就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティママのための美容法!美容グッズと美容院での注意点

マタニティママのための美容法!美容グッズと美容院での注意点

綺麗でいることは女性にとって永遠のテーマですよね。マタニティママのための美容法はあまり話題に上ることがありませんが、妊娠中もできる限り美容に気をつけたいというママもいるのではないでしょうか。スキンケアはもちろんボディケア、美容院へ行くときの注意などを紹介します。

マタニティママのスキンケアと注意点

ホルモンの変化や乾燥でシミが濃くなる

私たちが生きていくために必要不可欠かつ、成長、妊娠、出産など様々な生活活動に大きく影響を与えているのがホルモンです。女性が妊娠すると、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が激増し、男性ホルモンの「アンドロゲン」が減少します。

妊娠するとシミが濃くなるのは「エストロゲン」と「プロゲステロン」がメラニンを生成する「メラノサイト」に刺激を与えるためで、元々あったシミが濃くなるだけでなく、新たにシミが増える原因にもなります。

さらに「アンドロゲン」が減少したことで皮脂分泌が減少し、肌は乾燥します。乾燥肌は肌荒れやニキビになりやすく、炎症が起きると色素沈着にも繋がりますので妊娠中の保湿が大切です。

妊娠中の乾燥シミにおすすめのスキンケア

妊娠中に色素沈着やシミができやすいと分かれば、しっかりとケアをしておきたいですね。ですが、いつものシミケアと一緒でよいとは限りません。

妊娠すると体質が変わることがあるので、無添加やオーガニック食品を選ぶなど食べ物に気を使うママは多いでしょう。それと同じように、妊娠中で敏感になった肌に合わせたスキンケアをすることが大切です。

例えば、低刺激、無添加、天然成分100%などのキーワードが妊娠中のスキンケアアイテムを選ぶときのポイントになります。そのほか、マタニティ向けの化粧品というのも販売されているのでチェックしてみてください。

マタニティ専用のものでなくても、保湿効果が高く、肌への刺激を抑えた化粧品で乾燥シミケアをするのがおすすめです。

妊娠中の肌には刺激となりうる成分は避ける

妊娠中に避けたい成分には以下のようなものがあります。

【パラベン】
様々なスキンケア用品に含まれる防腐剤。胎児の成長が遅れるなどの悪影響を及ぼし、肌からの吸収率も高いので妊娠時には避けたい成分です。

【トレチノイン】 
シミ、ニキビ対策として多くの化粧品に含まれるビタミンA誘導体。肌からの吸収で赤ちゃんに与える影響は不明ですが、障害発症のリスクがあるとも考えられています。

【ハイドロキノン】
美白化粧品に多く含まれます。赤ちゃんに悪影響を与える可能性があるものなので、シミ対策がしたいママは要注意です。

ジャスミンやローズマリーなど、植物性だからと安心してしまいがちな精油にも妊婦に禁忌のものがありますので注意しましょう。

マタニティママのボディケアや美容グッズ

「保湿」と「肌の弾力」で妊娠線を予防

お腹だけではなく、お尻や胸など全体的に丸みを帯びてくるのも妊娠時の特徴です。このとき、皮膚に赤紫色のラインが複数できてしまうことがあります。

それが妊娠線です。妊娠線は、上皮の下にある真皮が、大きくなる身体に耐えられず裂かれたような状態になることが原因でできてしまいます。

できる、できないには体質も大きく関係してきますが、肌が乾燥し、弾力が失われていると妊娠線ができやすいといわれています。妊娠線予防は、お腹が大きくなる前からの対策が大事なので、妊娠が分かったら保湿と肌の弾力を保つクリームを用意しましょう。

低刺激のボディクリームや妊娠線予防の専用クリームを、お腹だけでなく胸や太ももなど、全身に使うのがポイントです。

辛いむくみの軽減には着圧ソックス

マタニティママのマイナートラブルの中にむくみがあります。得に脚はむくみやすく、産後にも継続してむくみに悩まされるママもいます。

辛いむくみの症状に着圧ソックスを利用するのはいかがでしょうか。食べ物や生活習慣で改善できるむくみですが、妊娠時にそれだけでは手に負えない場合もあります。

就寝時にも使えるマタニティ用の着圧ソックスなら、締めつけ過ぎることもなく目覚めたときのむくみを軽減することができます。足が冷えることもマタニティママには禁物ですので、温かく過ごすためにも靴下やレッグウォーマー代わりに着用してみてもよいですね。

足先が開いたものなら、寝るときにも違和感を感じにくく、一年を通して使うことができます。

目指せ腸美人!便秘におすすめのストレッチ

女性に多い便秘ですが、マタニティママにはさらに深刻な問題ですね。便秘解消に効果があるストレッチで腸美人を目指しましょう。

まずは、重いお腹を支えることで腰痛にもなりがちなマタニティママにおすすめの「猫のポーズ」。腸を刺激して快便にも導きます。

両手と膝を軽く開いて四つ這いになります。おへそを見るように息を吸いながら頭を下げ、背中を丸めます。次に息を吐きながらゆっくりと背中を反らせる動きを3回繰り返しましょう。

「あぐらのストレッチ」は安産に繋がる股関節の柔軟にも効果的です。足の裏を合わせてあぐらをかき、片腕ずつ上に伸ばしましょう。余裕があれば脇を伸ばすように反対側にも伸ばして5秒キープ。左右それぞれ行います。

【先輩ママに聞きました】妊娠中にどのような美容グッズを使いましたか?

妊娠による体質変化で乾燥肌になったり妊娠線を気にしたりと、美容面でも気を抜けない人も多いと思います。そんな皆様の参考になるように先輩ママたちがどのような美容グッズを使っていたのか聞きました。※テニテオ調査(n=100)

「ボディケア商品」と回答したママの体験談

  • 妊娠線を予防するクリームはマストです。双子妊娠で腹囲は100センチ近くなり、ギリギリまでは妊娠線がなかったのに臨月の頃、お風呂で気づきました。お腹の下に妊娠線ができていると。お腹が大き過ぎて下が見えてなかったのです。盲点になりがちなので、気をつけてください。
  • 妊娠線が乾燥して痒くなったので、ボディケアのクリームを使って保湿をしていました。 また、お腹だけでなく体質の変化なのか腕や足も乾燥しやすくなったのでボディークリームを使用しました。

「着圧ソックス」と回答したママの体験談

  • とにかく足が浮腫むので着圧ソックスは手放せなかった。多少楽になる程度だったが、翌朝起きるときにあるとないとでは大違いだった。
  • 浮腫やすかったので、日中も寝る時も着圧ソックスを履いていました。特に寝る時は、ボディクリームを塗って着圧ソックスを履いて寝ると翌日足がスベスベになりました。

「スキンケアグッズ」と回答したママの体験談

  • マタニティ期に肌荒れがひどくなったので、無添加化粧品を探して揃えました。 乾燥肌も少し落ち着きました。
  • 妊娠前と違い敏感肌になったので、肌に優しい化粧水と、乳液の代わりにワセリンを使い始めました。妊娠前より肌がきれいになったので、今も使用中です。

■編集部コメント

4割を占めたボディケア商品の中でも圧倒的に多かったのが妊娠線を予防するクリームを使っていたという声。着圧ソックスやスキンケアグッズと回答したママたちも妊娠線予防クリームも使っていたという声が多数あったので、もはやプレママのマストアイテムといえそうです。

ケアをしてもできてしまうこともありますが、ぜひ赤ちゃんに話しかけながらお腹のケアをしてみてくださいね。

続いてのコーナーでは、意外と多くのママが悩むマタニティ期の髪の悩みについて紹介します。
47 件

関連記事

ピックアップ記事