就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと過ごす夏休み!家族で夏の思い出をたくさん作ろう

子どもと過ごす夏休み!家族で夏の思い出をたくさん作ろう

夏休みの季節がやってきます。幼稚園に通っている子は、夏休みがくるのを楽しみに待っていることでしょう。保育園に通う子も、パパやママの休暇に合わせて短い夏休みを取ることも多いのではないでしょうか。ここでは、夏休みを楽しく過ごすためのポイントや注意点をご紹介します。

子どもと楽しめる夏休みの過ごし方

プールや海で思い切り遊ぼう!

夏の遊びの定番といえば、プールや海ですよね。

小さな子どもとプールに行くときは、水深の浅い幼児向けプールがある施設を選ぶとよいでしょう。大型遊具や幼児向けのすべり台などがあるプールなら、子どもはさらに大はしゃぎです。

海に行くときは、なるべくなら遠浅で波がおだやかな、監視員のいる海水浴場を選ぶと安心です。岩場がある場所なら磯の生き物にも出会えるかもしれませんね。

おすすめのアイテムが、のぞきめがね。顔を水につけられなくても、海の中をのぞくことができます。拾った貝や捕まえた生き物などを入れておくバケツ替わりにも使えますよ。

プールや海ではつい夢中になって遊んでしまいますが、こまめに水分を取って休憩をはさむようにしましょう。

ひまわり畑で思い出を写真に残そう!

夏らしい景色をめいっぱい楽しむにはひまわり畑がおすすめ。全国各地で、夏に向けて満開のひまわりが楽しめるよう何万本・何十万本ものひまわりが植えられた、一面のひまわり畑が登場します。

ひまわりの開花に合わせてお祭りやイベントが開かれる場所も多く、地域の名産品や農産物を集めた模擬店がひらかれたり、ご当地キャラがやってきたり、スタンプラリーが行われていたりと、子ども連れでも楽しめるイベントが行われることも。夏のお出かけ先にぴったりですね。

青空に映える黄色く大きなひまわりの花とあざやかな緑色の葉っぱは、まさに夏の風物詩。元気なひまわりと、笑顔いっぱいの家族の写真を、夏の思い出に残してみてはいかがでしょうか。

家や近所の公園でも思い出は作れる!

夏休みだからといって、毎日お出かけするわけにもいきませんよね。でもたっぷり時間はある…そんなときは、家や近所でいつもとは違う遊びをしてみましょう。

ちょっと早起きして近所の公園で虫を探したり、行ったことのない公園に行ってみたりしてはいかがでしょうか。近所の地図を広げて、一緒に児童公園を探してみてもいいかもしれません。

夏休み期間には、児童館や子育て支援センターなどで、ワークショップや親子遊びなどさまざまなイベントが開かれます。じゃぶじゃぶ池のような水遊びスポットも人気ですよね。

家で工作などにチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。材料を用意して割れないシャボン玉の液を作り、巨大なシャボン玉作りに挑戦するのも楽しいですよ。

子どもが喜ぶ夏休み旅行おすすめスポット

長野で手ぶらでキャンプを楽しもう!

夏といえばキャンプ!バーベキューをしたりテントに泊まったり、楽しいことが盛りだくさん。

でも、いざキャンプに行こうとすると、道具の準備や片づけ、食事の用意などやることがたくさんで気が重くなってしまいますよね。キャンプ道具を一式そろえるのだって大変です。

そんなパパやママにおすすめなのが、手ぶらで楽しめる「ホテル五龍館」のキャンププラン。手ぶらで現地に行けば、テントやタープの設営、バーベキューの準備などをスタッフがおこなってくれるというもの。そのぶん、パパやママは思いっきり子どもと遊ぶことができます。

寝袋なども準備されているので、キャンプ道具を一切持っていなくてもOK。手軽なプランでキャンプを体験してみてはいかがでしょうか。

沖縄で夏を思い切り楽しもう!

