就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

6月生まれの子どもの特徴は?子育てポイントや人気の名前

6月生まれの子どもの特徴は?子育てポイントや人気の名前

梅雨時期となる6月に予定日を控えたママにとって、気になる6月生まれの赤ちゃんの子育てのポイントをご紹介します。また、名付けのヒントになる人気の名前もまとめていきます。誕生石や誕生色をはじめ6月生まれの有名人など、ママが気になるさまざまなことについてみていきましょう。

6月生まれの誕生石や気になる有名人

誕生石はパール。誕生色はあこがれかずら

生まれてくる子どものために誕生石を取り入れたベビーリングを用意したいというママもいますよね。6月生まれの赤ちゃんの誕生石はパール、つまり真珠になります。またムーンストーンも6月の誕生石になっています。

パールは純潔や健康、さらに女王の品格という意味合いがあり、長寿や健康という意味合いもあります。また、ムーンストーンは女性性を高めることができるパワーストーンとしても知られ、純愛という石言葉も持ちます。6月生まれの誕生石はいい意味合いを持っていますね。

誕生色というものはご存知でしょうか。6月はあこがれかずら(憧葛)というものです。あまり聞き馴染みがない色かもしれませんね。つる性の植物の総称である「かずら」の葉っぱに、降り続く雨が当たることで、瑞々しい深い緑色に見えます。この水に濡れたかずらの葉っぱの色をあこがれかずらといいます。

芽吹きのころの葉っぱの色や日に透けて見える葉っぱの緑色もきれいですが、雨に濡れしっとりしと瑞々しい葉の緑は、優しさや艶っぽさもあり美しい色だと思いませんか。

6月生まれの有名人にはどんな人がいる?

6月生まれの有名人にはどのような人がいるのかをご紹介します。まずはスポーツ選手をみてみましょう。

・宮里藍さん(元プロゴルファー)1985年6月19日生まれ
・本田圭佑さん(プロサッカー選手)1986年6月13日生まれ
・中村俊輔(プロサッカー選手)1978年6月24日生まれ
・ジネディーヌ・ジダン(プロサッカー選手)1972年6月23日生まれ
・リオネル・メッシ(プロサッカー選手)1987年6月24日生まれ
・稲垣啓太(ラグビー選手)1990年6月2日生まれ
・末續慎吾(陸上競技選手)1980年6月2日生まれ

続いて俳優さんもご紹介します。

・長澤まさみさん(俳優)1987年6月3日生まれ
・阿部寛さん(俳優)1964年6月22日生まれ
・芦田愛菜さん(俳優)2004年6月23日生まれ
・藤原紀香さん(俳優)1971年6月28日生まれ
・本田望結さん(俳優)2004年6月1日生まれ

このような6月生まれの俳優も多くいます。信じた道を突き進んでいる印象が強い俳優さんが多いように感じますね。

6月生まれの子の子育てポイント

温度、湿度管理で肌トラブルに注意

湿気が高く少し肌寒いことが多い6月は、汗をかいても蒸発しにくく肌にまとわりつくように感じます。この時期はあせもができやすく肌トラブルが起こりやすい時期にもなっています。生まれたばかりの赤ちゃんはとくに皮脂の分泌も活発なので、乳児湿疹もできやすいです。

梅雨のない北海道では逆に空気が乾燥しお肌がカサカサになりやすくなります。乾燥による肌トラブルが起こりやすい時期となります。

おおよそ湿度50~60%くらいになるように室内の湿度管理を行うことが大切になってきます。湿気が高い地域では汗を吸い発散させてくれるガーゼ肌着を、湿度が低い地域では保湿クリームを使ったケアを行いましょう。汗をかきすぎないような室温管理も大切ですね。

すごしやすい季節に外出しやすくなる

6月生まれの赤ちゃんは、生後3カ月くらいまでは暑さも厳しいため室内で過ごすことが多くなりますよね。3カ月というとちょうど首がすわり始め抱っこして外出するのが楽になる時期となります。夏の暑さが一段落してくる9~10月は、行楽シーズンとして外出しやすい時期にもなります。お散歩をするにもよい季節になってきますね。

近年は9月や10月でも残暑が厳しい日もあるため、日傘や帽子などの紫外線対策や濡れおしぼりや保冷剤などを使った暑さ対策はしっかりと行うことが大切になります。屋内では冷房が効いていることも多いため、暑さ対策だけではなく冷房対策も必要です。

まだ蚊などの感染症を運ぶ虫の動きも活発なので、虫対策なども怠らないようにしましょう。

風邪のこわい季節に育てやすい月齢

赤ちゃんはママのおなかの中では胎盤を通じてママから免疫をもらい、生まれてからは母乳を通じて免疫をもらいますが、生後3カ月くらいになると生まれてすぐのころにくらべて免疫力が半分程度に低下します。

ここから徐々に自分で免疫を付け抵抗力を付けていき、生後6カ月ほどで生まれたときと同じくらいの抵抗力を手に入れています。6月生まれの赤ちゃんが生後6カ月を迎えるのは、12月ごろですね。ちょうど風邪などの感染症が流行りだす時期です。

免疫も付き始め抵抗力も上がってきてずいぶんとしっかりとしてくる時期です。風邪のこわい季節でも、育てやすい月齢になります。ここからさらに免疫が高まっていくため、感染症にかかるリスクが少なくなっていきますね。

6月生まれ赤ちゃんの人気の名前

初夏らしいイメージの名付け方

6月は田植えが始まり、一年のうちで一番昼間が長い夏至もあります。紫陽花や水芭蕉など雨が映える花が咲き、果樹では杏(あんず)や李(すもも)の花が咲き始める季節ですね。露に濡れた青葉などが美しく見えます。川では鮎の遡上が始まり、清流では夕方蛍が飛び交う幻想的な風景も見られます。

「潤」「夏」「葵」「鮎」「雨」「青」「李」といった漢字は、この季節に生まれた子どもに着ける名前に入れる文字としてはぴったりです。

・長谷川潤さん(ファッションモデル)
・相武紗季さん(俳優)
・夏帆さん(モデル)
・佐々木彩夏さん(ももいろクローバーZ)

みなさん6月生まれの芸能人となります。季節を感じさせる名前が素敵ですよね。

男の子に人気の想いのこもった名前

6月生まれの男の子に人気の想いのこもった名前もみていきましょう。

6月は涼しげな音を持つ名前や、水にまつわる名前が多くみられます。これから植物が生き生きと育っていくためか植物に関する名前も人気ですよ。

漢字一文字の名前では
・潤(じゅん)
・涼(りょう)
・葵(あおい)
・蛍(けい・ほたる)
・湊(みなと)
・樹(いつき)

漢字二文字の名前では
・桔平(きっぺい)
・陽仁(はるひと)
・潤一(じゅんいち)
・水樹(みずき)
・菖平(しょうへい)

六月は英語でJune(ジューン)というため「じゅん」という音の名前も人気です。「潤」以外にも「淳」「純」といった漢字を使った名前もよくみられますよね。

女の子に人気の愛される名前

6月に結婚をすると幸せになるといういわれもあるジューンブライドの季節でもあり、女の子の名前には可愛らしく人から愛される名前を付けるママも多いようです。男の子同様に季節感や植物の漢字を付けたり、音だけをもらってくる名前もみられます。

漢字一字の名前では
・杏(あん)
・葵(あおい)
・陽(はる)
・愛(あい)
・蒼(あおい)

漢字二文字の名前では
・美雨(みう)
・杏花(きょうか)
・杏里(あんり)
・愛美(まなみ)
・美月(みづき)
・真実(まみ)

誕生石であるムーンストンから「月」という漢字を入れたり、真珠から「真」という感じを入れたりする名前もみられます。優しい雰囲気を持つ名前が多いですね。

まとめ

6月はじめっとした梅雨時ですが、赤ちゃんが生まれてある程度しっかりしてくる頃には、外で過ごすのにちょうどよい気候になっていきます。子育てをしやすい時期の生まれともいえます。生まれたばかりのころはお肌のトラブルなどには注意する必要がありますが、ここを乗り越えれば赤ちゃん自身の抵抗力も高まり病気にも罹りにくいといえそうです。

一流といわれるプロサッカー選手の中には、不思議と6月生まれの方が多くみられます。名付けに迷ったときにはこのような有名人の名前を参考にしてもよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR