就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもに手洗いの大切さを説明したい!親子で楽しく0歳から始めよう

子どもに手洗いの大切さを説明したい!親子で楽しく0歳から始めよう

「お外遊びが増えたので手洗いを身につけてほしい」「いつから手洗いはできるの?」「子どもが手洗いを嫌がらない方法について知りたい」など、手洗いについて様々な疑問を持つママも多いものです。今回は、手洗いの大切さや、子どもが率先して手洗いをするようになるコツについて紹介しますね。

手洗いについてママが知っておきたいこと

石鹸を使った手洗いが大切

感染症の多くは手を介して人から人へとうつるといわれています。鼻をかんだり、咳で口を押さえたりするときは、手を使いますよね。その手にウイルスや病原性微生物などのばい菌がついていたとしたらどうなるでしょう。

ドアノブを触ったり人と触れ合ったりすることで、気づかないうちに手からばい菌がうつってしまい、感染症になる可能性があります。感染防止対策としては、石鹸での手洗いがもっとも有効だといわれています。

石鹸を使って正しく手を洗うことで、手についたばい菌を洗い流すことができ、短時間でウイルスやばい菌を取り除くことができるのです。石鹸を使っていても洗面器などに溜めた水での手洗いは、殺菌の効果がありませんので必ず流水で行いましょう。

一人で立てたら手洗いを始めよう

小さいころに手洗いの習慣が身につくと、感染症予防に役立ちます。まだ足下が安定していない時期は、ママが抱っこして一緒に洗ったりウェットタオルや除菌効果のあるジェルを使ったりして、手についたばい菌を取り除くようにしましょう。

手を洗う習慣をしっかり身につける時期の目安は、一人で立つことができるようになったころがよいでしょう。一人で立てるようになると、子どもの行動範囲も広くなり本格的な外遊びが始まります。外遊びが増えると手にばい菌がつきやすくなります。

まずは、外から帰ったら手を洗うということから始めましょう。洗面所などの高さが高くて一人で洗いにくい場合は、踏み台を使うと子どもの身長でも洗いやすくなって便利ですよ。

ばい菌がいなくなる正しい手洗いの方法

石鹸をつけた手をただ合わせるだけでは、ばい菌は流れ落ちないので手洗いの効果はありません。洗い残しがないように正しい洗い方を身につけましょう。

まずは、しっかりと泡立てた石鹸を手につけます。手のひらを合わせたり両手を重ねたりして、スリスリと洗いましょう。次に両手の指を組んで、指の間もしっかり洗います。最後は、手のひらに指先を立てて「の」の字を書くようにこすって爪の間の汚れを落とし、親指から順番に根元から指先までしっかり洗いましょう。

このとき、手首も忘れずに洗うことが大切です。洋服の袖口が当たったり、手のばい菌がついたりしていて、手首も汚れている可能性があるからです。手首まできれいに洗ったら、流水で流して清潔なタオルで手を拭いてくださいね。

親子で習慣づけたい手洗いのタイミング

お出かけから帰宅したとき

手洗いをするタイミングは生活の中でいくつもあります。その中でも、とくに習慣づけたい手洗いのタイミングがありますよ。

子どもが歩き始めると、公園などの外出先での行動が活発になります。砂や遊具など、興味を示した色々な物に手で触れる機会も増えますね。

手で触れることは、子どもの五感を刺激して感性を育むともされています。ですから、よっぽどの危険がない限り自由に遊ぶ子どもの姿を見守りたいものです。

大切なことは、お出かけから帰宅したら真っ先に手洗いをすることです。公園で遊んだ際の汚れのほかにも、目には見えないばい菌がたくさんついてる可能性があるからです。

ママは、「泥んこバイバイ、ばい菌さんバイバイ」などと言いながら手洗いをするように心掛けましょう。

食事の前にはしっかりと洗おう

お出かけ後の手洗いが習慣として身についているしっかりもののママは多いですよね。そんなママでも意外と忘れがちなのが、食事の前の手洗いです。

食事作りをしているママは、キッチンに立っていると手を洗うタイミングはたくさんあります。そのせいもあって、いざ食事をするときに、子どもの手洗いを忘れてしまうママは少なくありませんよ。

食事のときにスプーンやフォーク、箸などがうまく使えずに、ごはんやおかずをこぼしてしまう子どもは多いものです。子どもは、こぼしたものを手でつかんで口に入れることがあるので、手が汚れていると、手についた雑菌なども食べ物と一緒に口に入れることになってしまいますよ。

ママは、食事の前の子どもの手洗いも習慣づけたいですね。

トイレの後も念入りに洗う習慣を

外出先からの帰宅時や食事の前と同様に、トイレの後も手洗いを習慣づけたいタイミングです。トイレには、目に見えない菌が多いので念入りに手洗いする習慣をつけましょう。

トイレでは、ノロウィルスなどの感染症の二次感染のリスクが心配されます。とくに、不特定多数の人が利用する外出先のトイレを使った後は、石鹸を使って指先まで丁寧に洗うことが大切です。

また、トイレ自体に多くの菌が存在しています。色々なものを触るのが好きな子どもは、菌に触れてしまう可能性が高いですね。

ですから、手を洗わずにドアノブなどを触ると、知らないうちに菌が拡散していることも考えられます。トイレ後は、エチケットとして石鹸で念入りに手洗いをするように子どもに伝えましょう。
39 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事