就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんとウォーターサーバーは相性よし!メリットと選ぶポイント

赤ちゃんとウォーターサーバーは相性よし!メリットと選ぶポイント

赤ちゃんのミルクや離乳食には、ウォーターサーバーの安全な水を使いたいと考えるママもいますよね。けれども赤ちゃんにはどんなウォーターサーバーがよいのでしょうか?選ぶときのポイントやママに人気の商品などについてご紹介します。赤ちゃんとママにぴったりのウォーターサーバーを選ぶヒントになればと思います。

赤ちゃんがいる家庭にあると嬉しい理由

安心安全なお水を赤ちゃんに飲ませられる

日本の水道水は厚生労働省で厳しい水質基準が設けられており、飲んでも問題ないといわれます。昔はどの家庭でも、水道水を煮沸したお湯を赤ちゃんのミルクに使っていました。

しかし老朽化した水道管から出る水には、赤さびが混じることがあります。多量に飲まなければ健康被害はほとんどないともいわれますが、やはり気になるところですよね。また、現在は対策が取られていますが、水道水に塩素消毒でで死なない病原性原虫が入っていたこともありました。

マンションの貯水槽は法律にのっとり管理されています。しかし動物の死骸が入っていたなどの事例もあり、100%安全とはいいきれません。

信頼できるウォーターサーバーならば水質を心配せず、赤ちゃんに安心安全な水をあげられますよね。

ミルク作りが楽になってママの負担が減る

水道水は雑菌の繁殖を防ぐために塩素消毒されています。その残留塩素は人体に影響がない量ですが、未熟な赤ちゃんの体には不安が残りますね。

残留塩素は煮沸により除去されます。ミルク缶に記載されている調乳方法に「沸騰させた水」を使うと記載されているのは、水道水の残留塩素を除去したり、万一雑菌が入っていた場合に殺菌できたりするためです。

けれども、赤ちゃんが泣いているときや眠たい夜中には、お湯を沸かす時間が長く感じますよね。ウォーターサーバーなら塩素や雑菌などの有害物質が除去されているので、沸騰させる手間が不要です。

消毒済みの哺乳瓶に粉ミルクとサーバーから直接注いだお湯を入れてよく混ぜ合わせ、人肌まで冷ますだけなので、負担が少ないですね。

お水を買って運ぶ手間が省ける

赤ちゃんを連れての買い物は大変です。その上、重いお水を買って家まで運ぶのは容易なことではありません。

妊娠中、ママはお腹の赤ちゃんのために食事に気を使いますが、羊水のほとんどが水分なのでお水に気を使うことも必要といえます。しかし重いお水を買って持って帰るのは、妊娠中の体に負担がかかる可能性があります。

また、子どもが離乳食を食べるようになったときにも、よいお水を使いたいですよね。しかし買い物が大変なのは赤ちゃんのときより、走り回ったり、お店のものを勝手に触ったりして目が離せない幼児期かもしれません。

妊娠中から子どもがある程度大きくなるまでの期間、お水に限らず大きなものは、ウォーターサーバーを使うなど宅配してもらった方が負担が少ないですよね。

ウォーターサーバーを選ぶときのポイント

軟水の天然水でコスパのよいものがベスト

ミネラルウォーターの軟水と硬水は、含まれているミネラルの量で決まります。軟水はミネラル成分が少なく、硬水は多く含まれているのです。

赤ちゃんの体にとっては過剰なミネラルを排出できずに、腎臓に負担がかかることがあります。ですから、ウォーターサーバーを選ぶときはミネラル分の少ない軟水のものを選びましょう。

さきほどご説明したとおり、ウォーターサーバーは、妊娠中から離乳期が終わるくらいまでの長い期間使用する場合が多いです。離乳食が終わっても、子どもに手軽に安全な水をあげられるのは便利で安心なので、そのまま使い続けるご家庭もあります。

長期間使うものは、月々の支払いの負担が大きいものは避け、なるべくコスパのよいものを選ぶとよいですね。

雑菌対策がきちんとされているものを選ぼう

赤ちゃんのご飯はミルクだけなので、水をたくさん体に取り入れることになります。赤ちゃんの体の8割ほどは水分といわれますよね。

万が一水に雑菌が入っていると、大人より免疫力が低いため影響を受けやすいです。赤ちゃんが飲む水の品質は大切ですよね。

ウォーターサーバーの水を保管するボトルは再利用するものより「ワンウェイ方式」の使い捨てが雑菌が繁殖しにくいです。その中でも、水が減った分ボトルが収縮するものは外気が入りにくく、より雑菌を防げます。

水やボトルが雑菌対策できていても、サーバーの内部が不潔では意味がありません。赤ちゃんが使う水を通すサーバーには、自動で内部の洗浄をするクリーン機能があると水が清潔に保たれて安心ですよ。

毎日使うから使いやすさも見逃せない

ウォーターサーバーの水ボトルは一般的に12Lが多く、かなり重いです。サーバーの上にボトルを置くタイプだと、ボトルを持ち上げて交換することになるので力が必要ですよね。

けれども、ボトルを下に設置するタイプであれば、持ち上げる必要がないので交換がかなり楽です。また、軽めの小さなボトルを選べるメーカーもあります。

ママが見ていないときに、子どもがウォーターサーバーのボタンを押して熱湯で火傷してしまってはいけません。そうでなくても床を水浸しにしないために、お湯はもちろん水のボタンにもチャイルドロックが付いているとよいですね。

チャイルドロック付きでも完全に安心はできませんが、毎日ずっと目を光らせているのは大変です。この機能は必須といえますね。

ママたちに人気のウォーターサーバー3選

オシャレで安心な「プレミアムウォーター」

プレミアムウォーターの水は、外気に触れない地下から直接くみ上げ、1時間ごとに水質検査しており厳しく品質管理されています。その水は軟水なので粉ミルクにも使えますね。

ボトルはワンウェイ方式で収縮し、複数あるサーバーのほとんどにお湯、水にチャイルドロックが付いています。また、デザイン性の高い家電ブランドの「amadana」(アマダナ)とコラボしたスタイリッシュなサーバーもありますよ。

契約時に妊娠中か5歳以下の子どもがいる場合、条件を満たすと料金がお得な「プレミアムウォーターマムクラブ」というプランを利用できます。このプランのサーバーは、ボトルが下置きでクリーン機能がつく上、弱冷水の設定ができ、料理に便利な温度のお湯を出すこともできますよ。
29 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC