就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育てを地方でしたい。メリットとデメリットや地方移住の人気の県

子育てを地方でしたい。メリットとデメリットや地方移住の人気の県

地方への移住をする家庭が増えているそうですが、都会に住んでいると地方に住むこと自体が、勇気のいることだと思います。また、子どもの病気や不登校など、子どものために移住を考えている家庭もあるのではないのでしょうか。今回は、子育てのための移住のメリット・デメリットを紹介します。参考にしてみてくださいね。

地方で子育てをするメリットとは?

都会に比べて待機児童が少ない

未だ解決の見通しが立たない待機児童問題ですが、地方に移住することで解決できるかもしれませんよ。田舎には幼稚園が少なく、公立の保育園が多いわりに、子どもが少ないので都会と比べると入園しやすい傾向です。田舎の方にとっては、待機児童が多いと問題になっていることが不思議なくらいだそうです。

友人が住んでいる町では、幼稚園が2園、保育園が6園あるそうです。そのため、途中入園もすぐに入園できるとのことでした。また都会では保育士不足といわれていますが、田舎の保育園は保育士の人数も多いので、子どものことを細かく見てくれ、安心して預けることができるとのことです。

待機児童問題の当事者になっている家庭にとっては、魅力的な話ですよね。

子育て支援などの制度が充実している

子育て支援などの制度は、各自治体によって大きく違いがあります。若い世代を呼び込む対策として、出産すると祝い金がもらえる地域もあるそうです。

また、子どもの医療費助成期間にも違いがあり、都会では小学校3年生まで、または中学3年生までのところが多い傾向ですが、地方では18歳まで助成してくれるところが多いです。北海道富良野市では22歳まで助成してくれるそうですよ。

ほかにも、育児用品購入費用助成や任意予防接種全額免除などの制度がある自治体もあるので、意外とお金のかかる乳幼児を持つ家庭にとっては大助かりですよね。子どもを連れて地方への移住を検討しているのであれば、各自治体の子育て支援制度も確認しておくとよいかと思います。

地方で子育てをするデメリットとは?

子どものアミューズメント施設が少ない

田舎ではアミューズメント施設はないに等しいです。一番近い施設でもドライブがてら行く、という感じになるのではないのでしょうか。公園も歩きで行ける距離にはないかもしれません。あるとしても、鉄棒と滑り台だけというような簡素なものが多いです。ですが車で少し走れば、都会にはないようなとにかく広い公園があります。遊具も充実しており、駐車スペースも余裕があります。

都会から地方へ移住したばかりだと、アミューズメント施設がないのでガックリしてしまうかもしれませんが、公園で自然と触れ合う遊びができるので、子どもにとっては嬉しいことかもしれませんね。逆にいえば、田舎に住んでいるとアミューズメント施設に行くだけで子どもは満足してくれるので助かりますよ。

学校が少なく自宅からの距離が遠い

子どもの人数が少ないため、学校の数も少ないです。住む場所によっては、自宅から学校までの距離が遠くなってしまう場合もあります。通学路は都会と比べ歩道が狭く、整備されていない地域が多いようです。自治体によっては、自宅から学校までの距離が2km以上の場合は、スクールバスが利用できるなどの考慮をしているところもあります。

小学校・中学校まではよいですが、高校への通学となると交通の便が悪いので厳しいかもしれません。自宅から通うとなると学校が限られてしまう可能性もあります。電車やバスで通うとしても、1日の運行本数が少なく大変かもしれませんね。

また、中高一貫校などというものは物珍しく、教育の幅は少なくなってしまうかもしれません。

医療施設が少なく近くにない

子どもが小さいうちは病気によくかかるので、近くに病院があると安心ですよね。田舎に住むと、医療施設の少なさを痛感します。専門医療や高度な医療は期待できないかもしれませんが、先生も看護師さんもゆったりと優しい方々ばかりです。

友人が住んでいる町では、小児科は車で5分くらい、耳鼻科は車で20分くらいの距離にしかないということでした。総合病院となると、車で40分もかかってしまうのだそうです。ですが、自宅が併設されている病院だと、緊急時に応じてくれることもあるそうなので、田舎の温かみを感じますね。

子どもが夜中に高熱を出してしまった場合、夜間救急が遠いと親もクタクタになってしまうこともあるので、不便さは感じてしまうと思います。

子育てでの地方移住先、人気の3県

雄大な自然と支援が手厚い「長野県」

長野県は、都会には存在しない雄大な自然がたくさんあります。海はないですが、山・森・川・湖と天然のものばかりです。夏は涼しく、特に夜はクーラーいらずで過ごせるほどです。冬は雄大な山でのスキー・スノーボードが近くでできちゃいます!

自治体によりますが子育て支援の制度も手厚く、医療費助成期間は基本的に18歳まで・おむつ費用毎月2,500円支給・出産祝い金第1子5万円、第2子10万円、第3子30万円・小学校入学時に10万円の祝い金など、親にとっては嬉しいことばかりです。

子育て支援以外にも、住宅リフォーム支援事業補助金や家賃補助など家計に優しい支援がたくさんあります。気になる場所があるならば検索してみてはいかがでしょうか。

自然豊かで都心へのアクセスがいい「山梨県」

山梨県は、首都圏から車で約90分と都心へのアクセスがよく便利な県です。また自然が豊かで、文化遺産などもあり移住するにはおすすめですよ。

甲府市にはほかの市と比べ、保育園から多種多様な大学までが多くあり、子どもの将来も安心できます。また乳幼児がいる家庭や新婚家庭には、月額実質家賃の1/2以内かつ上限2万円を3年間助成してくれる制度があります。

冠婚葬祭のときなど、子どもを預けたいけど、預け先がない…と困ったことはありませんか?ファミリーサポートセンターにあらかじめ登録しておくことで、生後3カ月~小学生までの子どもの送迎・預かりをしてくれるそうです。預けたい人と預かりたい人の双方が会員になれるとのこと。なかなかないので魅力的ですね!
24 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版