就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもに手洗いの大切さを説明したい!親子で楽しく0歳から始めよう

子どもに手洗いの大切さを説明したい!親子で楽しく0歳から始めよう

「お外遊びが増えたので手洗いを身につけてほしい」「いつから手洗いはできるの?」「嫌がらない方法について知りたい」など、手洗いについて様々な疑問を持つママも多いはず。ここでは手洗いの大切さや、子どもが率先して手洗いをするようになるコツについて紹介していきます。

子どもの手洗いはどうすればいいの?

せっけんを使った手洗いが大切

感染症の多くは手を介して、人から人へとうつるといわれています。鼻をかんだり、咳をするときに口を押さえたりするとき、手を使って行いますよね。その手にウイルスや病原性微生物などのばい菌がついていたとしたらどうなるでしょう。

ドアノブを触ったり人と触れ合ったりすることで、気づかないうちに手からばい菌がうつってしまい感染症になる恐れがあります。感染防止対策としては、せっけんでの手洗いが最も有効だといわれています。

せっけんを使って正しく手を洗うことで、手についたばい菌を洗い流すことができ短時間でウイルスやばい菌を除くことができるのです。せっけんを使っていても洗面器などにためた水での手洗いは、殺菌の効果がありませんので必ず流水で行いましょう。

1人で立てるようになったら手洗いの習慣を

小さい頃に手洗いの習慣が身につくと、感染症予防に役立ちます。まだ足元が安定していない時期は、ママがだっこして一緒に洗ってあげたり、ウェットタオルや除菌効果のあるジェルを使ったりして、手についたばい菌を取り除くようにしましょう。

手を洗う習慣をしっかり身につける時期は、1人で立つことができるようになった頃がおすすめです。1人で立てるようになると、子どもの行動範囲も広くなり本格的な外遊びが始まり、手にばい菌がつきやすくなります。

まずは外から帰ったら手を洗うということから始めましょう。このとき洗面所などの高さが高くて1人で洗いにくい場合は、踏み台を使うと子どもの身長でも洗いやすくなって便利ですよ。

ばい菌がいなくなる正しい手洗いのやり方

せっけんをつけた手をただ合わせるだけでは、ばい菌は流れ落ちず手洗いの効果も発揮できません。洗い残しのないように正しい洗い方を身につけましょう。

まずはしっかりと泡立てたせっけんを手につけます。手のひらを合わせたり両手を重ねたりして、スリスリと洗います。次に両手の指を組んで、指の間もしっかり洗いましょう。最後は手のひらに指先をたてて「の」の字を書くようにこすって爪の間の汚れを落とし、親指から順番に根元から指先までしっかり洗いましょう。

こととき、手首も忘れずに洗いましょう。洋服の袖口が当たったり、手のばい菌がついたりしていて、手首も汚れている可能性があるからです。手首まできれいに洗ったら、流水で流して清潔なタオルで手をふいてくださいね。

パパママが子どもに手洗いを教えるコツ

一緒に手洗いしてまねっこさせてみよう

ママやパパが一緒に手洗いをして、「手洗い=楽しい時間」というように教えてあげましょう。大人の真似をすることが好きな子が多いので、ママやパパが楽しく手を洗う姿を見れば自然と手洗いの習慣が身につくかもしれませんよ。

いきなり子どもだけで洗わせるのではなく、ママと一緒に始めましょう。さきほどの洗い方をお手本としてママが見せてあげて、子どもに真似をさせましょう。「ママと同じポーズができるかな」など声かけをすると、楽しく挑戦することができますよ。

子どもに分かりやすく伝えるためにも、手の洗い方を歌にして歌ってみたり、ゆっくりとやってお手本を見せたりすることも大切です。子どものスピードに合わせて真似たのを確認してから、次の動作に進むようにしましょうね。

上手にできたらほめてあげよう

子どもはママやパパにほめられることが大好きです。1人で洗うことができたら、たくさんほめてあげて自信をつけてあげましょう。

「さっきまでついてたばい菌が全部いなくなったね」「しっかり洗ったからピカピカになったね」「自分で手を洗えるなんて、とってもすごいね」など少しオーバーでもいいので、たくさんほめてあげましょう。きっと子どもは自慢げな表情を浮かべることでしょう。

反対に「早く洗いなさい」「ばい菌がとれなくて病気になるよ」「時間がないから急いでしてよ」など命令口調や脅し文句はなるべく控えましょう。手洗いに対してマイナスなイメージがつくと、手を洗うことを拒否することもあります。ついいってしまいそうになりますが、口に出さないように注意しましょう。

歌を歌って長く洗う習慣をつけよう

「手洗い=楽しい時間」にするためにも、歌を歌いながら手を洗ってみてはどうでしょうか。これなら遊んでいるような感覚で、楽しく手洗いをすることができますよ。歌はどんな歌でもかまいません。できれば1分以上あるような子どもの好きな歌を選びましょう。

このとき、子どもだけで歌わせずにママも一緒に歌ってあげましょう。子どもだけだとすぐに飽きて辞めてしまったり、集中力が切れてしまって適当に洗うようになったりします。歌詞を忘れてしまい、すぐに歌が終わって手洗いを辞める可能性もあります。

子どもにつきっきりで手を洗い続けるのは大変ですが、ママも一緒に楽しんで手洗いを行うよう心がけましょう。歌を歌いながら洗い残しがないかチェックしてあげましょうね。

子どもが手洗いに興味が持てるおすすめ絵本

1歳から楽しめる「ぴかぴか おてて」

ばい菌は目に見えないものなので、子どもにはイメージがわきにくいかと思われます。そんなときは絵本を使って、なんでばい菌を流すのか、どうやって流すのかなどを説明してあげましょう。

おすすめの絵本は「ぴかぴか おてて」です。手洗いのタイミングを動物たちが教えてくれるという内容です。お砂場で遊んだあとやトイレに行ったあと、おやつを食べる前など子どもたちが実際に手を洗う機会がある場面での様子が描かれています。

絵がはっきりしていて文字も大きくて見やすく、ちょうどいい長さのストーリーなので1歳からでも分かりやすく楽しむことができるでしょう。日常生活のなかでの基本的な手洗いの時間について理解することができ、手洗いが楽しくなる絵本です。

みんな大好きアンパンマンの絵本

赤ちゃんから大人まで幅広い世代に愛されているアンパンマンの絵本を使ってみてはどうでしょうか。この絵本は手洗いだけでなく、うがいや歯磨き、トイレなどについてアンパンマンが教えてくれています。

音がなる仕掛けつきの絵本ですので、おもちゃ感覚で楽しみながら手洗いについて知ることができるでしょう。本の中に描いてある絵を押すと音がなるようになっていて、絵で見て耳で聞いて、手洗いやそのほかの生活習慣について学ぶことができますよ。

またA5版ほどの大きさなので場所を取らず、持ち運びも便利です。外出先でもさっと読むことができますよ。子どもたちが大好きなアンパンマンの力を借りて、手洗いやそのほかの生活習慣を身につけられるとよいですね。

大人も楽しめる絵本「もやしもん」

この絵本は対象年齢が3~6才となっていますが、小さな子どもから大人まで楽しむことができますよ。もやしもんというアニメに出てくるキャラクターたちが登場して、手洗いの大切さを教えてくれるという内容です。

目に見えないばい菌を言葉で説明しても、子どもには分かりにくいこともあるでしょう。この絵本ではばい菌についての説明があるので、ばい菌とはどんなものなのか子どもたちもイメージしやすくなると思います。

また字が大きいので読みやすく、はっきりとした色づかいや絵柄ですので小さな子どもでも分かりやすいでしょう。手洗いの仕方も分かりやすく載っているので、絵本を読みながら手洗いの練習をしてみてはどうでしょうか。

まとめ

せっけんの必要性や正しい洗い方、子どもに手洗いを教えるコツについて紹介してきました。1人で立てるようになって遊びのバリエーションが増える頃から、少しずつ手を洗うことに慣れさせましょう。

手を洗うことで汚れを落とすだけでなく、ばい菌を流したり感染症を防いだりすることができます。命令口調で無理やり手を洗わせるのではなく、「手洗い=楽しい時間」ということを意識して説明するよう心がけましょう。

子どもと一緒に楽しく手洗いをして、小さなころから手洗いの習慣が身につくように励ましてあげてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018