就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが乗る車内を綺麗に保とう!汚れへの対策や掃除方法とは

子どもが乗る車内を綺麗に保とう!汚れへの対策や掃除方法とは

車で子どもと一緒にお出かけするのは、とても楽しいですよね。しかし、帰って車内を見ると、泥汚れや食べこぼしで悲惨な状態になっていることも。小さな子どもがいる家庭では、車内の汚れに頭を悩ますことも多いでしょう。今回は、車の汚れへの対策や掃除方法をお伝えします。車内を綺麗に保つのも夢ではありませんよ!

子どもが汚しやすい場所ごとの対策とは

車内では靴を脱ぐようにしよう

子どもが汚しやすい場所に、フロアマットがあります。足元に敷いているので、多少なりとも汚れるのは当然ですが、子どもの靴は思っている以上に砂や泥などで汚れているもの。1回乗るごとに掃除が必要だと大変ですよね。

また、子どもが床に手をつくこともあるでしょう。床が汚れていると、衛生面でもよくありません。そこで、思い切って車内では靴を脱ぐようにしてみてはいかがでしょうか。脱いだ靴は、シューズトレイを用意してそこに置くようにします。それだけで、フロアマットの汚れがだいぶ違ってきます。

安全のため、運転席は土足のままか室内用の運動靴などを履くようにしてください。急ブレーキが必要なとき、素足では強くブレーキが踏み込めない恐れがあります。

できるだけ車内で飲食はしないようにしよう

車内で飲食をすると、食べかすがパラパラ落ちたり、ジュースなどがこぼれてしみ込んでしまったりと、シートを汚してしまう原因になります。

また、食べこぼしがなかったとしても、食べものを触った手で窓ガラスやドアなど車内を触ると、ベタベタとした汚れがついてしまいます。さらに、車内には布が使われている部分が多く、食べものの臭いが布にしみ込んで、悪臭の原因になることもあるのです。

そのため、できるだけ車内で飲食はしないようにしてみましょう。車でおやつを食べる習慣がつくと「飽きたらおやつ」となり、家についたら「おやつでお腹がいっぱい」などということも防げます。おやつは「車を降りてから」「お家に帰ってから」とルールを決めてみましょう。

シートはカバーをつけて綺麗な状態をキープ

子どもを乗せていると、不測の事態が起こることも考えられます。おもらしをしてしまったり、酔って吐いてしまったりするかもしれません。また長距離移動のときなどは、完全飲食禁止とすることもなかなか難しいですよね。

そのため、シートにはカバーをつけて綺麗な状態をキープしましょう。小さな子どもはチャイルドシートやジュニアシートに座らせるので、直接シートに汚れがつきにくいように感じるかもしれません。しかし、広範囲に汚してしまうのが子どもです。カバーをつけて汚れからシートを守りましょう。

また、シートカバーは汚れを防ぐだけでなく、チャイルドシートなどが擦れたり当たったりしてシートが劣化するのを防ぐメリットもありますよ。

汚れても焦らないで!掃除方法のご紹介

マットは車専門店にある洗浄機で洗おう

気をつけていても、汚れてしまうことはあります。汚れてしまっても焦らないで大丈夫、正しく掃除をすれば綺麗な状態を取り戻すことができますよ。ここからは、車内の掃除方法を紹介します。

まずは、マットです。マットの種類により、洗い方には違いがあります。特に指定がない場合は、家庭でも液体の中性洗剤を使って洗うことができます。しかし、完全に乾かすのに時間がかかったり、枚数が多くて洗うのが大変だったりして、なかなか手間がかかるもの。そんなときは、ガソリンスタンドや車の販売店、カー用品店などにある洗浄機で洗ってみましょう。

使い方はシンプルです。料金を払ったら、フロアマットを入れるだけ。ゴミを取り除いて洗浄し、乾燥まで短時間で行ってくれます。

シートは重曹で汚れも臭いも除去!

次は、シート汚れです。汚れたらすぐに掃除を行うことが、綺麗を保つポイントです。

布製のシートには、重曹を使って汚れも臭いも除去しましょう。合皮や本革では手入れが違ってきます。特にデリケートな本革は、取り扱いに注意してください。重曹は弱アルカリ性で、油汚れやたんぱく汚れに効果的です。また消臭効果も期待できますよ。

重曹を使った掃除方法は簡単です。水100mlに対して5gの重曹を入れて、重曹水を作ります。シートの埃やゴミを取り除いたあと、重曹水を含ませ硬く絞った布でシートを拭いていきます。汚れが気になる部分には、軽く叩きながら汚れを浮き出させるようにして拭き取りましょう。拭き終わったら車内を換気し、しっかり乾燥させてください。

おもらしをしてしまったときは新聞紙が活躍

子どもなので、車の中でおもらしをしてしまうこともあるかもしれません。万が一おもらしをしてしまったら、慌てず駐車できる場所やSAなどに車を停めてから対処します。

防水シートを敷いていなかったときや、シートの隙間から座席にこぼれてしまったときは、タオルや新聞紙で水分を吸い取りましょう。特に新聞紙は吸水性が高く、使われている紙の性質と印刷インクによって消臭効果が期待できます。

帰宅後は、ぬるま湯と酸素系漂白剤を混ぜたものを歯ブラシにつけ、汚れた部分を擦って汚れを落とします。硬く絞ったタオルで拭いた後、乾いた布で水分を拭いしっかり乾燥させてください。おもらしは臭いが残りやすい汚れです。できるだけシートにしみ込ませないようにしたいですね。

車内を汚しにくくするアイテムのご紹介

シートの汚れを防ぐにはシートカバーを

ここからは、車内を汚しにくくするアイテムを紹介します。まずは、シートの汚れを防ぐ「シートカバー」です。

色々な種類がありますが、油分や水分を通さない防水タイプがおすすめです。飲みものをこぼしてしまっても、さっと拭くことができシート本体にしみてしまうのを防いでくれます。座面だけに敷くタイプや、背もたれを含むシート全体を覆うタイプ、素材も暖かなものから通気性のよいものまで様々です。各家庭にあったカバーを選んでみましょう。

カバーを選ぶときは、取りつけや取り外しが簡単かどうか、自宅で洗濯できるかどうかもあわせてチェックしてみてください。自宅で簡単に洗えれば、汚れが溜まることもなく、いつも綺麗な状態で使うことができますね。

フロアマットはゴム製が使い勝手抜群

フロアマットは、大きく分けて布製とゴム製があります。布製は色や柄などバリエーションが豊富で車内とマッチしやすく、水分を吸収するので滑りにくいメリットがあります。しかし、汚れが入り込み取りにくかったり、マットの着脱に手間がかかったり、乾くのに時間がかかったりしてしまうことも。

そのため、汚れが気になる場合はゴム製がおすすめです。ゴム製はマットの設置や水洗いが簡単にでき、濡れても拭き取れば綺麗になります。汚れやすい車には使い勝手が抜群で、子どもがいる家庭やアウトドア好きの家庭にピッタリですね。

見た目の好みが別れるゴム製ですが、「子どもが小さな時期」「アウトドアに行くとき」など期間限定で使用してみるとよいでしょう。

100円で購入できるシートバックカバーも

子どもは足をプラプラさせて、前席の背面を蹴ってしまうことがよくあります。「バックプロテクター」や「シートバックカバー」と呼ばれる、前列シートの裏側の汚れを防止するカバーを利用してみるのもおすすめです。最近では、100均のカー用品も充実しています。100円で購入できるシートバックカバーもありますよ。

違和感なく取りつけられるモノトーンカラーや透明のもの、子どもが喜ぶような人気キャラクターのもの、収納を兼ねて小さなポケットがついてたものなど、色々あります。

商品によっては、前席のヘッドレストを引き抜いて、紐を通して取りつけるタイプがあります。ヘッドレストが一体化した車は取りつけができませんので、購入するときは確認してみましょう。

まとめ

子どもなので、汚してしまうことはある程度は仕方がないことです。あまり目くじらを立てて怒ることはしたくないですよね。そのためにも、汚れない対策を事前に取っておきましょう。対策をしておけば、パパやママも汚れを過度に気する必要がなく、安全運転にもつながりますよ。

汚れをそのままにしておくと雑菌の発生や悪臭の原因となってしまいます。車の嫌な臭いで、子どもが酔いやすくなることも。汚れがついてしまったら、できるだけ早めに汚れを取り除くようにしましょう。綺麗な車で楽しいお出かけができるとよいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj