就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

いつどんなマタニティ用品を揃えるの?時期別に必要なものの目安

いつどんなマタニティ用品を揃えるの?時期別に必要なものの目安

妊娠がわかって、これから赤ちゃんを迎えるまでにどんなものが必要になるのか、気になりますよね。マタニティ用品にはたくさんの種類がありますが、まずは基本的なものを準備していきましょう。この記事では、妊娠初期から中期、後期まで、時期別に必要なものの目安を紹介していきます。

妊娠判明したら何から揃えたらいいの?

お気に入りの母子手帳ケースを見つけよう

妊娠が確定し、母子手帳を受け取ると、いよいよ「ママになるんだな」と実感がわいてきますよね。母子手帳は、妊婦健診で毎回必要ですが、産後も予防接種状況を管理するなど、子どもが大きくなっても必要になります。

また、子どもの成長記録が記載できる欄もあるので、ママにとっては長く大切に保管すべきものになるでしょう。お気に入りの母子手帳ケースを使用すれば、より愛着がわきそうですね。

母子手帳は自治体によって大きさが異なるので、まずは大きさに合ったものを探しましょう。母子手帳ケースは布製・ビニール製・革製などいろいろな素材があります。母子手帳・保険証・診察券・妊婦健診助成券・お薬手帳・エコー写真・書類などが、一つにまとめられるタイプを選ぶと便利ですよ。

マタニティインナーを揃えよう

妊娠すると、ママのからだには大きな変化が起きます。お腹が大きくなってくるのは妊娠中期頃からですが、初期の頃から洋服の締め付けに違和感を感じるママも多いですね。できるだけストレスを減らすためにも、下着類は着心地のよいものを選びましょう。

マタニティインナーは、単にサイズが大きくできているというだけではありません。妊娠中の敏感な肌を刺激しない、柔らかな素材でできているものや、冷えやすいお腹回りを保護してくれるような素材が使われています。

妊娠中はお腹も胸も、日を追うごとに大きくなります。赤ちゃんがお腹の中で快適に過ごせるように、締め付けが少なく、骨盤を支えてくれるようなものを着用したいですね。

葉酸などのサプリメントもおすすめ

妊娠前や妊娠判明後に「葉酸」を摂取することが推奨されていますね。「葉酸」はビタミンB群に属する栄養素で、血液の生産を助ける役割を果たします。さらに、細胞の生産や再生にかかわるため、妊娠前後のママには不可欠な栄養素といわれています。

葉酸が不足すると、お腹の中の赤ちゃんの正常な発育に悪影響が及ぶこともあるようです。

【葉酸を多く含む食品】
・緑黄色野菜
・卵黄
・レバー
・大豆製品
・海藻類 など

毎日の食事から摂取することが望ましいとされていますが、つわりなどで食欲のないママには難しいですよね。葉酸はサプリメントで補うことができます。出産後のからだの回復にも必要な栄養素ですので、継続して飲むこともおすすめですよ。

お腹が目立ってくる妊娠中期に揃えるもの

快適に過ごせるマタニティウェアを選ぼう

妊娠中期になると、お腹のふくらみが目立ちはじめ、今まで着ていた洋服が入らなくなってきますよね。最近ではマタニティ専門のブランドもあり、オシャレなマタニティウェアがたくさんあるようです。

マタニティウェアを選ぶ際に重視したいのは、やっぱり「着心地」ですね。定番アイテムはワンピースですが、スカートやパンツでも、ウエスト回りが伸縮性のある素材になっていて、臨月まで着ることができるタイプもあります。

また、妊娠期だけでなく、産後に授乳服としても着用できるものなら、長く使えてよいですね。ノースリーブや半そでのタイプを選べば、重ね着や羽織物を合わせることで、季節に応じて調節できますよ。マタニティ期ならではのオシャレを楽しみたいですね。

冷え予防にも活躍する腹帯

腹帯(はらおび)は、妊娠5カ月目の「戌の日」頃から使いはじめるママが多いですね。「安産祈願」としての意味もありますが、ママと赤ちゃんを守る大切な役割があります。

【腹帯の役割】
・重たいお腹を支え、腰の負担を軽減する
・お腹周りの冷え防止
・大きなお腹への衝撃や刺激から守る など

腹帯には、用途や使用するシチュエーションによって様々なタイプがあります。

【腹帯の種類】
・さらし(長い布で腰からお腹にかけて包帯のように巻いて使用)
・腹巻タイプ
・ガードルタイプ
・骨盤ベルトタイプ など

使いやすいのは腹巻タイプやガードルタイプですが、昔ながらの「さらし」も、正しく巻けばしっかりとお腹が守られている感じがして、おすすめですよ。

妊娠線予防クリームでケアをはじめよう

妊娠すると、「妊娠線」ができないか心配になるママも多いと思います。妊娠線とは、急激にお腹が大きくなり、皮膚に亀裂が入ることでできる線のことです。一度できてしまうと、完全に治すことは難しいとされているため、できるだけ妊娠線を作らないよう気を付けた方がよいでしょう。

妊娠線ができてしまうのは、急激に体重が増えてしまったり、伸びて薄くなった皮膚が乾燥したりすることが主な原因です。お腹以外にも、おしり、太もも、二の腕、胸など、比較的脂肪がつきやすい部位は、注意が必要となります。

予防策として効果的なのは「保湿」すること。皮膚を柔らかく、伸びやすい状態に保つことが大切です。入浴後などに、低刺激の妊娠線予防クリームを使用することをおすすめします。

出産目前の妊娠後期におすすめアイテム

産後にも使える骨盤ベルトで腰痛対策を

妊娠中、「腰痛」に悩まされるママはとても多いですね。妊娠すると、出産に向けて骨盤や靱帯などを緩めるためのホルモンが分必されます。緩んだ骨盤で大きなお腹を支えるのは大変です。

腰痛対策として、産院でもおすすめされることが多いのが「骨盤ベルト」です。ベルトをお腹の下に巻いて骨盤を安定させることで、子宮の位置が下がることを防ぎ、赤ちゃんが成長しやすい状態に保ってくれます。

骨盤ベルトは妊娠がわかったらすぐに使用開始することができます。そして妊娠中だけでなく、出産後も使用することが推奨されています。産後、緩んだ骨盤を正常な位置に戻すことは、産後ダイエットにもつながります。ただし、産後の使用は医師の許可を得てからの方がよいでしょう。

産後授乳にも使える抱き枕で寝苦しさを軽減

妊娠後期になると、お腹が重たくなってきて、仰向けの状態が寝苦しくなります。横向きで眠る際に、ぜひ使いたいのが「抱き枕」です。枕を足の間に挟んで横になると、骨盤が安定して眠りやすくなります。

おすすめは、大きなお腹に沿ってカーブした形の抱き枕。ぴったりとフィットして、快適に眠ることができます。また、最近では抱き枕を産後に授乳用クッションとして使用できるタイプも多いようです。

新生児の頃は、授乳用クッションがあった方がだいぶ授乳しやすくなるので、抱き枕と兼用できれば一石二鳥ですね。U字型に変形できれば、赤ちゃんがお座りする際、背もたれとしても使用できます。購入の際は、産後の使用もイメージしておくとよいですよ。

入院準備をはじめよう

妊娠後期に入ったら、余裕をもって少し早めに入院準備をはじめましょう。まずは、入院する病院になにが必要になるのか確認します。産院によっては、ほとんどのものが用意されているケースもあります。

必要なものを「リスト」として書き出し、下記のように用途に合わせ、袋を分けて準備すると入院中スムーズです。
・入院時の手続きに必要なもの
・出産前に必要なもの
・ママの入院中に必要なもの
・赤ちゃんの入院中に必要なもの
・赤ちゃんの退院時に必要なもの など

入院時に必要なものだけでなく、入院中、家でお留守番することになるパパへの伝達事項もまとめておくとよいですよ。ゴミ出しや重要書類の場所、産後の役所手続きなど、妊娠後期にしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

初めての妊娠の場合、お腹が大きくなるにつれて自分がどんな風になっていくのか、想像しにくいと思います。最初は嬉しくてあれこれ買ってみたくなりますが、記事で紹介したものでも、意外と普段使用しているもので代用することも可能です。

赤ちゃんが産まれた後は、なにかとお金もかかりますし、物も増えがちです。先輩ママに話を聞きながら、本当に必要だと思えるものだけを準備した方が無難かもしれません。快適なマタニティライフが送れるように、自分に合ったものを揃えていってくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR