就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティママのための美容法!美容グッズと美容院での注意点

マタニティママのための美容法!美容グッズと美容院での注意点

綺麗でいることは女性の永遠のテーマでもありますね。マタニティママのための美容法はあまり話題にのぼることがありませんが、妊娠中もできる限り美容に気をつけたいというママもいるのではないでしょうか。スキンケアはもちろんボディケア、美容院へ行くときの注意やポイントをまとめました。

マタニティママのスキンケアと注意点

ホルモンの変化や乾燥でシミが濃くなる

私たちが生きていくために必要不可欠かつ、成長、妊娠、出産などさまざまな生活活動に大きく影響を与えているのがホルモンです。女性が妊娠すると、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が激増し、男性ホルモンの「アンドロゲン」が減少します。

妊娠するとシミが濃くなるのは「エストロゲン」と「プロゲステロン」がメラニンを生成する「メラノサイト」に刺激を与えるためで、元々あったシミが濃くなるだけでなく、新たにシミが増える原因にもなります。

さらに「アンドロゲン」が減少したことで皮脂分泌が減少し、肌は乾燥します。乾燥肌は肌荒れやニキビになりやすく、炎症が起きると色素沈着にもつながりますので妊娠中の保湿が大切です。

妊娠中の乾燥シミにおすすめのスキンケア

妊娠中に色素沈着やシミができやすいと分かれば、しっかりとケアをしておきたいですね。ですが、いつものシミケアと一緒でよいとは限りません。

妊娠すると、普段よりも肌は敏感になり、体質も変わっている可能性があります。無添加やオーガニック食品を選ぶなど妊娠中は食べるものに気を使うように、スキンケアにも天然由来のものを選ぶようにすると安心です。

低刺激、無添加などのキーワードは妊娠中のスキンケアアイテムを選ぶときのポイントになります。最近注目を集めているボタニカル(植物由来)化粧品は、刺激が少なくマタニティママにおすすめです。

マタニティ専用のものでなくてもよいので、保湿効果が高く、肌への刺激を抑えた化粧品で乾燥シミケアをしましょう。

妊娠中の肌には刺激となりうる成分は避ける

妊娠中に避けたい成分には以下のようなものがあります。

【パラベン】
さまざまなスキンケア用品に含まれる防腐剤。胎児の成長が遅れるなどの悪影響を及ぼし、肌からの吸収率も高いので妊娠時には避けたい成分です。

【トレチノイン】 
シミ、ニキビ対策として多くの化粧品に含まれるビタミンA誘導体。肌からの吸収で赤ちゃんに与える影響は不明ですが、障害発症のリスクがあるとも考えられています。

【ハイドロキノン】
美白化粧品に多く含まれます。赤ちゃんに悪影響を与える可能性があるものなので、シミ対策がしたいママは要注意です。

ジャスミンやローズマリーなど、植物性だからと安心してしまいがちな精油にも妊婦に禁忌のものがありますので注意しましょう。

マタニティママのボディケアや美容グッズ

「保湿」と「肌の弾力」で妊娠線を予防

お腹だけではなく、お尻や胸など全体的に丸みを帯びてくるのも妊娠時の特徴です。このとき、皮膚に赤紫色のラインが複数できてしまうことがあります。

これが妊娠線です。妊娠線は、上皮の下にある真皮が、大きくなる身体に耐えられず裂かれたような状態になることが原因でできてしまいます。

できる、できないには体質も大きく関係してきますが、肌が乾燥し、弾力が失われていると妊娠線ができやすいといわれています。妊娠線予防は、お腹が大きくなる前からの対策が大事なので、妊娠が分かったら保湿と肌の弾力を保つクリームを用意しましょう。

低刺激のボディクリームや妊娠線予防の専用クリームを、胸やふとももなどお腹だけでなく全身に使うのがポイントです。

つらいむくみの軽減には着圧ソックス

マタニティママのマイナートラブルの中にむくみがあります。とくに脚はむくみやすく、産後にも継続してむくみに悩まされるママもいます。

つらいむくみの症状に着圧ソックスはいかがでしょうか。食べ物や生活習慣で改善できるむくみですが、妊娠時にはそれだけでは手に負えない場合もあります。

就寝時にも使えるマタニティ用の着圧ソックスならば、締め付けすぎることもなく目覚めたときのむくみを軽減することができます。足が冷えることもマタニティママには禁物ですので、温かく過ごすためにも靴下やレッグウォーマー代わりに着用してみてもよいですね。

足先があいたものなら、寝るときにも違和感を感じにくく、一年を通して使うことができます。

目指せ腸美人!便秘におすすめのストレッチ

女性に多い便秘ですが、マタニティママにはさらに深刻な問題ですね。便秘解消に効果があるストレッチで腸美人を目指しましょう。

まずは重いお腹を支えることで腰痛にもなりがちなマタニティママにおすすめの「猫のポーズ」。腸を刺激して快便にも導きます。

両手と膝を軽く開いて四つ這いになります。おへそを見るように息を吸いながら頭を下げ、背中を丸めます。次に息を吐きながらゆっくりと背中を反らせる動きを3回繰り返しましょう。

「あぐらのストレッチ」は安産につながる股関節の柔軟にも効果的です。足の裏を合わせてあぐらをかき、片腕ずつ上に伸ばしましょう。余裕があれば脇を伸ばすように反対側にも伸ばして5秒キープ。左右それぞれ行います。

マタニティママが美容院に行くときの注意点

臨月は避けて安定期以降に行くのが安心

スキンケアやメイクと同じように大事なのがヘアスタイルです。産後にお手入れが難しくなることも考えると、妊娠中に美容院に行ってスタイリングしやすい髪型に整えておきたいですね。

マタニティママが美容院に行く場合、体調が安定している妊娠中期以降に行くのが安心です。妊娠初期でつわりがあると、美容院のパーマ液やシャンプーの匂いに気分が悪くなることが考えられます。

臨月はいつ赤ちゃんが生まれてもおかしくない時期なので、美容院に行くのは避けた方がよいでしょう。妊娠後期であっても体調がよければ問題ありませんが、大きなお腹を抱えて長時間座りっぱなしになる美容院は腰痛やむくみがあるマタニティママにはつらいかもしれませんね。

予約時に妊婦である旨を伝えよう

美容院に予約を入れるとき、妊婦であることを伝えておくと安心です。事前にスタッフに伝えておくことで、待ち時間を短縮してもらえたり、シャンプー台への移動の介助をしてくれたりという配慮があるかもしれません。

「椅子にクッションを用意してもらえた」という嬉しい体験をした先輩ママもいるようです。妊娠していることを伝えるのは、特別なサービスを期待するものではありませんが妊婦の安全と安心のためには大事なことです。

担当の美容師さんが妊婦であることを気遣って、声をかけてくれるだけでも安心できます。経験豊かな美容師さんならば、産後にお手入れしやすいヘアスタイルの提案やヘアケアの方法も教えてくれるかもしれませんね。

妊娠中のヘアカラーは避けた方がよい

産後は赤ちゃんのお世話で忙しいので、産前にヘアカラーをしておきたいマタニティママも多いのではないでしょうか。ですが、妊娠中のヘアカラーは避けた方がよいという美容師さんの意見があります。

実際に、妊婦さんにはヘアカラーを施さないという美容院もあるようです。妊娠中は肌が敏感になることで、妊娠前はなんでもなかったヘアカラー剤の成分にアレルギー反応を起こすことがあるそうです。

また、ヘアカラー剤に含まれる化学物質が経皮吸収され、お腹の胎児に悪影響を与えるリスクも否定できません。どうしてもという場合はヘアカラー剤が頭皮になるべくつかないようにお願いすることもできますが、ママとお腹の赤ちゃんの健康を考えると少し我慢した方がよさそうです。

まとめ

妊娠中は女性がもっとも美しい期間だといわれることもありますが、残念ながら肌や髪の毛の状態はそれほどよいものではありません。体型が変わっていくことに恐怖を感じるママもいるかもしれません。

ですが、命を育むことを幸せに感じること、豊かな母性が生まれることなどがママの表情を穏やかに美しくするのもまた事実です。美容にとっても、心が満たされていることがとても大事になります。

妊娠中は注意点を守りながら、見た目だけでなく心が満足するような美容法を試してみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018