就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもに手洗いの大切さを説明したい!親子で楽しく0歳から始めよう

子どもに手洗いの大切さを説明したい!親子で楽しく0歳から始めよう

子どもに手洗いの方法を伝える際のコツ

一緒に手洗いしてまねっこしよう

ママやパパが一緒に手洗いをして、「手洗い=楽しい時間」という雰囲気が伝わるようにしましょう。大人のまねっこをすることが好きな子どもは多いので、ママやパパが楽しく手を洗う姿を見れば自然と手洗いの習慣が身につくかもしれませんよ。

初めはママと一緒に手洗いを始めましょう。先ほどの洗い方をお手本としてママが見せて、子どもにまねするように促しましょう。「ママと同じポーズができるかな」など声掛けをすると楽しくチャレンジできますよ。

子どもに分かりやすく伝えるためにも、手の洗い方を歌にしてうたってみたり、ゆっくりとお手本になるような手洗いをすることも大切です。子どものスピードに合わせて、まねたのを確認してから次の動作に進むようにしましょう。

上手に手洗いできたら褒めよう

子どもはママやパパに褒められることが大好きです。一人で洗うことができたら、たくさん褒めて子どもの自信を高めましょう。

「さっきまでついてたばい菌が全部いなくなったね」「しっかり洗ったからピカピカになったね」「自分で手を洗えるなんて、とってもすごいね」など少しオーバー気味に、たくさん褒めるように心掛けましょう。きっと子どもは自慢げな表情を浮かべることでしょう。

反対に「早く洗いなさい」「ばい菌がとれなくて病気になるよ」「時間がないから急いでしてよ」など、命令口調やきつい言い方はなるべく控えましょう。手洗いに対してマイナスなイメージがついたり、手を洗うことを拒否するようになったりします。ママは、口に出さないように気をつけましょう。

歌いながら長く洗う習慣をつけよう

「手洗い=楽しい時間」にするためにも、歌をうたいながら手を洗ってみてはいかがでしょうか。遊んでいるような感覚で、楽しく手洗いをすることができますよ。歌はどんな歌でもかまいません。できれば1分以上あるような子どもの好きな歌を選びましょう。

このとき、子どもだけで歌うのではなく、ママも一緒に歌いましょう。子どもだけだとすぐに飽きてやめてしまったり、集中力が切れてしまって適当な手洗いになったりします。歌詞を忘れてしまい、すぐに歌も手洗いも終わってしまう可能性もあります。

子どもにつきっきりで手を洗い続けるのは大変ですが、ママも一緒に楽しんで手洗いを行うとよいですよ。歌をうたいながら、洗い残しがないかのチェックも忘れないようにしましょう。

子どもが手洗いに興味を持てる絵本を紹介

1歳から楽しめる「ぴかぴかおてて」

ばい菌は目に見えないものなので、子どもはイメージしにくいかもしれません。そのような場合は、絵本を使って、どうしてばい菌を流すのか、どうやって流すのかなどを説明するとよいでしょう。

1歳からでも楽しめる「ぴかぴかおてて」は、手洗いのタイミングを動物たちが教えてくれるという内容で、小さな子どもにも分かりやすい絵本です。お砂場で遊んだ後やトイレに行った後、おやつを食べる前など子どもたちが実際に手を洗う機会がある場面での様子が描かれていますよ。

はっきりしている絵や大きな文字が見やすく、ちょうどいい長さのストーリーなので子どもも楽しむことができるでしょう。日常生活の中での基本的な手洗いの時間について理解でき、手洗いが楽しくなる絵本ですよ。

アンパンマンの「すっきりきれいにできるかな」

赤ちゃんから大人まで幅広い世代に愛されているアンパンマンの絵本だと、子どもの手洗いもスムーズかもしれませんね。この絵本は手洗いだけでなく、うがいや歯磨き、トイレなどについてアンパンマンが教えてくれますよ。

音が出る仕掛けつきの絵本ですので、おもちゃ感覚で楽しみながら手洗いについて知ることができるでしょう。本の中に描いてある絵を押すと音が出るようになっていて、絵で見て耳で聞いて、手洗いやそのほかの生活習慣について学ぶことができますよ。

また、A5版ほどの大きさなので場所を取らず、持ち運びも便利です。外出先でもさっと読むことができます。子どもたちが大好きなアンパンマンの力を借りて、手洗いやそのほかの生活習慣を身につけられるとよいですね。

大人も楽しめる「えほんもやしもん」

この絵本は対象年齢が3~6才となっていますが、小さな子どもから大人まで楽しむことができますよ。もやしもんというアニメに出てくるキャラクターたちが登場して、手洗いの大切さを教えてくれるという内容です。

目に見えないばい菌を言葉で説明しても、子どもには分かりにくいこともあるでしょう。この絵本では、ばい菌についての説明があるので、ばい菌とはどのようなものなのかということが、子どもたちもイメージしやすくなるでしょう。

また、字が大きいので読みやすく、はっきりとした色使いや絵なので、小さな子どもで理解しやすい内容です。手洗いの仕方も分かりやすく描かれているので、絵本を読みながら手洗いの練習をしてみるとよいですよ。

まとめ

石鹸の必要性や正しい洗い方、子どもに手洗いを教えるコツについて紹介してきました。一人で立てるようになって、遊びのバリエーションが増えるころから、少しずつ手を洗うことに慣れていきましょう。

手を洗うことで汚れを落とすだけでなく、ばい菌を流したり感染症を防いだりすることができます。命令口調で無理やり手洗いを促すのではなく、「手洗い=楽しい時間」ということを意識して、子どもに説明するよう心掛けるとよいですよ。

手洗いの習慣が身につくように、子どもと一緒に楽しく行いましょう。
39 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND