就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

20代の脂性肌に適したスキンケアは?脂性肌の原因と肌ケアのコツ

20代の脂性肌に適したスキンケアは?脂性肌の原因と肌ケアのコツ

20代になって急に肌トラブルが増えたり、出産を境に脂性肌になってきたと心当たりがあるママも多いことでしょう。その原因は、実は隠れ乾燥肌(インナードライ)によるものかもしれません。今回は20代の肌トラブルの原因と、プチプラ・時短でできる正しいスキンケアの方法についてご説明します。

20代の脂性肌の主な原因とは?

誤ったスキンケアで肌に負担がかかるため

10代のときは肌荒れとは無縁だったのに、20代になって急に肌トラブルが頻発するようになったという声をよく聞きます。10代がろくに手入れもしていないのにトラブル知らずの肌を維持できるのは、皮膚の再生能力が高いためです。

しかし、20代になるとそうはいきません。皮膚の再生能力が低下して肌トラブルが出始め、あわててスキンケアを始めたとき、問題となるのがスキンケアの方法です。

普段からスキンケアをおこなっていないと、自分の肌のコンディションが把握できていませんよね。「とりあえずきれいに洗顔すればよいよね」「化粧水をつけておけば大丈夫!」と安易に実施すると、逆に肌に負担がかかって肌トラブルが悪化することもあります。

ホルモンバランスの乱れで皮脂が過剰に

普段からスキンケアに力を入れていたとしても、肌トラブルは起こりえます。その一因として、ホルモンバランスの乱れによる皮脂過剰が挙げられます。

生理前後に毎回肌が荒れる人もいることでしょう。生理は女性ホルモンの分泌量が変動することで管理されているため、生理前後は肌荒れが起こりやすくなるのです。

とくに20代は環境が変わりやすい時期です。学生から社会人になったり、新入社員から中堅層になったり、会社員から母になったりと、さまざまな変化を経験します。

仕事や家事に追われ、満足にリフレッシュできないままストレスを溜め込んでしまう人も多いです。心身ともに緊張した状態が長く続くことにより、ホルモンバランスが乱れ肌トラブルに繋がるのです。

脂性肌は隠れ乾燥肌が原因で起こることも

皮脂の増加は「隠れ乾燥肌」が原因のこともあります。「隠れ乾燥肌」とは、見た目には脂性肌に思えるものの、実際は乾燥肌である状態のことをいいます。

肌の水分が不足すると肌が傷つきやすくなるため、表面に皮脂を分泌して肌を守ろうとします。ぱっと見は脂性肌なので、「脂っぽいからスキンケアはいらないよね」「乳液を少し減らした方がよいかな」と、より乾燥肌に傾く行動を取りがちになるのです。

ただ、自分が隠れ乾燥肌による脂性肌なのか、本当に脂性肌なのかは判断しにくいですよね。おすすめなのが、肌診断を受けることです。

肌診断はエステ店以外に、皮膚科でも実施しているところがあります。正しいスキンケアのためには、まず自分の肌質を知ることが大切です。

20代の脂性肌に適したスキンケアの方法

洗顔は優しく!皮脂の落とし過ぎはNG

脂性肌の人がやりがちなのが、「しっかり洗顔しよう!」とゴシゴシ洗ったり、何度も洗顔したり、必要以上に皮脂を落としてしまうこと。実はこれは、逆効果です。

先ほどご説明したとおり、肌が乾燥することによる皮膚防御のため、皮脂の分泌は活発化します。適度に皮脂を残しておかないと、余計に脂性肌に傾いてしまうのです。

また、ゴシゴシ洗うことは効果がない上、シワの原因となりかねないため今すぐやめましょう。必要なのは力ではなく「泡のキメ」です。

キメの粗い泡は皮膚の表面を撫でるだけで、奥深くの毛穴までは綺麗になりません。毛穴が掃除されずにいるとニキビや吹き出物の出現に繋がります。洗顔ネットなどを使い、モコモコの泡で優しく洗顔するようにしましょう。

洗顔後は脂性肌向けの化粧水で保湿を

脂性肌の人は、スキンケア用品の選び方に注意が必要です。脂性肌にも種類があり、タイプによって選ぶスキンケア用品の種類も異なります。

一つ目はもともと脂っぽい「オイリー肌」タイプです。洗顔後も肌がつっぱらないことが多く、冬でもテカリ・ベタつきがあるのが特徴です。

オイリー肌の人には、過剰な皮脂を抑える効果がある化粧水が適しています。ビタミンC誘導体などの成分が配合されているものがおすすめです。

二つ目は「インナードライ(隠れ乾燥肌)」タイプです。オイリー肌とは違って実は乾燥しているため、肌表面の皮脂を透過して浸透できる化粧水である必要があります。「高浸透」「低分子」などと書かれている化粧水をチェックしてみるとよいでしょう。

油分の少ない乳液で潤いたっぷりの肌に

化粧水でしっかり補水できれば、次は浸透した水分を肌にとどめるために乳液を塗りましょう。オイリー肌タイプであれ、隠れ乾燥肌タイプであれ、「油分を足したくない」と乳液を塗らない人もいますが、化粧水だけで済ませてしまうのはNGです。

乳液を塗らないと、せっかく補充した水分が蒸発してしまい、「やっているつもり」で乾燥肌は改善されません。

脂性肌の改善に役立つ乳液は、「保湿成分がたっぷり配合された」「油分が少ない」乳液です。油分が多い乳液がトロッとして粘度が高いのに対し、油分が少ない乳液はサラッとして化粧水のように使えるのが特徴です。

また、ニキビや吹き出物がある場合には、薬用成分配合の乳液もあるため、症状により選んでくださいね。

育児中でも使える!ママ向けの肌ケア用品

子どもと一緒に!オイル美容液で保湿ケアを

プチプラ化粧品と比べるとオイル美容液は高価であり、使用感も若干重いと感じるため好き嫌いが分かれます。しかし、防腐剤やアルコールなどの刺激物が含まれていない純度100%の天然オイルは、赤ちゃんの口に入っても問題ないため、安心して使うことができます。

入浴後に赤ちゃんの保湿のついでに、ママのスキンケアもサッと済ませることができるのも魅力の一つです。身体を拭いて残った水分を押し込むように塗り込むだけで、スキンケア完了となります。

オイル美容液にはさまざまな種類があります。種類によっては、アンチエイジング効果やクレンジング効果などが得られます。

また、オイル自体の香りも異なるため、お気に入りの香りのオイル美容液を見つけてみてはいかがでしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC