就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの傘はいつからが良い?使用する時期や選び方と使用時のマナー

子どもの傘はいつからが良い?使用する時期や選び方と使用時のマナー

雨の日、子どもを連れての外出は大変ですよね。みなさんは子どもの雨具、どうされていますか?まだレインコートの子は、ママの傘を見て自分もさしたがるかもしれません。「いつごろから傘を持たせたらいいの?」と悩むママも多いことでしょう。今回は傘を使用する時期や選び方などご紹介しますので、参考にしてみてください。

子どもが傘を持つのはいつから大丈夫?

子どもが傘を持って安心できる時期

子ども用の傘には、2歳ごろから使用できるものも市販されています。しかし傘を上手に使うことは、子どもには意外と難しいものです。できれば、3歳以降に持たせるほうがよいでしょう。

このころになると、たくさん言葉を吸収し理解力も身についてきます。傘を持つときにしてはいけないことなど、丁寧に説明してみましょう。また物を持って歩くことも安定してくるため、このころから使い始めるママが多いようです。しかし成長のスピードは子どもによって違いますので、わが子に合ったタイミングで傘の使用を始めてみましょう。

本人が持ちたがったとしても、まずは安全に使うことができるかどうかが大切です。傘を使うことで危険性が高まる場合は、無理に持たせなくて大丈夫ですよ。

適正サイズは身長で決めよう

どんなに気に入った傘があっても、サイズが大きすぎたり小さすぎたりすると、上手に使うことができません。傘が子どもに適正なサイズかどうかは、子どもの身長で判断することができます。子ども用の傘には、40cmや50cmなどサイズが書かれているのをご存知でしょうか。これは傘の弧を描いている骨の長さ(親骨)を表しており、それぞれに適正身長があります。ぜひ参考にしてみてください。
  • 親骨40~43cm:身長85~100cm
  • 親骨45cm:身長90~105cm
  • 親骨47cm:身長95~110cm
  • 親骨50cm:身長105~120cm

上手に使えない場合はレインコートを

子どもに傘を持たせてみると、上手に使えず危ないと感じることもあるでしょう。そんなときは無理に傘を使用せず、レインコートを着るようにしましょう。特に雨だけではなく風も強い日などは、傘が飛ばされる危険もありますので、使用は避けてください。

スーパーや駅までの道のりに、レインコートを着せる場合もありますよね。お店や駅に着いたら、着ているレインコートを脱がして、裏返しにたたみ防水の袋などにしまうようにしましょう。そうすることで、周りの人や物に雨水がつく心配がなくなります。

レインコートを嫌がる子どももいるかもしれません。そんなときは、ママも一緒にレインコートを着てみましょう。ママとお揃いが嬉しくて、嫌がらずに着てくれるかもしれませんよ。

子ども用の傘を選ぶ際のポイント

視界の良い柄やデザイン性の傘

子どもが安全に傘を使うためには、サイズ以外にもポイントがいくつかありますのでご紹介します。

まずは、視界がよいものを選びましょう。子どもの傘のさし方は、まだ不安定なところが多く、色々な方向に傾きがちです。そんなときに、見通しの悪いデザインだと危ないですよね。前が見えずに転んだり、ぶつかったりしてしまうことがあるかもしれません。

そこでポイントとなるのが、傘の面が一部分透明になっているものを選ぶようにしましょう。中には前後の2か所が透明のものもありますので、子どもに合うものを選んでください。また周りの見通しも心配な場合は、全面がビニールのものを選ぶと安心ですよ。デザインも豊富にありますので、お気に入りを見つけてみましょう。

丈夫で壊れにくい傘をチョイス

次は、丈夫で壊れにくい傘を選びましょう。子どもは大人と比べて、傘を壊してしまいがちです。もし傘が壊れたときに、子ども本人や周りの人たちに怪我がないようにするためにも、丈夫な傘を選ぶことは大切なことです。

丈夫な傘の見分け方の一つとして、傘の骨組みに「グラスファイバー」という素材を使っているものを選ぶとよいでしょう。骨組みにアルミを使用している傘もありますが、軽くて持ちやすい反面、折れやすくなります。そのため子ども用には、グラスファイバーのものがおすすめです。

ただし、グラスファイバーはガラス繊維でできている性質上、万が一折れた際には、危険物へと変わります。粗悪品には十分注意して選ぶようにしましょうね。

傘の先が尖っていないもの

最後は、傘の先が尖っていない物を選びましょう。傘の先端の石突(いしづき)だけではなく、傘の骨の先にある露先(つゆさき)部分も、丸みを帯びているかチェックしてください。ある程度の大きがあり、素材もプラスチック性などがよいでしょう。

石突や露先が丸みを帯びてることで、使用している本人を怪我から守るだけではなく、周りのお友達の目や顔などを傷つける危険性も減らすことができます。

尖った部分がないかどうか、よく見るようにしましょう。また傘を杖のように突いて歩いていると、石突が劣化して中の金属が見えてくることもあるかもしれません。そんなときは、そのまま使い続けると危ないので、石突を取り換えるなど対応しましょう。

子どもに傘を持つときのマナーを教えよう

傘で遊んだり、人に向けたりしない

子どもが傘デビューをする際には、傘を持つときのマナーも一緒に教えましょう。まずは「傘で遊んだり、人に向けたりしない」ということです。

子どもはよく大人が思いもつかない方法で、傘を遊びに使います。傘を棒のように振り回したり、チャンバラを始めたり、引きずって歩いてみたり。怪我をする危険があるということを、しっかりと伝えましょう。

「傘を振り回して人の車に当ててしまい、修理代が発生した」、「友達の目に当たってしまった」、「引きずっていた傘につまずいて転んでしまった」という事案が実際にあります。傘は使い方を間違えると、自分だけでなく周りにも迷惑や危害を加えてしまう可能性のあるものです。くり返し根気よく、マナーを教えるようにしましょう。

周りに人がいるところで開かない

次に、「傘は周りに人がいるところでは開かない」ということです。傘をいきなり上に持ち上げて、開くことありませんか?これは目の高さで傘が開き、露先が目に当たったり、傘に残ったしずくが顔にかかったりとタブーの開き方です。

正しくは、まず先端を下向きに持ち少し開きます。前や隣に人がいないことを確認して、ゆっくりを傘を開きながら上に持ち上げていきます。そしてちょうど頭の真上に来たときに、しっかりと開き切るという流れです。

傘のタイプには、手で傘を広げる「手開き式」と、ボタン一つで傘が開く「ワンプッシュ式」があります。特にワンプッシュ式は勢いよく開きますので、注意が必要です。また傘を開くときだけではなく、閉じるときの練習もしておきましょう。

傘は後ろに傾けて使う

最後に、子どもの場合は「傘は後ろに傾けて使う」ということです。一般的に大人の場合は、カバンが濡れてしまったり、後ろを歩いている人の視界を妨げてしまったりするので、体の中心で傘を持つことが基本といわれています。

しかし子どもは手や腕の力があまりないので、傘がフラフラと不安定になることがあります。そのため、前方の視界が悪くならないよう、小さいうちは傘を後ろに傾けて使うようにしましょう。そしてしっかりと手で支えられるようになってから、体の中心で持つように変えていくとよいですよ。

傘のマナーはこれ以外にも、閉じた後は必ず傘についているベルトで束ねることや、傘の水滴の切り方など様々なものがありますので、合わせて伝えたいですね。

まとめ

子どもが傘をさす姿は、とても可愛らしいものですよね。傘デビューした子どもは、ちょっと大人になった気分がしてきっと喜ぶことでしょう。お気に入りの傘を用意したら、雨の日が待ち遠しくなるかもしれません。

しかし傘は上手に使えないと、子ども自身を危険にさらしてしまうだけではなく、周りの人にも迷惑をかけてしまいます。子どもの成長にあった傘を選び、使い方のマナーをしっかりと伝えましょう。お家の中で傘の使い方を練習してから使い始めると安心ですよ。ジメジメした梅雨を楽しい気分で乗り切れるよう、素敵な傘が見つかるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018