就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

紙おむつって安全なの?安全基準やオーガニックブランドを紹介

紙おむつって安全なの?安全基準やオーガニックブランドを紹介

毎日使う紙おむつですが、そもそも安全なものなのか、気になるママも多いでしょう。赤ちゃんの肌に直接触れるものですので、安全性がしっかり確認されているものを使いたいですよね。ここでは、紙おむつの安全性や、オーガニック紙おむつについてなど、赤ちゃんのおむつ事情を詳しく解説します。

紙おむつの安全性に関する疑問!

そもそも紙おむつに安全基準はあるの?

紙おむつの安全性について気になるのは、紙おむつに使用されている材料について、ではないでしょうか。紙おむつや生理用ナプキンなどには、水分を吸収するために高分子吸収材というものが使われます。

高分子吸収剤には安全基準があり、試験をして基準を満たしたものが使用されていますので、心配いりません。安全性が調べられる項目は、皮膚に付着した場合の刺激性やアレルギー性、誤って食べてしまった際の毒性、などです。

また、高分子吸収剤は、紙おむつを破かない限り、外にでることはありません。万が一破いてしまうと、未使用であれば粉末、使用済みであればゼリー状の小さな粒状ですが、どちらの状態で触れても、肌への影響はありません。

誤って食べてしまったり目に入ったときは?

安全性が確認されているといっても、高分子吸収剤を誤って食べてしまったり、目に入れたりしてしまったときは、どう対処すればよいのか気になりますよね。誤って飲み込んでしまった場合は、体には吸収されず、排せつによって体外にでますので、心配いりません。

ただし、大量に食べてしまって、喉につまらせたり、むせたりしそうなときは、口のなかに残っているものをかき出し、念のため受診すると安心です。目に入ってしまった場合は、目の粘膜を傷つけてしまう恐れがありますので、こすらずに目を洗眼しましょう。

未使用時の粉末状の方が、目に入れたままこすってしまうと傷つきやすいので注意してください。洗眼した後は、念のため眼科を受診するとよいでしょう。

経皮毒が心配ならオーガニックおむつがある

日本の紙おむつに使われている化学物質は安全基準を満たしていますが、経皮毒が気になるママも多いようです。経皮毒とは、普段使っている製品を通じて、皮膚から有害な化学物質が体内に吸収される、という考え方のことです。

経皮毒については、科学的には証明されていないため、過度に心配をする必要はないといわれています。しかし、安心だといわれても、なるべく安全なものを選びたい、というママも多いことでしょう。

より安全なものを使用したい場合は、化学物質を極力排除しているオーガニックおむつがおすすめです。海外製のものが多く、それぞれの製品に個性がありますが、すべての商品が体に優しい素材を使って作られています。

お肌が敏感な赤ちゃんにも安心して使うことができますよ。

安全なオーガニック紙おむつのブランドは?

アメリカ発「セブンスジェネレーションズ」

「セブンスジェネレーションズ」のオーガニック紙おむつは、環境にも赤ちゃんの肌にも優しい紙おむつです。赤ちゃんの敏感肌やアトピー、おむつかぶれなどに悩むママが多く使用しています。

無添加仕様で、吸収剤は化学物質を使用せず、天然由来の吸収性ポリマーが使用されています。また、普通の紙おむつは塩素などの強アルカリ性の薬品を使って漂白しますが、この紙おむつは肌への影響を考慮して無漂白で作られています。

そのため、紙本来の自然な茶色をしているのが特徴です。普通の紙おむつと比べたときの大きな違いは、おむつの持ちです。

天然の吸収剤が使われているため、一度濡れると取り換える必要があり、少し手間がかかります。しかし、安全面を優先して使用するママが多いようですよ。

デンマーク発「バンボネイチャー」

デンマーク発の「バンボネイチャー」は、塩素、石油、香料、重金属などの物質を一切含まない紙おむつです。そして、天然木材パルプが主原料となるので、使用後は土に還るように環境にも優しく作られています。

無漂白ではありませんが、漂白方法に低音酸素漂白技術という技術が使用されていて、化学物質がより多く除去されるように配慮されています。オーガニックおむつのなかでは肌触りが柔らかくて吸水性がよく、デザインも可愛いのでとても人気があります。

ただし、普通の紙おむつと比べると値段が少し高めで、1号(2~4kg用)28枚入り、2号(3~6kg用)30枚入りで、それぞれ2,900円(税別)です。そのため、普通のおむつや布おむつと使い分けて使用するママが多いようです。

日本でもオーガニックおむつが登場

オーガニックおむつは海外商品が多いですが、日本でもムーニーからオーガニックおむつが登場しました。名前は「ナチュラルムーニー」です。

100%オーガニックではなく、赤ちゃんの肌が触れる表面のシートが、オーガニックコットンでできています。そのため、吸収剤などには石油系の成分が配合されています。

完全にオーガニックにしたい!というママには物足りないかもしれませんが、少しでも肌に優しいものを使いたい、試しにオーガニックを使ってみたい、というママには使いやすいおむつですよ。

値段は海外のオーガニックおむつと比べると安く、1枚20円ほどです。日本の普通の紙おむつが1枚10円~15円ほどなので、少しの負担でオーガニックにできるので、おすすめです。

紙おむつ以外の選択肢って何がある?

地球にも優しい布おむつ

紙おむつ以外の選択肢のひとつに布おむつがあります。布おむつは一度購入してしまえば洗濯して何回でも使うことができるので、経済的です。

そして、赤ちゃんの肌に優しいので、紙おむつよりもおむつかぶれをしにくい、という声も聞きます。また、おむつが汚れたときに赤ちゃん自身が不快に感じやすいため、おむつが汚れたと教えてくれるようになるようです。

そのやり取りから、赤ちゃんとのコミュニケーションが取りやすくなるというメリットも。紙おむつが使い捨てなのに対し、布おむつは洗濯すれば何度でも使えるため、地球にも優しくできています。

環境にも優しくしたいママにはぴったりです。デメリットとしては、おむつ替えの回数が多いので、ママの手間が増えることや、洗濯が大変になるという点が大きいでしょう。

布おむつだけに絞るのは大変だと感じる場合は、布おむつと紙おむつを併用して使う、という手もあります。外出時や忙しいときは紙おむつ、在宅時やゆとりがあるときは布おむつ、というように、それぞれのメリットを考えて使い分ける、という使い方もおすすめです。

かぶれ知らずのおむつなし育児

おむつを使わずに、おまるや清潔なトイレに直接おしっこやうんちをさせる、おむつなし育児も選択肢のひとつです。紙おむつを使わないので、経皮毒やおむつかぶれの心配をしなくてもすみます。

そして、いつかはしなければならないトイレトレーニングも必要ありません。おむつなし育児というと、おしっこやうんちを漏らしてしまう心配がありますが、赤ちゃんがおむつなしの状態を覚えてくれると、おしっこやうんちの回数が減り、まとめてしてくれるようになります。

また、おむつをずっとしていることでおこる、肌のジメジメ感がないので、赤ちゃんも快適に過ごせるようですよ。ただし、はじめからうまくいくことはなく、数回はお漏らしをしてしまうことは覚悟が必要です。

最初は、おむつなしにする時間を決めておくと、おしっこやうんちを気にする時間が限られるので、ママとしても少し楽なようです。赤ちゃんをよく見るきっかけになり、結果的に育児が楽になったというママもいるようですよ。

気になるようであれば、一度おむつなし育児にチャレンジしてみてもよいのではないでしょうか。

まとめ

赤ちゃんの肌に直接触れる紙おむつなので、少しでも安全なものを使いたいですよね。おむつの選択肢としては、普通の紙おむつからオーガニック紙おむつ、布おむつなどがありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

ママの負担も考慮しつつ、安心して続けやすいものを選んでくださいね。また、メリットを組み合わせて柔軟に使い分ける、という方法や、おむつなしにする、という方法もあります。

正解はありませんので、色々な方法を試してみてくださいね。赤ちゃんとママにとって、一番よいやり方を見つけましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018