夏らしさを思い切り楽しめる旅行先として人気なのが、沖縄。ファミリー宿泊プランが用意されているホテルも多く、ホテルでゆっくり滞在しながらプールやビーチで思いっきり遊ぶことができます。

沖縄には子どもが楽しめる観光スポットもたくさんあります。人気ナンバーワンは「美ら海水族館」。大きなジンベエザメやマンタ、色鮮やかなサンゴ礁の生き物たちなど、子どもも大人も見入ってしまう水族館です。

そのほか、パイナップルトレインで園内を周る「ナゴパイナップルパーク」や、亜熱帯のジャングルを舟でめぐったりアスレチックで遊んだりできる「ビオスの丘」、沖縄の伝統文化や暮らしを体験できる「琉球村」など、沖縄には子どもと楽しめるスポットが盛りだくさんです。

青森にねぶた祭りをみにいこう!

夏の風物詩、夏祭り。その中でも迫力満点の「青森ねぶた祭り」は一度は訪れてみたいお祭りです。

電飾で明るく彩られた大迫力の大型ねぶたとお囃子、たくさんのハネト(踊り子)たちの熱気あふれる夏の夜の風景は、子どもの心に残ること間違いなしです。

決まった衣装を身につければ誰でもハネトとして祭りに参加できるので、見るだけでは物足りないという方は子どもと一緒に参加してみてもいいかもしれません。子ども用の衣装レンタルもありますので気軽にチャレンジできますよ。

なお、会場は非常に混雑しますので、観覧席をおさえておくと安心かもしれません。期間中には屋台や出店が並び、花火大会も開かれますので、夏祭りの風情をめいっぱい楽しむことができます。

夏休みに必要な子どもへの配慮って?

スケジュールの詰め込み過ぎは子どもの負担

さて、せっかくの夏休み。アレもしてコレもして…とパパやママはついつい予定を詰め込んでしまいがち。でも、乳幼児期の子どもはまだ体力がついていかないこともあるので、注意が必要です。

なるべくいつもの生活リズムを崩さないように気を付けましょう。いつもお昼寝をしている時間帯には、家に帰ってお昼寝したり、車や電車の移動時間にあてたりして、身体を休めるように気を付けてあげましょうね。

旅行中は特に注意が必要です。行きたいところや遊びの予定をたくさん詰め込んだ計画にしていたら、子どもが体調を崩してしまって後半はホテルで休んでいた…などということも起こりがちです。余裕をもった計画を立てるようにしましょう。

子どもの熱中症対策は万全に

夏にとくに気をつけなければならないのが熱中症です。とくに子どもは体温調節機能が未発達であるのに加え、身長が低く地面からの照り返しの影響を受けやすいため、体温が上昇しやすく熱中症になりやすいといえます。

水分補給は熱中症対策の基本中の基本。夏のお出かけでは、水筒やペットボトルを持ち歩くようにしましょうね。日差しをさえぎる帽子も必ずかぶって出かけましょう。

子どもは遊びに夢中になると、暑さやのどの渇きを忘れてしまうこともあります。薄着を心がけ、涼しい場所で休憩しながらこまめに水分を取るよう、パパやママが気をつけてあげるようにしましょう。汗をたくさんかいたときには、水分だけでなく汗で失われた塩分も補うよう気をつけましょうね。

乗り物酔いをする子どもに無理をさせない

楽しいお出かけですが、乗り物酔いでつらい思いをしてしまうこともありますよね。

乗り物酔いの予防法をご紹介します。
  • なるべく揺れの少ない席に座る(バスは前方の席、船は中央に近い席、飛行機は翼付近の席か前方の席)
  • 進行方向を向いて座る
  • なるべく遠くの景色を見るようにする
  • 臭いの強いものを車内に持ち込まない
  • 空腹や満腹を避ける
  • 充分な睡眠をとる
それでも酔ってしまった場合は、次のような方法で不快感をやわらげられることもあります。
  • 吐き気は我慢せず吐かせる
  • 外の空気を吸う
  • ベルトなどをゆるめ、横になって体を休める
子どもが乗り物酔いをしやすい場合、くれぐれも無理はしないようにしましょう。

まとめ 

夏休みを楽しく過ごすためのポイントや注意点をご紹介してきましたがいかがでしたか。ここに紹介した以外にも、夏ならではの遊びやお出かけスポット、イベントなどはたくさんありますよね。家や近所の公園での水遊びなども楽しめる季節です。余裕をもった計画で、お出かけや遊びを楽しんでくださいね。

くれぐれも無理はせず体調には気を配りながら、親子で思いっきり遊んで楽しい夏休みを過ごしましょう。夏のいい思い出がたくさんできるよう願っています。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018