就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママ友からのハンドメイドギフト!素敵な対応でトラブルを避けよう

ママ友からのハンドメイドギフト!素敵な対応でトラブルを避けよう

フリマアプリの登場や、ハンドメイドブームにより手作りを楽しむママも増えています。それにともない、トラブルを抱えるママも出てきています。ママ友からハンドメイドギフトを貰ったときのスマートな対応や、トラブルを回避するにはどうしたらよいのかを考えてみましょう。

ママ友から手作りギフトを貰ったときの対応

貰ったら「ありがとう」とお礼をいおう

雑貨店やカフェなどに行くと、ハンドメイド作品が販売されているのを見かけることはありませんか?空前のハンドメイドブームで、ママ友の中にもハンドメイドを楽しんでいる方がいるかもしれませんね。そのようなママ友から手作り品をギフトで貰った場合、どうしたらよいのか迷ってしまうこともありますよね。

好みに合うものの場合にはすぐに「ありがとう」といえそうですが、趣味に合わない場合にはその場でお礼の言葉が出てこないこともありますよね。このような場合は、後でメールでもよいので「ありがとう」とお礼を伝えましょう。メールを送るときには時間を考えて、相手のママがメールを確認しやすい時間を選ぶとよいですよ。お礼をいうことで自分の心が豊かになりますよ。

手作りでも無料ではないことを覚えておこう

手作りのギフトといっても、ハンドメイド作品を作るためには、少なくとも材料費がかかっています。例えばハンカチ1枚だとしても、布代や糸代などは最低限かかります。

ハンドメイド作品を作るのには、手間もかかります。ギフトとして人にプレゼントできる作品を作り上げるために、手作りギフトをくれたママ友は、長い時間をかけて技術を磨いてきたかもしれませんよね。目に見えている材料費以外にも、このような時間や技術習得にかかった費用があるのかもしれません。

ママ友がプレゼントしてくれる手作りギフトは、決して無料ではないことは覚えておく必要がありますね。お店で購入したギフトではないから費用が掛かっていない訳ではありません。

お返しはしたほうがよいの?

プレゼントをもらった場合のお返しに悩むママもいますよね。これは相手のママ友との関係性によっても違いがあります。

例えば、幼稚園や保育園で初めて会ったママ友が、これからもっと親しくなりたいと思って手作りギフトをくれたのなら、こちらも親しくなるきっかけ作りとしてお返しをしてみるのもよいですね。

すでに親しい間柄のママ友が何度も手作りギフトをくれるのであれば、毎回ではなくてもお返しをすると良好な関係の維持ができますよ。

お返しを気にしていないママ友もいますが中には気にするママ友もいます。旅行に行ったときにお土産を用意したり、たくさん頂き物をしたときにおすそ分けをしたりするのがおすすめです。相手の負担にならないものを選ぶとよいですね。

ママ友が手作りギフトをくれるのはなぜ?

日頃の感謝の気持ちとして

ママ友との付き合いの中で、急な用事で子どもを少し預かってもらったり、お出かけの際に車を出してもらったりすることなどがありますよね。口ではお礼をいったとしても、毎回お礼の気持ちのギフトを送るようなことはないと思います。

ですが、日頃からこのようなことが重なっていれば、ママ友が感謝の気持ちとして何かを贈りたいと考えることもあります。高価なものをプレゼントすると相手のママに気を使わせてしまうけれど、手作りのギフトなら気を使わせないと思っているのかもしれません。

ママ友によっては、材料の選定からデザイン、制作まで1人でこなすハンドメイド作品であれば、感謝の気持ちを伝えるのにはぴったりと思っている可能性もありますよ。

作品についての意見が聞きたい

手作り品を作るママの中には、ハンドメイド作家として作品を販売している人もいます。もし手作りギフトをプレゼントしてくれるママ友がこのような人ならば、作品についての意見が聞きたいと思っている可能性もあります。

作品を作るとき、自分ではよいと思って作っていても、売れないものもあります。子ども向けの作品を作っているママならユーザー層に合致するママ友に作品について意見を聞いて、作品作りのアイデアを得たいと思っているのかもしれませんね。

手作りギフトを貰ったときに「どう?」と意見を求められたら、ストレートに感じたことをいってみるのもよいですよね。もし意見が聞きたいと思っているママ友なら、喜んでくれますよ。

自己満足や安心感を得たいため

ギフトを贈る行為は、自分の好意を相手に伝えるという意味もあります。つまり、相手のママ友は、ママに対して好意を示してくれていることになりますよね。

それと同時に、ギフトを贈ることで相手が喜んでくれると思っているのではないでしょうか。自己満足といえる行動です。相手が手作りギフトを喜んで受け取ってくれることは、自分にも好意を抱いてくれているという安心感も得られます。

相手がどう思っているのかということは関係なく、ママ友同士の関係性を良好に保ちたいという思いが強く、それが手作りギフトを贈ることで維持できると思う人もいます。少し勘違いをしやすい傾向はありますが、あくまでも好意を持っていることは分かってあげたいですね。

手作り好きなママ友とのトラブルに注意!

手作り品がママ同士のトラブルの原因に

ママ全員が手作りが得意な訳ではありません。中には子どもの入園準備や入学準備の制作物が作れず悩むママもいます。手作りが好きなママがママ友のなかにいれば、つい作ってとお願いしてしまうこともありますよね。

仲がよいママ友のためなら喜んで作ってくれるママもいるかもしれませんが、それが噂になり、少しの知り合い程度でも次々に手作り好きなママに「作って」というお願いが来るというトラブルがインターネット上でもよく見られます。

子どものお世話をしながら、さらに他人の子どもの制作物まで作ってと頼まれて困っているママも多いようです。作って貰ったママは、安易に作ってもらったことをいわないようにすることで、このようなトラブルは避けられますよ。

ママ友からの「買って」が悩みごとに

趣味で手作りを楽しんでいるだけではなく、ハンドメイド作家として手作り品を売るママもいますよね。フリーマーケットなどに出店して販売をするのであればよいのですが、中には売れ残ってしまった手作り品をママ友に「買って」というママもいます。

お付き合いだと思って1度購入すると、次からもまた買ってもらえると思って手作り品を作るたびに見せてきては買って欲しいといわれてしまうこともあるのです。トラブルを避けるためには、本当に気に入ったもの以外はママ友から買わないことも大切です。お付き合いで買わないようにしましょう。

手作り品を作って販売をしているママは、ママ友はお客様ではないことを意識して頼まれない限り自分の作品を見せないようにするとよいですよね。

お願いするときは最低限のマナーを守ろう

手作りがどうしても苦手で、手作り好きのママ友に子どもの入園グッズや入学グッズを作ってもらいたいママもいますよね。このようなときは、まずは相手のママ友に作って貰えるか確認しましょう。ママ友も同じママですので、子どもの世話などが忙しく手作りをする暇がないこともあります。このようなときに無理にお願いするのは避ける必要がありますよね。

作ってくれるという返事があった場合は、材料費はもちろんですが相応の手間賃もお支払いしましょう。相手のママ友は時間を割いて頼まれた手作り品を作ってくれるのです。もし手間賃を受け取ってもらえない場合は、相手の子どもが好きなお菓子など金銭ではない別のお礼を考えるとよいですね。

まとめ

ママ友からもらったハンドメイドギフトも、自分の趣味に合うものなら嬉しいですが、そうではないと何といったらよいか迷ってしまうママもいますよね。ギフトには何かしらかの気持ちが込められているので、その気持ちを察することも大切です。そして貰ったときには、やはりありがとうの一言は伝えたいですよね。

手作りを趣味にするだけではなく、ハンドメイド作家として販売を行っているママも増えています。売買に関わることや安易に「作って」と頼まれて困るというトラブルは、相手を思いやる気持ちを持てば避けられますよね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR