就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

もう悩まない3人目のお祝い!もらって嬉しい商品や喜んでもらう工夫

もう悩まない3人目のお祝い!もらって嬉しい商品や喜んでもらう工夫

友達から3人目を出産したという報告が!3人目となると「どのような出産祝いを渡せばいいの?」「3人目はお祝いを渡さなくてもいい?」など、出産祝いに悩んでしまうこともありますよね。ここでは、3人目の出産祝いの金額の相場や、どのようなお祝いを渡すと喜ばれるかなどをご紹介します。

3人目のお祝い、マナーや相場を知ろう

出産祝いを送る際のマナー

出産祝いを渡すときには「会ったときに渡せばいいんじゃないの?」と、マナーを知らずに送っている方も多いですよね。出産祝いには、結婚のお祝いなどと同じように渡すタイミングなどに決まりがあります。マナーを知った上で、出産祝いを渡すと相手側の印象もよいでしょう。

出産祝いを渡すタイミングは、生後7日目以降~1カ月以内が理想でしょう。しかし、赤ちゃんとママ、どちらかの体調が悪いなどのトラブルがあるときにお祝いを渡すのはふさわしくありません。ママから出産報告を受けて、ママと赤ちゃんの体調がよいことが確認できてから出産祝いを渡すとよいですよ。

出産後は退院しても赤ちゃんのお世話で忙しくなるので、プレゼントを配送するのもよいかもしれませんね。

3人目のお祝いはあげなくてもよい?

日本は少子化が大きな課題になっていますが、3人目を出産するママもまだまだ身近にいますよね。3人目となると「出産祝いに何を渡せばいいか分からない」などの理由から、出産祝いを送らない方も多いかもしれませんね。

出産祝いは、元気に生まれてきてくれた赤ちゃんや、出産を頑張ったママに「おめでとう」の気持ちを表すものです。ですから、手紙やメールなどでお祝いの言葉を伝えるだけでもよいですし、「プレゼントを贈りたい」という方は、相手のことを想いながら出産祝いを考えてみましょう。

一般的には1人目や2人目は出産祝いを贈るという方が多いですが、3人目以降の出産祝いは減っていくそうです。出産祝いは義務ではなく、「贈りたい」という気持ちが大切ですよ。

3人目のお祝い、金額の相場

「3人目を出産した友達に、出産祝いを渡したいけど金額はどのくらいのものを渡せばいいの?」「1人目や2人目のときと、お祝いの金額は下げてもいいの?」など、3人目ともなるとお祝いの金額に悩む方も多いかもしれませんね。3人目のお祝いの金額の相場は、1人目、2人目と同じ金額を渡すのが一般的なマナーといえるでしょう。

1人目や2人目のときと金額に差をつけてしまうと相手の方に失礼にあたることがあるので、お金を包むときは同額渡すように心がけましょう。

兄弟や姉妹の場合は5,000円~30,000円くらい、友達や同僚の場合は、3,000円~5,000円くらいを目安に渡す金額を考えるとよいでしょう。現金ではなく、商品券やプレゼントを贈るのもよいですよ。

3人目のお祝い、嬉しかった商品3パターン

おむつやおしりふきなど実用的なもの

友達や同僚など、身近な人が3人目を出産したとき「3人目ともなるとベビー用品は揃っているだろうし、何を贈れば喜ぶだろう?」と出産祝いに悩む方は多いでしょう。先輩ママ達が、3人目の出産祝いにもらって嬉しかったものをご紹介します。

先輩ママAさん:3人目を出産したとき周りの方から色々なプレゼントをもらいましたが、一番もらって嬉しかったものはおむつとおしり拭きでした。おむつとおしり拭きをたくさんもらえたおかげで、しばらく買わなくて済んだので家計も助かりました。

先輩ママBさん:1人目は何をもらっても嬉しかったですが、3人目の出産祝いは実用的なおむつやおしり拭きが本当に助かります。

3人目は実用的に使えるものが喜ばれるのですね。

兄妹3人でお揃いのもの

先ほどご紹介したように、赤ちゃんの育児にかかせないおむつやおしり拭きは出産祝いに贈ると喜ばれることが分かりました。ほかにも、兄妹3人でのお揃いグッズも人気の贈り物の一つですよ。兄妹3人のお揃いグッズは、上の子ももらうと喜びそうですね。

先輩ママCさん:友達から出産祝いで、兄妹でお揃いのニット帽をもらいました。3人のお揃いグッズはとっても可愛くて、上の子達も赤ちゃんとのお揃いグッズに大喜びだったので嬉しかったです。

先輩ママDさん:親戚から兄妹でお揃いで着られるTシャツをもらいました。3人に着せてみると本当に可愛くて、写真をたくさん撮って楽しみました。お出かけのときにもお揃いで着せたいです

お揃いグッズでは、靴下やリュックなども人気ですよ。

3人の育児を頑張るママへのプレゼント

3人目の出産祝いとなると、「何を贈ればいいの?」と1人目、2人目の出産祝いよりも悩む方が多いですよね。これから3人の育児に奮闘するママへのプレゼントも人気の出産祝いの一つですよ。

先輩ママEさん:友達から出産祝いで、高価なオールインワン化粧品をもらいました。子どもが1人増えると自分に使える時間がさらに減るので、オールインワン化粧品は嬉しかったです。自分では買えない高価なものなので、毎日使うと気分が上がります。

先輩ママFさん:出産祝いに可愛いルームウェアをもらったときは、テンションが上がりました。子どもが3人になるとお金もかかるので、ルームウェアも価格重視で購入していました。可愛いルームウェアは着て3人の子育てを頑張ります。

3人目のお祝い、より喜んでもらう工夫

商品に子どもの名前を入れてもらう

3人目の出産祝いを贈るとき、相手の方により喜んでもらえるように少し工夫をしてみるのもよいでしょう。3人目ともなると上の子からのお下がりのベビー用品を使用することが多いですよね。ですから、出産祝いには商品に赤ちゃんの名前を入れてもらうと、特別感がでてよいでしょう。

先輩ママGさん:3人目の赤ちゃんはベビー服やおもちゃなど、ほとんどのものが上の子のお下がりでした。友達に赤ちゃんの名前入りのバスローブとスタイをもらったときは、赤ちゃんだけのものという特別な感じがして嬉しかったです。

子どもの名入れグッズはバスローブやスタイのほかにも、ベビー食器、ベビー服、リュック、帽子など、さまざまなものがあるので、選ぶのも楽しいですよ。

お祝いのメッセージカードを添える

出産は、何度あっても喜ばしいお祝いごとですよね。3人目の出産祝いを喜んでもらえるように、メッセージカードを添えるのもよいかもしれません。

先輩ママHさんは、仲のよいグループの友人数人から出産祝いに兄妹のおそろいグッズをもらったそうです。お家にプレゼントが贈られてきたそうですが、開けてみるとプレゼントにメッセージカードが添えられていて嬉しかったと話してくれました。

3人の育児をしていると大変なことが多いので「このまま頑張れるかな」と育児に疲れたときに、友達からもらったメッセージカードを見返して元気を取り戻しているそうですよ。手書きのメッセージカードはネット社会になったことで最近では減ってきているので、心のこもっている感じがしてよいですね。

【番外編】3人目出産のお祝い金がある地域

3人目を出産すると、「子どもが3人いるとお金がかかるので、これから大変」と家計に悩むママも多いでしょう。子どもが1人増えると教育費や養育費が増えるので大変ですが、3人目は出産のお祝い金がでる地域もありますよ。

茨城県の利根町では申請すると、第二子では50万円、第三子ではなんと100万円の子育て応援手当が支給されます。支給方法は、第二子の場合は出産時に38,000円が支給され、2年目~15年目までに毎年33,000円ずつ支給される仕組みです。

第三子の場合は、出産時に76,000円、2年目~15年目までに毎年66,000円ずつ支給されます。子どもが3人いるとたくさんお金がかかるので、住んでいる地域で支援があると嬉しいですよね。

まとめ

3人目の出産祝いは「どんなものが喜ばれるのだろう」と、悩む方が多いでしょう。おむつやおしり拭きなどの赤ちゃんのお世話で毎日使えるものは、家計の助けにもなりますし喜ばれます。ほかにも、子ども3人で使えるものやママへのご褒美プレゼントも人気ですね。

出産祝いは相手へのお祝いの気持ちが大切なので、相手のことを想いながらプレゼントを考えると選びやすいかもしれませんね。お祝いを贈るマナーを守ることも相手の方への心遣いには重要ですよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018