就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

卒園式のママはスーツスタイルが王道?人気カラーと小物のチョイス

卒園式のママはスーツスタイルが王道?人気カラーと小物のチョイス

子どもが主役の卒園式ですが、家族やお友達と写真を撮ることも多いので、ママのスタイルも素敵なものにしたいですよね。スーツの色や形、合わせる小物やヘアスタイルにも悩みます。無難にまとめると地味になりがちに。上品で落ち着いた、浮かないスタイルを目指しましょう。

スーツスタイルの人気カラーを調査

失敗ナシの定番ブラック

卒園式などの式典にはブラックを着て参加するママが半分以上を占めます。入園式でも着用できる明るい色はあまり見かけませんので、ジャケットにブラックを選べば失敗はないでしょう。全身ブラックだと暗い印象になりますので、白いシャツなどを合わせてはどうでしょうか。

最近ではスカートだけでなくパンツスタイルも目立つようになってきました。スタイリッシュでかっこいいですよね。式典専用ではないブラックのセットアップも人気で、リアルクローズでも使える服が便利です。

ワンピースに黒系のジャケットと白系のジャケットがセットになった、卒園式と入学式で使い分けられるものも販売されています。とても便利なので、コーディネートがニガテなママは活用してみてください。

卒園式、入学式に対応可能なグレー

明るすぎず、でも落ち着いた色合いのグレーは、卒園式だけでなく入学式にも着まわせます。インナーやアクセサリーで変化をつければ一着で済むのでお手頃ですよね。

グレーと一言でいっても、暗めのグレーや明るめのグレーと幅広いです。明るめグレーでもダークカラーですので問題ありませんが、当日浮いてしまうことを心配されるようでしたら、暗めのグレーを選んでおくのが無難です。

グレー一色のスタイルよりも、ブラックと合わせることでワンランク上のおしゃれを目指すこともできます。明るめグレーでも上下同じだと地味な印象になってしまうこともあるので、ブラックのワンピースにグレーのジャケットなど、自分流の組み合わせを考えるのも楽しそうですね。

上品にまとまるネイビー

ネイビーは注目を集めつつあるカラーで、上品な印象を与えてくれる色です。ブラックは着方によってブラックフォーマル(喪服)のイメージがあるので、ネイビーを選ぶ人も多いのではないでしょうか。またネイビーは「お受験スーツ」といわれ、需要が高まっています。

光沢のあるネイビーのジャケットなら、式典以外のちょっとしたパーティーやお呼ばれにも使えそうですね。オフでは、スカートに合わせるだけでなく、デニムのパンツにも合わせればきれいめのカジュアルスタイルも楽しめそうです。またビジネスシーンにも着まわせるので、一度だけ着てタンスの肥やしになる心配も少ないと思います。

ネイビーは着る人の年齢を選ばない理想の色。年齢を重ねても着続けられそうですよね。

卒園式に欠かせない小物のチョイス

パールやコサージュはどう選ぶ?

ダークカラーのスーツには、明るい小物を選ぶとよいでしょう。小物もダークカラーで合わせてしまうと暗い印象になってしまいます。

パールやシルバーのネックレスは、卒園式などの式典では定番のアイテムです。一つ持っていればフォーマルな場面で活用できるでしょう。あまり長いものではルーズなイメージになりますので、首回りが苦しく感じない程度の短いものがよいと思います。

胸元につけるコサージュは華やかな印象を与えてくれます。オフホワイトやクリームなどの色が卒園式にはぴったりですし、薄いピンク系の色もおすすめです。またコサージュを手作りするママもいるようです。大切な子どもの卒園式に、世界に一つだけのコサージュをつけたら素敵な思い出になると思います。

フォーマル感のあるバッグとは?

卒園式には黒のバッグが一般的です。どんなスーツにも合う無地でシンプルなものを選びましょう。

最低限の手荷物が入る小ぶりなサイズでもよいのですが、卒園式後に記念品をもらう場合も想定されるので、小さめのバッグを持つ場合には黒のサブバッグを用意しましょう。トートタイプやボストンタイプなどの大きめサイズもありますので、下の子のおむつや、ビデオカメラ持参などでかさばっても大丈夫です。

どんなサイズでもシンプルなデザインを選びましょう。たくさん飾りがついていたり、個性的なデザインは卒園式では不向きです。ショルダータイプや肩かけタイプなどありますので、使いやすいものを探してみてくださいね。

パンプスやスリッパなど足元はどうする?

靴もバッグ同様黒がおすすめです。どんな色のスーツにも合いますし、悪目立ちしません。オープントゥやバックストラップなどは向きませんので、つま先と踵は隠れたものを選びましょう。高すぎるヒールも不向きです。

スリッパもダークカラーにしましょう。折りたたみの可能なバレエシューズがおすすめです。踵のないスリッパでは脱げやすく、持ち歩きにかさばります。また歩いた時パタパタと音が気になる場合もあります。パパの分や、他の兄弟の分もある場合、小さく持ち歩けるものがよいと思います。

ストッキングは黒でも問題ありませんが、暗くなりすぎることもあるので、ベージュが無難です。結婚式などに使える飾りがついたストッキングは避けましょう。

卒園式にはヘアスタイルも抜かりなく

ショートヘアは毛先の動きがポイント

ショートヘアではアレンジの幅が広くはありませんが、他のママと差をつけたいですよね。まず髪の毛の艶を意識しましょう。

分け目を左右どちらかのサイドに寄せて、トップにボリュームを出しましょう。分け目を変えるだけで地肌がわかりづらくなり、若い印象をつくることができます。毛先は遊ばせず、ナチュラルにそろえるのもポイントです。落ち着いた雰囲気を心がけましょう。

ヘアアイロンを持っていれば、巻いてみるのもよいでしょう。毛先だけ巻いて、ワックスをなじませ手でクシャっとするだけで自然な巻き髪が作れます。ショートヘアは顔付近でアイロンを使うため、普段からアイロンを使い慣れていないと顔をやけどする恐れがありますので、事前練習をおすすめします。

ミディアムヘアは大人っぽさを大切に

家事のときや子どものお世話などで縛りやすいミディアムヘア。このスタイルのママは多いのではないでしょうか?アレンジも多数あるので選ぶのが楽しいですね。

ふんわりしたカールは柔らかく優しい印象を与えてくれます。根元までしっかり巻くのではなく、半分くらいまでに留めましょう。

ミディアムでもアップすることが可能です。おくれ毛をあえて残し、ワンランク上のおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか?和装スタイルですと、アップヘアは一層華やぎます。その場合ヘアアクセは目立ちすぎますので控えましょう。

アレンジがニガテなママもいると思います。無理にアレンジするのではなく「クルリンパ」と軽く縛ったり、ヘアアクセで手軽に華やかさをプラスするだけでもよいでしょう。

ロングヘアは盛りすぎないのが正解

ロングヘアは多彩なアレンジができますが、長さがある分時間がかかるので、時間には余裕を持ったほうがよいと思います。またロングヘアのアレンジは派手になってしまう場合がありますので、適度なバランスが重要になります。

ロングですとハーフアップするだけでも十分に華やかです。トップから毛束を引っ張ればボリュームも出せます。サイドにまとめて縛るだけでもかわいいですし簡単なのでおすすめです。ヘアアクセは控えめなものを合わせてくださいね。

当日美容院でセットをするママは少数派ですが、プロにお任せすれば安心ですし、セットがニガテなママは選択肢の1つとして考えるのもよいでしょう。子どもが主役ですので、控えめスタイルは心がけてくださいね。

まとめ

園生活最後の日。この日を迎えて子どもの成長を深く感じ、胸がいっぱいになるのではないでしょうか。

大切な晴れの日に、スーツなどのスタイルを選ぶことはとても重要です。園によっては色などの指定があったり、逆に自由度が高かったりと様々です。卒園式経験者のママにリサーチしたり、園に直接聞くことも有効です。悩んでしまうようなら思い切って聞いてみましょう。

スタイルに自信がつけば、笑顔ももっと輝くはず。ぜひ自分流の着こなしで、思い出深い1日にしてください。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018