就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児の遊びは発達に欠かせない!幼児期におすすめの遊びと注意点

幼児の遊びは発達に欠かせない!幼児期におすすめの遊びと注意点

幼児期の子どもは、大人が「そんなに遊んで疲れないの?」とびっくりするくらい遊びますよね。幼児期の子どもはただ遊んでいるだけではなく、さまざまなことを身につけながら遊んでいます。ここでは、幼児期の子どもが身につける能力や、遊び方をご紹介します。

幼児が遊びながら身につけるいろいろな能力

遊ぶことで体力がついたり運動能力が高まる

幼児期の子どもの成長は、体が大きくなるだけではなく、遊ぶことでさまざまな成長をするといわれています。幼児期の子どもは体を思いっきり使って遊ぶことで、体力がつき運動能力も高まる効果があります。

1~6歳の幼児期の子どもは、力の強弱を自分でコントロールしたり、タイミングに合わせて動いたりするなどの、体の動かし方を上手に調整する能力が発達する時期といわれています。この能力が発達することによって、新しい動きを身につけるときに大切な働きをしてくれるのです。

それは、自分の状況判断により事故やケガなどを防止する力です。幼児期に体力をつけ運動能力を高めることで、児童期以降の運動機能の基礎を作っているのですね。

友達と遊ぶことでで社会適応能力が身につく

赤ちゃんの頃は友達を作るということが難しく、パパやママなど身近な人と一緒に遊びますよね。幼児期の子どもは体だけではなく心も成長していき、少しずつ友達と一緒に遊ぶようになります。

友達と一緒に遊ぶことで、社会適応能力が身につくといわれています。友達とのルールや約束ごとを守りながら遊ぶことや、友達とケンカしたり、「ごめんね」といって仲直りしたり、さまざまな人とコミュニケーションをとって社会適応能力は身についていくのです。

「幼稚園や保育園にまだ行っていないから、友達ができていないので心配」というママは、公園に行く、育児サークルに参加する、児童館に行くなど、ほかの子と一緒に遊べそうな場所に連れて行くとよいかもしれませんね。

遊びを通して状況判断の能力を育てる

幼児期にたくさん遊ぶことは、子どものさまざまな能力を育むのに大切なことですよね。幼児期にたくさんの人と関わり合い一緒に遊ぶことで、状況判断能力を育てることができるといわれています。

たくさんの友達と遊んでいると皆それぞれ性格が違うので、遊びの中でさまざまなトラブルが起こることがありますよね。何かトラブルが起こったときに「自分は今何をするべきか?」「どのように問題を解決すればよいのか?」を判断し解決していかなければなりません。

幼児期の子どもは失敗しながらも、遊びの中でトラブルが起こったときに解決していくことで、状況判断能力が育まれます。これは、大人になり社会にでてからもとても大切な能力の一つですよ。

3歳~4歳のできることとおすすめの遊び

走ったり体のバランスをとる遊びができる

幼児期の子どもは、年齢によってもできることが少しずつ違ってきますよね。「子どもとどのように遊べばよいか、分からない」というパパやママは、年齢や子どもの成長に合った遊び方をさせてあげるとよいですよ。

3~4歳の子どもは、走ったりバランスを上手にとったりできるようになります。ですから、追いかけっこや平均台遊び、マットで体操して体を動かすなどの遊び方がおすすめです。

追いかけっこはお家の中では難しいので、広い公園や広場でやると思いっきり楽しめますよね。平均台やマット運動をするときは、パパやママが補助をしてあげるとケガの心配も少ないですよ。

子どもと一緒に遊ぶときはパパとママも心から楽しむことが大切なことですね。

滑り台やブランコなどの遊具

3~4歳の子どもは、遊具を使って遊ぶのが上手になります。お家での遊具遊びはなかなか難しいので、お天気がよい日は公園などに行き、遊具で体をたくさん使って遊ばせてあげると喜ぶ子が多いですよ。

3~4歳の子どもは、起きる、寝転ぶ、座る、立つ、転がる、ぶら下がる、回るなどの「体のバランスをとる」遊びや、走る、歩く、登る、下りる、滑る、跳ぶ、這うなどの「体を移動させる」遊び方をさせてあげることが大切です。公園にある滑り台やブランコ、鉄棒などの遊具遊びは全身を使って遊べるので、体力がついてくる幼児期の子どもにはぴったりの遊びですね。

「公園に行っても、怖がって遊具で遊ばない」というママは、子どもの補助をしてあげながら少しずつ楽しむとよいですよ。

だるまさんがころんだ

遊具や道具などがなくても楽しめる遊びの一つに「だるまさんがころんだ」があります。友達と一緒に遊べるようになる3~4歳の子どもにピッタリの遊びですよ。

「だるまさんがころんだ」は昔からある遊びで、鬼になった人が柱や木などに顔を伏せて「だるまさんがころんだ」と好きなスピードでいいます。その間にスタートラインから、皆が鬼にタッチするために少しずつ近づいていきます。「だるまさんがころんだ」をいい終わると鬼は皆のほうを振り返りますが、そのときに皆は動きを止めなければ鬼に捕まってしまうという遊びです。

「だるまさんがころんだ」は簡単なルールなので、3~4歳の子どもでもルールを理解することができ、楽しく遊べますよ。

4歳~5歳のできることとおすすめの遊び

縄跳びやボールなど道具を使う遊びができる

4~5歳の子どもは、保育園や幼稚園での集団生活にも少しずつ慣れていき、友達と一緒に遊ぶのが楽しくなってきて遊び方の種類も増えてきます。運ぶ、転がす、投げる、蹴る、持つ、積む、引く、掘るなどの「道具を上手に操作する動き」が身についてくるので、縄跳びやボールなどを使って遊ばせると喜ぶ子が多いですよ。

ボール遊びは公園や広場などに行かないとできませんが、縄跳びは家の前などでもすることができるので、ママは一緒に遊びやすいかもしれませんね。最初はなかなか跳ぶのが難しい子もいますが、ママや友達と一緒に楽しく遊ぶことで少しずつ跳べるようになるので大丈夫ですよ。

公園や広場でボール遊びをするときは、投げたり蹴ったり、全身を使って思いっきり遊ばせてあげましょう。
42 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj