就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児とのお散歩は夜でも楽しい!メリットと時間帯や注意点を知ろう

幼児とのお散歩は夜でも楽しい!メリットと時間帯や注意点を知ろう

小さな子どもと夜に出かけることをためらってしまうママは多いようですが、夜に出かけるお散歩には楽しいことがいっぱいです。子どもにとってよい刺激がたくさんあるので、ぜひ挑戦してみてください。今回は子どもとの夜のお散歩のメリットや注意点などについてご紹介します。

夜に幼児とお散歩するメリットを知ろう

いつもと違う雰囲気でリラックス効果あり

小さな子どもと一緒だと、ほとんどのお出かけは昼間の時間帯になると思います。だからこそ、子どもと一緒に行く夜のお散歩がおすすめです。

当然ですが夜は暗いです。おすすめは普段よく歩く道での夜のお散歩なのですが、暗い中、知っている道を歩くことで味わえる安心感とドキドキが、ストレス解消につながるそうです。

また車や人が少ない道では、風の音や虫の声など自然の音を聞くことができます。自然音は脳に癒し効果を与えてくれますよ。

またお散歩をするだけで、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌を促進させる効果があるともいわれています。夜にお散歩をすることで幸せな気持ちで1日を終えることができる、そんな効果も期待できるのです。

月や星空の観察で子どもの考える力が育つ

夜のお散歩の楽しみの一つが天体観測です。昼には見られない夜空に、子どもも興味を覚えるのではないでしょうか。

月は、満月や三日月、新月など、日々かたちを変えます。また月齢によって、現れる時間や場所が変わります。

毎日、また数日に1回、お散歩をしながら月を見る習慣をつけると、こうした月の変化に気づくようになるかもしれません。月の動きや形状の変化について、一緒に本などで学ぶのも楽しいですね。

季節によって見える星や現れる位置も違います。夏には織姫星(ベガ)と彦星(アルタイル)とはくちょう座のデネブをつないだ夏の大三角形などが見られます。

空気の澄んでいる冬には、三ツ星が特徴的なオリオン座やひしゃく型の北斗七星など、美しく輝く星々を観察できますよ。

ママと子どもだけだからこそ話せることも

なかなか本音をいい出せない、気持ちを内に秘めてしまうタイプの子も多いですよね。でもママと子どもだけでの夜のお散歩では、本音が出てきやすいようです。

夜は暗いため、相手の顔が見えにくい環境です。さらに前を向いて歩くので、お互いの顔をあまり見ることがありません。子どもにプレッシャーを与えず、本音を引き出しやすくなるようです。

またお散歩中は、有酸素運動の効果で頭の働きがよくなるといわれます。外を歩きながらの「散歩ミーティング」が推奨されている企業もあるのだとか。

子どもも、夜のお散歩で頭の中を整理しながら本音を口にできるかもしれませんね。数日に1回でも、短い時間でも、こうした時間を作って子どもに安心感を感じてもらえるとよいですね。

夜のお散歩に幼児と行くときの時間は?

子連れの外出!20時前の帰宅がママの理想

「自分の子どもを連れて出かけ、帰宅するタイムリミット」を、20時と考えているママが多いようです。これは21時を就寝時間に心がけているママの多いことが影響しています。

ベッドに入る1時間前と考えると、お散歩も20時までの帰宅がちょうどよいかもしれませんね。ママやパパの仕事の都合などで難しい場合もありますが、就寝時間と合わせて参考にしてください。

また、夜に子どもを連れて外出していると周りの目が気になるものですが、20時ごろまでなら非常識と思わない人も多いようですよ。これも21時の就寝を意識してのことかもしれませんね。

子どもの規則正しい生活習慣のためにも20時までのお散歩が理想的といえそうですね。

夕食後で入浴前がお散歩のベストタイミング

夜のお散歩をするなら、生活習慣のどのタイミングに取り入れようか悩むママもいるのではないでしょうか?おすすめは夕食後に少し時間を置き、お散歩をして、帰宅後に入浴して睡眠、といった流れです。

夕食後に少し時間を置くのは、食べてすぐのお散歩が消化器官に負担を与えるから。食後1時間くらい経過すると消化器官が落ち着きます。

例えば18時に夕飯を食べて、19時半ごろお散歩に出かけるようなスケジュールだと安心です。お散歩で体力を消耗した後は、ぬるめのお風呂にゆっくりつかりましょう。

就学前の子どもの体力作りにお散歩を推奨する保育士さんも多いようです。お散歩で体力をしっかり消耗すれば、寝つきも質もよい睡眠につながりますね。

夜のお散歩は子どものペースで20分程度

大人の場合、脂肪燃焼を目的に30分くらいの散歩(またはウォーキング)を推奨されることが多いですが、子どものお散歩はダイエットではありません。リラックス効果を第一に考えてください。

お散歩でリラックス効果を発揮させるためには20分程度歩くとよい、といわれているようですよ。この20分は、子どもの歩く速さに合わせて、さらに寄り道もしながらの時間と考えるとよいでしょう。

ママの想像するお散歩とは違うかもしれませんが、ママと一緒に立ち止まって風の音を聞いたり、空の星を眺めたりするお散歩は子どもにとってとても楽しい時間になりますよ。

せっかくなのでママも日ごろの忙しさを忘れて、子どもと夜のお散歩風景を楽しんでリラックスしてくださいね。

幼児と行く夜のお散歩で気を付けたいこと

子どもとしっかり手をつないで安心感を

夜は、昼間ほどの交通量や人通りはないですが、やはり自動車や自転車などに注意が必要です。子どもの手はしっかり握って、安全にお散歩を楽しみましょう。

手をつなぐのはスキンシップの効果もありますが、お散歩では子どものとっさの行動を防ぐためでもあります。暗い中で突然興味のあるものを見つけて、道路のほうへ走っていくと大事故になりかねません。

また街灯があまり明るくない道では、側溝や段差などがよく見えないこともありますね。けが防止のためにも、子どもの手は離さないようにしてください。

子どもとの位置関係も大切です。歩道であれば必ずママが自動車側を歩き、子どもが道路にはみ出ないよう気を付けてあげてください。

虫刺されや防寒の対策を忘れずに

夏の外出に必須である虫刺され対策は、夜の散歩にも必要です。とくに蚊は体から出る二酸化炭素に寄ってくるため、暗くても刺されてしまいます。

長袖を着るなどして肌の露出を少なくするか、虫よけスプレーなどを利用しましょう。

熱帯夜になりそうな夏の夜は、暑さで熱中症になる危険があります。冷感タオルなどで首を冷やしたり水分補給をしたりして、注意して出かけましょう。

一方、冬の夜のお散歩には防寒対策が大切です。冷たい防寒着を着ると体も冷えてしまうので、事前に室内で防寒着を少し温めておくと、着たときにヒヤッとしなくてよいですよ。

雪の積もる地域であれば手袋や耳の隠れる帽子、すべり止め付きの靴は必須です。また吹雪いている日は迷わず中止にしましょう。

なるべく明るくてよく知っている道を歩こう

夜暗い中で初めて通る道は、大人でもちょっと警戒してしまいますね。子どもであれば余計そうで、夜のお散歩が楽しいのは、いつも知っている道がいつもと違うように見えるからこそだと思います。

夜のお散歩で子どもに恐怖を与えてはよい効果が得られないので、必ず知っている道でお散歩をしてください。子どもが安心して歩けることが大切です。

また、たとえ知っている道でも、夜と昼では見えるものが違います。ちょっとした段差に気づかないこともあるので、街灯のある道を安全に歩きましょう。

街灯のある道をお散歩することは、変質者などの危険な人物に遭わないためにも重要です。子どもとママだけで歩くのですから、やはりある程度ひとけのある明るい道が安心ですね。

まとめ

小さな子どもと夜のお散歩に行くメリットはたくさんあります。ぜひ何日かに1回でも、夕方から夜にかけての夕食やお風呂の時間を工夫して、楽しい時間を過ごしてください。

夜にお出かけをするためには、昼間のお出かけとは違った準備も必要になります。夏の虫対策や冬の防寒対策、また安全面の確保などにも気を配りましょう。

夜のお散歩は子どもにとって小さな冒険です。虫の音や夜空に輝く星など、昼間では触れることのできない自然を、一緒に堪能したり学んだりしてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018