就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育てに追われて夫婦の会話が激減?会話が減る理由と対処法

子育てに追われて夫婦の会話が激減?会話が減る理由と対処法

夫婦で楽しい時間を過ごすためにできること  

家のことを2人で一緒にしよう

夫婦の会話を増やしていくために、家のことを2人で一緒にすると自然と会話が増えますよね。たとえば、休みの日は一緒にご飯を作ったり、部屋の模様替えを一緒に考えたりなど、夫婦で共同作業をすると絆が深まります。

家事は苦手という男性でも、「一緒にやろう」と誘ってみましょう。意外とやり始めると熱中するのが男性なので、パパが好きそうな作業や取り組みやすい作業を選んでみるとよいでしょう。一緒に作業することが楽しくなると「次はどうする?」「昨日は楽しかったね」などと、楽しい会話がたくさんできますよね。

また、時々家に夫婦の共通の友達などを招待するのもよいかもしれません。夫婦で一緒に家の準備をしたり、友達を交えて会話することで、楽しい時間がすごせますよね。

2人でデートをして恋人の頃を思い出そう

恋人だった頃はよくデートをしていたのに「結婚し子どもが生まれると2人で出掛けることが無くなった」という夫婦は多いですよね。子どもが生まれるとなかなか2人で外出するのは難しいかもしれませんが、たまには夫婦2人でデートをして、恋人だった頃を思い出すことも大切かもしれません。

友人は、結婚記念日になると子どもを両親に預ってもらい、夫婦2人でデートをするそうです。普段は子どもと一緒なので大人の会話をしたり、パパに甘えたりすることができないそうですが、結婚記念日だけは夫婦でデートして、おしゃれなレストランなどで楽しく食事すると話してくれました。

2人でデートをすると昔の思い出を話すことができて、「やっぱりこの人と結婚してよかった」と思えるそうですよ。

二人でマッサージをしあってスキンシップ

子どもとのスキンシップは育児において大切なことですが、夫婦関係の中でもスキンシップをすることは大切です。「今更スキンシップなんて恥ずかしいし、どうすればよいか分からない」と悩む方も多いかもしれませんが、毎日少しでもスキンシップをすると夫婦仲が深まりますよ。

スキンシップは大切と分かっていても、普段スキンシップをしていないとどのようにしてよいか分からないですよね。そこで、今日からでもすぐにやり始められるのが、マッサージをしあうことです。マッサージだと家の中で手軽にできるのでよいですよね。

友人は子どもが寝た後に「おつかれさま」と言葉をかけながら、パパに肩のマッサージをするそうです。マッサージをしながら話すと会話が弾むのでおすすめだそうですよ。

まとめ

子育て中に夫婦の会話が減ってしまう理由は、子育てや仕事にそれぞれが忙しかったり、思いやりを持つ気持ちが薄れてしまったりすることが多いのですね。夫婦で毎日会話をすることは、円満な関係を続けられるだけではなく、子どもにとってもよいことです。

両親の仲がよいと子どもは嬉しいですし、家の中が会話で溢れているとコミュニケーション能力も自然と育まれていきます。お互いに感謝の気持ちをしっかり言葉で伝えて、いつまでも尊重しあえる仲でいれたらよいですよね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND