就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

女の子のおむつかぶれの対策!原因やおすすめの対処法とは

女の子のおむつかぶれの対策!原因やおすすめの対処法とは

女の子のおむつを替えていたら陰部が真っ赤になっていてびっくり。そんな経験をしたママもいるのではないでしょうか。真っ赤な陰部の正体は、おむつかぶれです。かゆそうだし、痛そうだし、何とかして治してあげたいけど、どうしたらよいのでしょうか。おむつかぶれの原因と対処法を知って早めに対応しましょう。

女の子のおむつかぶれの原因は?

排出物によるおむつかぶれ

新生児に多いといわれているおむつかぶれは、排泄物によるものが多いといわれています。排泄物とはうんちやおしっこですね。

生後1カ月までの新生児は、生まれたばかりで内臓も未熟で小さいため、うんちやおしっこは少ない量で回数が増えます。うんちやおしっこの回数は個人差がありますが、うんちは1日に3~5回、おしっこで4~10回ほどでしょう。

うんちやおしっこに含まれるアンモニアや酵素は肌の炎症を起こす原因になります。それに加えて、おしっこやうんちをするたびにおしりふきでふきますから、さらにダメージを受けやすいのです。

特に下痢をしているときは、肌への刺激も強く、おしりをふく回数も頻回になるため、おむつかぶれができやすくなるのです。

摩擦や蒸れによるおむつかぶれ

赤ちゃんの小さい体には大人と同じ数の汗腺があります。ですから、赤ちゃんはとても汗っかきなのです。

おむつをしている状態で汗をかいたら、おむつの中は蒸れてしまいます。赤ちゃんの肌はただでさえデリケートですから、その上肌が蒸れてふやけてしまうと、おむつとの摩擦で皮膚が傷つきやすくなってしまうのです。

肌が傷つくと炎症を起こしやすくなりますから、おむつかぶれができてしまうのですね。おむつが直接触れる部分がおむつかぶれができやすいところですから、女の子は陰部や股の周りにできやすいのです。

陰部や股の周りが赤くなったり、腫れていたり、小さい赤いブツブツができたりしていれば、おむつかぶれの可能性が高いでしょう。

乳児皮膚カンジダ症によるかぶれ

赤ちゃんの肌が赤くなって、ただれて、小さなポツポツができていたら、おむつかぶれだと思いますよね。おむつかぶれに似た症状で、乳児皮膚カンジダ症もありますので、どちらか判断するのは難しいかもしれません。

カンジダ菌はカビの一種で日常的に皮膚や便についている菌になります。健康な皮膚でしたら炎症を起こすことはないのですが、免疫力の低い赤ちゃんの肌だと炎症を起こしてしまうことがあるのです。

カンジダ菌はあたたかくて湿り気のある部分に繁殖しやすいので、おむつをしている赤ちゃんの肌に繁殖しやすくなります。カンジダ菌が原因でかぶれますので、おむつが触れていない場所でもかぶれてしまいます。免疫力が低下しているときにかかりやすいのも特徴です。

女の子のおむつかぶれに多い症状は?

陰部や肛門などの部分的なかぶれ

おむつかぶれは、おむつが直接肌に当たっている部分が炎症を起こしますよね。炎症が起きやすい場所としては、おむつが直接当たり、うんちやおしっこが肌についた状態になりやすく、おしりふきでふく部分ですから、おしりの割れ目や、陰部、肛門の周りがその条件にあたりますね。

おしりの割れ目や陰部や肛門が赤く腫れていたり、ブツブツができていたりすれば軽症のおむつかぶれでしょう。そのまま放っておくと、じゅくじゅくすることや、血が出てくることもあります。そうなるとかなり重症な状態ですから、できるだけ早く対処しましょう。

赤ちゃんは、おむつかぶれができると痛みやかゆみで泣いたり、不機嫌になったりします。夜眠れない子もいるようですから、ママも大変です。

おしりや内ももなど全体的なかぶれ

おむつかぶれができる原因として、汗をかいたときに肌が蒸れた上に、おむつの刺激で炎症を起こしやすいということがあります。汗を全身にかいたとしても、蒸れやすい部分はおむつで覆われている部分になるでしょう。

おむつが肌に当たっている部分がかぶれやすいのですから、おしりやお腹にかけておむつで覆われている部分がすべてかぶれたり、内ももやお腹などのおむつのゴムの部分が当たるところがかぶれたりすることが多いのです。

かぶれる部分が部分的でも全体的でも、赤ちゃんが痛いのには変わりありません。早く対処をしないと、さらにひどい状態になってしまいます。ママが気が付いた時点で早めに対処すれば、赤ちゃんのつらい時間が少なくてすむでしょう。

乳児皮膚カンジダ症とおむつかぶれの違い

乳児皮膚カンジダ症とおむつかぶれは症状がよく似ています。おむつかぶれはおむつが直接当たっている部分がかぶれますが、乳児皮膚カンジダ症は陰部の奥のひだの部分など、おむつが当たっていない部分までかぶれてしまいます。カンジダ菌という菌によって発症しますので、おむつが当たるか当たらないかは関係ないのですね。

また、赤くなっている部分の皮膚がむけて、周りに白いポツポツや、膿みをもったポツポツがある場合は、乳児皮膚カンジダ症の可能性が高くなります。

実際に見ても、どちらなのかは分かりにくいと思いますので、病院に行って顕微鏡でみてもらえばどちらかはっきりと分かるでしょう。正しい診断をしてもらったうえで、処方してもらった薬を塗れば治りますよ。

女の子のおむつかぶれに効果的な対処法

シャワーなどで流して清潔にする

おむつかぶれができてしまったら、まずはこまめなおむつ交換が大切です。赤ちゃんのおむつを随時確認して、汚れていたらすぐに替えましょう。

うんちを自宅でした場合は、せっけんをつけずにシャワーでやさしく洗ってあげましょう。ただし、お風呂に入ったときなど1日に1回はせっけんをつけて洗うと、より清潔に保てます。

もし、外出している場合であれば、水筒にぬるめのお湯を入れて持って行き、汚れたおむつの上で肛門にお湯をかけて流してあげるとよいかもしれません。赤ちゃんも気持ちよいでしょう。

肛門や陰部をきれいにしたら、必ず乾燥をさせてからおむつを履かせましょう。濡れたまま履かせてしまえば、汗をかいて蒸れたときと同じ状態になってしまいますから。

おしりふきシートの使用をやめる

おむつかぶれができたら、おしりふきシートを使うのをやめてみましょう。洗い流す方法もありますが、お湯で濡らしたガーゼでやさしくふく方法もあります。ゴシゴシとふくのは肌に刺激が強いですから、やさしくふくことを心がけましょう。

また、お湯で濡らすのでなく、柔らかいコットンにベビーオイルやオリーブオイルを染みこませてやさしくふいてもよいですね。オイルは滑りがよくなりますから、摩擦でおしりを傷つけるのを避けることができます。

きれいにふいてから乾燥させて、軽くワセリンを塗ってあげましょう。赤ちゃんの肌にやさしいベビーワセリンを塗ることで、肌を汚れから守り、おむつかぶれしにくくなりますよ。おむつかぶれの症状の緩和と予防を兼ねているのです。

カンジダ症は医師の指示に従って薬を塗る

おむつかぶれであれば、おしりを清潔に保ち、乾燥と保湿をしていれば治ってくることもありますが、乳児皮膚カンジダ症の場合は、おむつかぶれの薬をつけると悪化してしまうことがあります。

ですから、乳児皮膚カンジダ症かもしれないと思ったときや、どちらか分からないときは、皮膚科か小児科に行って診てもらいましょう。その際、医師の指示でお薬が出るでしょうから、指示に従って薬を塗りましょう。

薬を指示どおりに塗っていれば、かぶれも落ち着いてくるでしょう。自己判断で薬を塗ってしまうと、かぶれが悪化してしまうことがあります。きちんと治らないかぎり、赤ちゃんの不機嫌が続くでしょうから、ママも大変ですよ。早めの対応が大切です。

まとめ

女の子のおむつ交換は気にかけることが多く、おむつかぶれもその一つですね。おむつを交換したときに陰部や肛門が赤くなっていたら、おむつ交換をこまめにして、シャワーなどを使って清潔に保ち、保湿をして早めに治してあげたいですね。

おむつかぶれに似た症状の乳児皮膚カンジダ症か迷うときは、どこが赤くなっているのか、皮膚と湿疹の状態はどうなのかをみてみましょう。乳児皮膚カンジダ症が疑われたら、すぐに病院に連れて行き診てもらうと安心です。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018