就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬場に適した赤ちゃんの服装!屋内外の肌着や服装の選び方やポイント

冬場に適した赤ちゃんの服装!屋内外の肌着や服装の選び方やポイント

屋内と屋外の気温差が激しい冬の季節は、赤ちゃんの服装選びは悩みますよね。寒い冬でも、赤ちゃんには快適に過ごしてほしいものです。そこで、冬場に着る赤ちゃんの肌着や服装の選び方をご紹介します。合わせて、寝るときの服装もご紹介するので、服装選びの参考にしてください。

冬場、赤ちゃんに着せる服選びのポイント

外出時は汗をかいてもいいような準備が必須

赤ちゃんは新陳代謝がとても活発で、汗っかきです。体温調節も苦手な赤ちゃんは、冬でも服などで体温の調節をしてあげることが大切です。

冬の寒い日にはついつい厚着をさせてしまいたくなりますよね。でも、赤ちゃんは私たち大人よりも1枚くらい少ないくらいが、ちょうどよいのです。

特に冬の季節は室内と屋外の温度差が大きく、室内で汗をかいたまま外に出てしまうと体が冷えて風邪などで体調を崩す原因になってしまいます。

ですから、外出先で汗をかいてしまったときのために、短肌着やコンビ肌着を少し多めに準備をしておきましょう。また、大きめのフェイスタオルがあると、外出先で赤ちゃんが汗をかいたときにサッと拭くことができて便利ですよ。

薄い服を何枚か重ねよう

赤ちゃんの冬服選びのポイントは、薄手の服を何枚か重ねて着せることです。薄手の服を何枚か重ねて着ることで、服と服の間に空気の層ができて保温効果が高まります。

暖房などで暖かなお部屋にいるときには、大人と同じような厚着はいりません。特に、授乳のときや寝ているときには、赤ちゃんは汗をたくさんかきます。厚着していると汗をかいてやがて冷えてしまい、風邪の原因になってしまいます。

また、外出のときにベビーカーに乗っている赤ちゃんに毛布やビニール製のカバーをすると、熱がこもって赤ちゃんにとっては暑すぎるかもしれないので気をつけましょう。

部屋の中と屋外に出たときなど、場所や気温に応じて簡単に脱いだり着たりできる服を選んであげましょう。

軽くて暖かい素材を選ぼう

赤ちゃんの冬服は、軽くて暖かな素材の服を選んであげましょう。また、デリケートな赤ちゃんの肌を優しく包み込んでくれる刺激の少ない素材の服を選ぶことも大切です。

ウールのセーターは暖かさは抜群ですが、赤ちゃんにとっては重くて負担になることがあります。もしウールの冬服を着せたいときには、ベストなど袖のない服にするとよいですよ。

赤ちゃんの肌着で最もおすすめなのが綿100%のものです。綿は肌触りがよく、吸湿性や通気性に優れた素材です。お洗濯にも強いのも、おすすめの理由の一つです。

綿素材の肌着であれば、その上からウールや化繊の服を着せても大丈夫です。軽くて暖かな素材の服を選んで、暑がりな赤ちゃんでも冬を快適に過ごせるようにしてあげましょう。

赤ちゃんの冬場の肌着!屋内外での選び方

赤ちゃんの肌着の種類を知ろう

赤ちゃんの冬服を選ぶ上で一番大切なのが肌着です。気温や室温に合わせて選んであげましょう。

赤ちゃんの肌着は、主に4種類あります。よく使うものは5~6枚ほど用意をしておいた方がよいでしょう。

1.短肌着
最も基本となる肌着で、丈は腰まであります。綿素材のものが多く、汗を吸い取る役目をしています。

2.長肌着
短肌着の丈を長くした肌着で、スカートのような形をしています。おむつ替えの多い新生児に便利です。

3.コンビ肌着
長肌着のような形をしていて、裾が分かれていてホックが付いている肌着です。足が活発に動くようになってきても肌着がはだけなくて便利です。

4.ボディスーツ
股の部分にホックがある肌着で、赤ちゃんが活発に動くようになった頃に活躍します。

冬場に選びたい肌着「屋内編」

冬場のお部屋の中はとても暖かく、お出かけしたままの服装でいると汗をかきすぎてしまいます。風邪やあせもの原因になってしまうので、厚着をさせないようにしてください。

お部屋の中では、短肌着の上に長肌着やコンビ肌着を重ねて着せてあげるとよいでしょう。その上に着る上着は薄手のもので構いません。

大切なことは、こまめに赤ちゃんの汗のかき具合をチェックすることです。赤ちゃんの背中に手を入れて、汗が出ているようであれば暑すぎです。肌着を交換してあげてください。

室内であっても、肌着を交換するときには汗もきちんと拭き取ってくださいね。

赤ちゃんが寝ているようなときには、薄手の掛け布団を何枚か重ねてあげてください。枚数を変えることで温度調節が簡単にできます。

冬場に選びたい肌着「屋外編」

赤ちゃんとお出かけのときには、温度調節ができる服装にしてあげることが大切です。お出かけの地域や当日の天候にもよりますが、基本的には部屋での服装に1枚プラスする程度にして、防寒グッズを用意しておけば大丈夫です。

特に肌寒い日には、短肌着の上にコンビ肌着を重ね着し、その上に服を着せてあげましょう。さらに冷え込んできたら、アウターを着せてあげてください。

寒い日の肌着には、少し厚めのスムースやパイル生地のコンビ肌着を選んであげるとよいですよ。通気性はあまりよくはありませんが保温効果が高く、吸水性にも優れています。

また、タイツや靴下なども厚めのものを選んであげましょう。冬場の寒い日のお出かけでは、足元を冷やさないようにすることがポイントです。

赤ちゃんの寝るときや屋内外での冬場の服装

屋内は赤ちゃんの月齢によって変えよう

赤ちゃんの冬服は、住んでいる地域や赤ちゃんの月齢によって違ってきます。着やすさと赤ちゃんの成長に合わせて選んであげましょう。

新生児の赤ちゃんは、屋内では短肌着とコンビ肌着や長肌着、ベビードレスが基本です。室内の温度に合わせて、ベストなどを組み合わせましょう。

生後3カ月頃の赤ちゃんは、屋内ではコンビ肌着か長肌着にカバーオールやベストの重ね着がおすすめです。

生後6カ月頃の赤ちゃんは、ボディスーツに、カバーオールまたはトップスとボトムの重ね着が基本です。部屋の温度によってはカーディガンなどをプラスしてみてください。

冬は洗濯物が乾きにくいので、屋内で着る服は少し多めに用意をしておくとよいでしょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND