就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

キャッシュカードを上手に利用!忙しいママも賢く家計管理をするコツ

キャッシュカードを上手に利用!忙しいママも賢く家計管理をするコツ

「キャッシュカードはATMでの入出金にしか利用していない」というママは多いのではないでしょうか。デビット機能を追加したり、アプリと連動させるなどすれば、より便利になり家計管理にも役立ちますよ。ここでは、ママにおすすめのキャッシュカードの賢い使い方をご紹介します。

ATMで入出金だけではないカードの使い方

キャッシュカードにプラス機能を付加する

銀行からお金を引き出したり、振り込みをしたり、口座の残高を確認したりするときにキャッシュカードを利用している方が多いですよね。そのキャッシュカードにデビット機能を追加するとより活用シーンが広がり便利になりますよ。

デビットカードの使い方はクレジットカードと同じです。VisaやJCBといったクレジットカード加盟店での決済に利用できます。利用したらすぐに口座から引き落としされるところがクレジットカードとの違いです。多くの銀行ではキャッシュカードとデビットカードは一体型になっているので、カードが増える煩わしさもありません。

通販での支払いにも利用できるので、かさばる日用品や重たい食料品などの買い物にネットスーパーを利用することもできるようになります。

振り込みは窓口よりカード利用で安く抑える

振り込みをするときに窓口とATMのどちらを利用しているでしょうか。「ATMの操作が面倒くさい」という理由で窓口を利用しているママは手数料で損をしていますよ。

ほとんどの銀行では、「同じ銀行」「ほかの銀行」に関係なく、振り込みにかかる手数料は窓口のほうが高いです。ATMを利用する場合も、「現金で振り込む」「提携銀行のカードを使って振り込む」を比べると、カードを使って振り込みをしたほうが安くなりますよ。

また、カードを利用してコンビニATMで振り込みをする場合も窓口に比べて安いところがほとんどです。窓口はATMに比べて待ち時間が長いこともあります。時間と費用を無駄にしないためには、カードを利用して振り込みをするほうがよいでしょう。

いっそのこと持たない選択も考えてみる

キャシュカードを持っていると「足りなくなったら引き出せばいいか」という気持ちになってついつい余分に引き出してしまいがちではないでしょうか。カードを持っているという安心感は無駄な出費に繋がります。

出費を減らしたいならいっそのことキャッシュカードを持たないほうがよいかもしれませんね。キャッシュカードを持っていない場合、銀行の窓口を利用しないとお金を引き出すことができなくなります。そうなったらちょこちょこ引き出すのが面倒くさくなって無駄遣いをしにくくなるでしょう。最低限必要なお金は月に1回にまとめて引き出すようにして、そのほかは急な出費がない限りは引き出さないようにするとよいですよ。

窓口でしかお金を引き出せない積み立て口座を開設するのもおすすめです。

忙しいママはデビッドカードを使いこなそう

ママにこそ持ってほしい理由とは

子どもを連れて買い物へ行くと、レジ前で並んで待っている時間やレジ打ちをしてもらっている時間だけでも子どもが飽きてぐずることがあるので、少しでも早く支払いを済ませたいですよね。

デビットカードならカードを出すだけで支払いができるので支払いがスムーズになりますよ。おつりで小銭を受け取る手間もなく、支払い後はカードを受け取るだけで支払い完了です。普段からたくさんの現金を持ち歩く必要もないので財布の中身もすっきりします。

デビットカードを作るにはカードを発行している銀行口座のネットバンキングに登録して、スマホを使ってインターネットで申し込みをするだけです。クレジットカードを作るときのように審査もないので気軽に作ることができますよ。

お買い物と一緒に現金を引き出す

最近はキャッシュレス化が進みクレジットカードを利用しているママも増えてきましたよね。しかし、「クレジットカードだと使い過ぎてしまいそう」「後からまとめて引き落としされるのが怖い」などの理由で現金しか使いたくないというママもいるでしょう。

確かにクレジットカードはお金を使っているという感覚が薄くなりがちで、翌月の引き落とし日に予想以上のお金が引き落としされてショックを受けることもあります。

その点、デビットカードなら支払いのたびに口座から引き落としされるので、口座の残高よりも高い買い物をすることがないので安心です。口座のお金が財布の中身という感覚で利用できます。通知設定をしておけば、毎回利用金額の通知が届くので後で確認したいときにも便利ですよ。

アプリと連動させて家計の「見える化」を

デビットカードの利用履歴はインターネットバンキングでいつでも確認することができるので、レシートを保存したりこまめに家計簿をつけたりする手間が省けますよ。また、わざわざ通帳記入をすることなくリアルタイムにお金の動きをチェックできるのも便利です。

さらに、家計簿アプリと連携させれば口座の収支がアプリの中の家計簿に反映されます。現金で支払いをしたときの支出やほかの口座の収支などを記録すれば、家計全体の収支が分かって家計管理しやすいでしょう。

家計の見える化をしてこまめに収支をチェックすることで、「どこに無駄があるのか」「後どのぐらい使えるのか」ということも分かりやすくなります。忙しいママが寝る前にでもスマホでサッとチェックできるのが嬉しいポイントです。

キャッシュカードに関するトラブル予防法

正しい保管方法で磁気不良を防ごう

キャッシュカードは磁気テープやICチップでデータの読み取りをおこなっています。磁気不良やICチップ不良になったり破損したりしているとお会計のときに利用できなくなるので正しい方法で大切に保管しましょう。

【磁気不良やICチップ不良になる原因】
・磁気が出るものに近づける
・熱が出るものに近づける
・水で濡らす
・折り曲げる

スマホやテレビ、パソコン、マグネットなどからは磁気が出ていますので近づけないようにしましょう。また、ほかの磁気テープつきのカードと重ねて保管したり、お尻のポケットにカードを入れたまま座ったり、車のダッシュボードに入れておいたりするのも避けたほうがよいでしょう。磁気防止用の保護ケースを活用するのもおすすめです。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事