就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもとの海遊びはしっかり対策を!日焼けやケガに気をつけて

子どもとの海遊びはしっかり対策を!日焼けやケガに気をつけて

この夏は子どもと海に行く計画を立てているママやパパもたくさんいると思います。海には楽しいこともたくさんありますが、子どもにとって危険な場所でもあります。そこで今回は、子連れで海に行くときに注意したいことや便利な持ち物などについてお話しします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

子どもとの海、どこに気をつけるべき?

日焼け対策、岩場でのケガには十分注意

海に行くと、砂浜では日陰のない場所が多くなります。ママも子どもも日焼けには十分に気をつけるようにしたいですね。

子どもが紫外線をたくさん浴びてしまうと、急にほくろがたくさんできてしまうこともあるので、しっかり日焼け止めを塗ってあげるようにしましょう。炎天下、砂浜の砂で遊んでいるときは水着だけでなく、上にラッシュガードやTシャツを着せてもよいですね。

浅瀬に岩場がある海辺の場合、磯遊びなどをする子どももいると思います。岩場には鋭い箇所も多く、ケガしやすいので注意しましょう。

くれぐれも素足で岩場に行かないよう、足を覆うマリンシューズや濡れてもよいスニーカーなどを用意して履かせるようにしたいですね。

子どもは数cmの水で溺れることも

TVなどでたまに子どもの水難事故のニュースなどを耳にすることもありますよね。子どもは水が深くなくとも、寝そべったときに顔を覆う程度の深さの水があれば溺れてしまう危険性があります。

大人から見て大丈夫そうな深さであっても、数cmの深さがあるだけで子どもには危険なのです。特に幼児の場合、まだ泳げない子も多く、水の中で体のコントロールも上手にできないため、簡単に溺れてしまいます。

海の場合、浅瀬であってもおもちゃに足をとられたり、波が来たときにびっくりして転んだ拍子に水の中に顔をつけてしまったりなど、色々なケースが考えられます。「浅いから大丈夫」と安全を過信せずに、常に子どもから目を離さないように注意しましょう。

15分遊んだら休憩!水分補給もしっかり

夏の海は開放感にあふれ気持ちがよいものの、光を遮るものがない分、太陽の光が強いので熱中症などには気をつけなければなりません。海に入っていると、ひんやりとしているので暑さも感じずについ長居をしてしまいがちですが、体はしっかりと紫外線を浴びています。

さらに砂浜で砂遊びに夢中になっていると、温度の上がった砂と太陽の光で具合も悪くなってしまいます。15分遊んだら日陰で休憩というように、ルールを決めて海遊びを楽しむようにしましょう。

休むときは、ビーチパラソルやテントだと砂の照り返し熱であまり涼しくなく、暑さで疲れてしまいます。できれば海の家なども利用するようにしたいですね。子どもと海で遊ぶ時間も、一番暑い11時から14時ごろまでは避けるようにしましょう。

子連れでの海遊び、便利な持ち物リスト

レジャーシートとテントで熱から守ろう

海には日陰のないところが多いので、時折日陰で休めるように、テントとレジャーシートを用意しましょう。レジャーシートは普通の薄いものより、断熱効果のあるものをおすすめします。

テントを張って、中に断熱効果のあるレジャーシートを敷けば、テント内でも比較的涼しく過ごすことができます。炎天下にずっといると脱水症状を起こしてしまうので、子どもをテント内でときどき休憩させながら、しっかりと水分補給させるように心がけましょう。

保冷グッズもあると便利です。たとえば保冷剤をタオルでくるんで頭にあてるなどすれば、ほてった体を冷やすことができますよ。テント内は空気がこもるので、うちわや扇子もあるとベターですね。

日焼け止め、帽子、ラッシュガードは必須

海遊びに行くとき、日焼け止め、帽子、ラッシュガードは必須です。忘れないよう、支度をするときに一番最初にバッグに入れてしまいましょう。

日焼け止めは、大人用と子ども用で別に用意します。子ども用の日焼け止めは、できるだけ刺激を与えないよう、紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めがおすすめです。

帽子は海風に吹かれて脱げてしまいやすいので、あごの下でゴムで留められるものにしましょう。砂遊びのときに汚れてもママが安心していられるように、洗濯機で洗える素材がよいですね。

日焼け対策にはもちろん、肌寒いときにもラッシュガードは便利なので、必ず持っていくようにしましょう。前面にジップのあるタイプが脱ぎ着しやすいのでおすすめですよ。

マリンシューズで火傷やケガを防ごう

ビーチサンダルだと脱げやすく、また中に砂が入ると痛がることもあります。そのまま海にも入れるマリンシューズを用意するようにしましょう。

マリンシューズがあれば、太陽熱で熱くなった砂で足の裏をやけどする心配もなく、尖っている貝などで足を切ってしまうこともありません。磯遊びのときも足がしっかりカバーされているので安心です。

マリンシューズを選ぶさいは、できるだけジャストサイズのものを選ぶようにしましょう。来年も使えるようにとワンサイズ大きいものを買ってしまうと脱げやすく歩きにくいです。また小さすぎるものは靴擦れの原因にもなります。

メーカーによってもサイズが微妙に違うことがあるので、できれば店頭で子どもに試着してから買うようにしたいですね。

もしもに備えて大人ができる事前対策は?

子どもから絶対に目を離さないで!

海にいる間は、子どもから絶対に目を離さないようにしましょう。テントのそばで遊んでいたと思ったら、ちょっと目を離したすきに、波に流されたおもちゃを取りに子どもが海の中へ入ってしまったり、波にさらわれてしまったりということもあります。

また海水浴客で砂浜が混みあっている場合、人混みの中で迷子になってしまう可能性もありますよね。まだ自分のフルネームがいえない子どもの場合、念のため、着ている水着やラッシュガードには名前を記入しておくと安心です。

砂浜にいるカニに指を挟まれたり、クラゲを触ってしまったりなどのトラブルも考えられます。子どもが砂浜で遊んでいるときも、なにをしているのかこまめにチェックするようにしましょう。

遊ぶ前に水深や潮の流れを確認しよう

子どもの足が海底に届く浅瀬であっても、海はプールと違い、場所によって水深が急に深くなるところがあります。大人でも、急に足が届かなくなるとびっくりしてしまいますよね。

楽しく遊んでいるときに急に水が深くなり、足が届かなくなると子どもはパニックを起こして泣いてしまうこともあります。子どもが遊ぶときは、遊ぶ前にママかパパが実際に海の中に入り、水深や潮の流れをチェックするようにしましょう。

海に恐怖心を持たせないようにするためにも、遊ぶ前の安全確認はしっかりとするように心がけたいですね。同じ深さのところであっても、潮の満ち引きによって深さは変わってきます。満ち潮の時間もあらかじめ確認しておくようにしましょう。

ライフセーバーから見える位置で遊ぶ

夏の海水浴場にはライフセーバーが常駐し、海水浴客の安全を見守っています。ライフセーバーのいない、遊泳不可地域で遊んではいけないのはもちろんのこと、遊泳可能な場所で遊ぶときも、できるだけライフセーバーから見える位置で遊ばせるようにすると万が一のときに安心です。

もちろんライフセーバーがいるからといって、子どもから目を離してよいわけではありません。ママやパパもしっかりと子どもから目を離さないことが一番重要です。

クラゲに刺された、貝の破片で足を切った、もしくは熱中症になったという場合にも、ライフセーバーに助けを求めると適切な処置を施してくれます。子どもがいると、思いがけないトラブルが起こりやすいもの。困ったときはライフセーバーに相談してみましょう。

まとめ

今回は子どもと海遊びに行くさいに注意したいこと、事前に気をつけたいことや持ち物についてのお話でしたが、いかがでしたか?子どもと初めて海に行くママの場合、注意しなければならないことの多さに少し戸惑ってしまうかもしれません。

しかし万全の準備をして、しっかりと子どもの動きに注意していれば、一日家族で楽しく海で過ごすことができますよ。海は子どもにとって、素晴らしい自然にあぶれた最高の遊び場です。

ケガや熱中症、日焼けに注意して楽しい思い出をたくさん作ってくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018