就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

小学校入学前に読ませてあげたい絵本。選び方とおすすめの絵本

小学校入学前に読ませてあげたい絵本。選び方とおすすめの絵本

文字がスラスラ読める子どもが増える年長さんは、春からの小学校生活が楽しみであり、不安も感じているでしょう。その不安を解消し入学が待ち遠しくなるような絵本や、小学校でのお友だちとのかかわりを大切にできる、優しい気持ちを育む素敵な絵本を紹介します。

小学校入学前の子どもに絵本を選ぶポイント

主人公の気持ちに寄り添える年齢に

来年は小学校に入学で、幼児期の卒業ともいえる6歳の子どもたちは、生活のリズムも決まり自分の支度が自分でできるようになる子どもが増えます。お友だちとのかかわりも、自分中心の考え方や遊びから、ほかの人の気持ちを察することが徐々にできるようになります。

文字に興味を持ち、自分で絵本を読めるようになる子どもも多くなり、1人で静かに本を読むことができる姿も見られるでしょう。物語を深く理解し、主人公の気持ちになって考えることもできるようになってきます。

今までの読書経験や好き嫌いから、子どもたちがチョイスする絵本のジャンルは人それぞれですが、ダジャレやクイズ形式の絵本や、主人公に共感できるような内容の物語に人気があるようです。

無理強いは禁物。子どもの気持ちを尊重して

小学校に入学すると国語の授業や読書の時間など、挿絵が少ない本に触れる機会が増えます。そのときになって読書嫌いで困らないようにするために、幼児期からなるべくたくさんの読書をするとよいでしょう。

読書は感受性を豊かにし、言葉の使い方が上手になるといわれています。誰かに読んでもらう物語も楽しいものですが、自分で不自由なく読めるようになると本の種類も物語の世界もぐっと広がり、ますます楽しさが増すのです。
 
でも、中には本を読むことがどうしても苦手な子どももいますから、小学校への準備と力を入れるあまりに無理に本を読ませることは避けましょう。子どもがもっと読みたい、と自然に思えるような絵本選びができたら大成功ですね。

絵本のジャンルが偏らないように注意しよう

絵本を1人で読めるようになると、好きな物語のシリーズや、同じようなジャンルの本ばかりに偏りがちになります。特に迷路やクイズの本は人気があり、たくさんの種類があるので多くの子どもたちは夢中になるでしょう。

そんなとき、ママやパパのおすすめ絵本を混ぜてあげるとよいですね。図書館を利用すれば、様々なジャンルの絵本を選ぶことができてとても便利ですし、難しそうなお話やこれは少し無理かな?と思えるような今までの好みとはまったく違うジャンルの本も気軽に試すことができます。

また、せっかくの機会ですから、小学校への入学が楽しみになるような絵本やお友だち付き合いが上手になるような絵本をすすめてあげるとよいでしょう。

小学校入学が楽しみになる絵本3選

早く欲しいな【さくらいろのランドセル】

仲よしのらんちゃんとさなちゃんが、公園でブランコをしている場面からこの絵本は始まります。桜のつぼみを見た二人は、桜色のランドセルをお揃いで買ってもらおうと約束をするのです。

でも、さなちゃんの家にはおばあちゃんからプレゼントされた、リンゴのように赤いランドセルが届きます。らんちゃんとの桜色のランドセルの約束を思い、さなちゃんは買ってもらったランドセルのことをいい出せません…。

ランドセルを選ぶことは、子どもたちはもちろんパパやママ、祖父母にとっても入学前の大きな楽しみの一つです。しかしこの本では嬉しい気持ちと、お友達との約束とおばあちゃんへの思いやりから揺れる子どもの気持ちを描いています。子どもたちの優しい気持ちに共感する一冊です。

入学までを描いた【一年生になるんだもん】

アニメ映画化もされた「魔女の宅急便」で有名な角野栄子さんの絵本です。1ページにいくつもの挿絵と対話文が続き、リズミカルにお話が進みます。

絵本の内容は、6歳のさっちゃんが入学前健診を受け、ランドセルや手提げバッグ、文房具などの持ち物の用意をし、入学式を迎えるまでのストーリーです。どのページをめくっても、1年生を心待ちにしているさっちゃんの様子がかわいらしく描かれていて、読んでいる子どもたちは自然とさっちゃんの気持ちに共感し、さっちゃんと一緒にワクワクするでしょう。

さっちゃんと一緒に絵本の中で入学準備をすることで、読み手の子どもたちは1年生になるイメージを強め、新生活への不安を解消することができるでしょう。

学校が楽しみに【いちねんせいのいちにち】

題名どおり、1年生の1日を描いた絵本です。1年生の1日は、朝の集団登校からスタートします。朝の準備、1時間目の算数、2時間目の国語、そして図工、体育と授業が続き、その合間の休み時間や昼休み、給食の時間までもが丁寧に描かれています。

優しい担任の先生と子どもたちとの授業中の会話も工夫されていて、具体的な勉強の内容も容易に想像できるでしょう。休み時間や給食の時間もとても楽しそうで、それぞれの場面や登場する子どもたちが何をしているか、親子で当てっこをしながら読むこともできますね。

登場人物1人ひとりがとても生き生きと描かれていて、絵本を読んだ子どもたちに、1年生になることが待ち遠しいと思わせることができる1冊でしょう。

お友達への思いやりを学べる絵本3選

卒園してもずっと【みんなともだち】

卒園式の歌として定番になった「みんなともだち」は、この絵本の作者 中川ひろたかさんによって作詞・作曲されたものです。『みんなともだち ずっとずっとともだち おとなになっても ずっとともだち』という歌詞は、誰にでも聞き覚えがあるのではないでしょうか。

この絵本は「ピーマン村の絵本」シリーズの1冊、卒園式がテーマです。卒園式を迎え、歌やお絵描き、お散歩、プール、運動会や遠足などの場面を思い出しながら、園長先生や担任の先生が涙を流して手を振っています。

『みんないっしょに おおきくなった』というフレーズには、きっと一緒に読むママの方がグッと胸に染みるでしょう。色々な楽しいできごとを思い出して、ぜひとも親子で読んでみてください。

つながる思いやり【しんせつなともだち】

小学校に入学すると集団生活の中にもより高い規律が求められ、お友だちとの関係も今まで以上に濃くなります。特定の仲よしとだけ一緒に過ごすのではなく、他人を思いやる気持ちや協調性が求められるようになるのです。

この絵本は、雪が積もった寒い冬の日に食べ物を探しに出かけたウサギがカブを二つ見つけ、その一つを同じように食べ物を探しているであろう友だちに分けてあげるお話です。ウサギ・ロバ・ヤギ・小鹿と優しい気持ちがつながり、最後にカブはウサギのもとに戻ってきます。

食べ物を見つけることが難しい寒い冬に、見つけた食べ物を独り占めせず、友だちを思い分けてあげようとする親切心に、絵本を読む子どもたちは素直に共感するでしょう。

違いを知り認める【どんなかんじかなあ】

「一人一人、みんな違う」ということは当たり前のように思えるけれど、実際にはどう違うのだろう、と読み手を深く考えさせる本です。大人も子どもも、胸に何かが残るでしょう。

主人公のひろくんは、友だちの目が見えないまりちゃんや、耳が聞こえないさのくんのことを考えます。どんな感じがするのか想像することによって、友だちのすごいところを発見するのです。

この本は、一人一人違う面を理解するために「どんな感じかなあ」と相手の気持ちや立場になってみることを教えてくれています。優しさ、親切心とともに身に着けたい思いやりの心を育む良質な絵本です。
 実際に体験しながらの読み聞かせにもピッタリなので、親子で一緒に読むにもよいでしょう。

まとめ

小学校入学前の年長さんにおすすめの絵本を6冊紹介しました。卒園で仲よしの友だちと離れてしまうさみしい気持ち、小学校の毎日はどんなだろうという不安を抱える子どもたちに、ぜひ読んであげてください。

ネガティブな気持ちをこれらの絵本が解消し、ランドセルを買ってもらったときのワクワクするような気持ちを、入学後もずっと持ち続けられるとよいですね。

また、小学校という新しい環境で、新しいお友だちとも仲よく思いやりをもって接することができるよう、絵本を通じて心を育んでいけたら素敵ですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018