどうでしょうか?色や柄のバリエーションがありますし、1,000円程で買えるのがうれしいですね。

そのほかには「サファリハット」はどうでしょう。サファリハットは後ろにもつばがありますので日差しが防ぎやすく、色や柄も色々な種類がありますので、子どもと一緒に好きなものを選んでもらうのもよいですね。綿素材でできていますので、洗濯が簡単にできるのも特長です。

女の子におすすめの夏帽子

女の子は早い子で2歳ぐらいから自分の好きなものを主張するようになります。そして、おしゃれにも敏感です。ママが決めるよりも、子どもと相談しながら決める方がすすんでかぶってくれるかもしれません。

そんなおしゃれな女の子には「麦わら帽子」はどうでしょう。夏にしかかぶれない帽子ですし、つばが360度ついて日よけもしてくれ、体感する温度を下げてくれる機能もあります。飾りもリボンやフリンジなど色々とありますから好きなものが選べるのがうれしいですね。

そのほかに「リバーシブルハット」はどうですか?幅が広いと日よけをしてくれますし、一つの帽子で2種類の模様を楽しめるのも女の子にはうれしいですね。色々な色や柄、飾りがついたものがありますよ。

熱中症対策にはUVカット帽子

気温が高くなって皮膚温度が高まり、体の中の温度調整がうまくできないと熱中症を発症してしまいます。日差しから頭を守り、体の温度を上げ過ぎないために帽子はとても大切です。

多くある帽子の中でもUVカット帽子を有効に利用すると熱中症対策にもなります。UVカット帽子には、生地にUVカットの薬剤を吹きかけたもの、繊維にUVカットの成分を織りこんでいるものの2種類あります。

生地が濃い色の方が淡い色よりも紫外線は通りにくいですが、濃い色は熱を吸収しやすいため、淡い色でUVカット機能の帽子がおすすめです。色々なブランドから発売されていますので、キャップ型やハット型などの形や、色や柄なども好みのものを選びましょう。

まとめ

夏でも子どもが大好きな外遊びが思いっきりできるように、子どもの頭より1~2cm大きめで、UVカット機能がついて通気性がよく、簡単に洗える素材の夏用帽子を準備したいですね。夏用帽子をかぶったらきっと日差しや紫外線や熱中症から子どもを守ってくれるでしょう。

検索すればすごい数の子どもの夏帽子が出てきますが、子どもと楽しみながらお気に入りの一つをみつけられるとよいですね。ママが手作りしても、きっと大喜びでかぶってくれますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018