就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋を感じる幼児向け手遊び歌!簡単な振つけや知りたい素敵な効果

秋を感じる幼児向け手遊び歌!簡単な振つけや知りたい素敵な効果

幼児期に手遊び歌で遊ぶことが大切な理由

運動能力やリズム感を養える

手遊び歌は、運動能力やリズム感を養うことができる遊びの一つです。歌をうたったり、リズムに合わせて体や手を動かしたりして遊びます。

幼児期に体や手を動かして遊ぶことは、運動能力の向上にもつながります。手遊び歌を通して、普段はあまりすることがない体や手の動かし方を身につけられるからです。親子で遊びながら運動能力が育まれるので、子どもも無理なく楽しめますね。

また、簡単なリズムでも繰り返して歌うことでリズム感を育むことができます。メリハリをつけるために、歌のテンポを早めたり遅くしたりしてみましょう。そうすることで、反射神経の発達にも効果が期待できますよ。

幼児期に手遊び歌を取り入れて、体や手の色々な動かし方やリズム感を体験しましょう。

コミュニケーション能力が発達する

子どもと大人が一緒に手遊び歌を楽しむことで、コミュニケーション能力の発達が期待できます。

手遊び歌は、一緒に遊ぶ大人が「次は早くやってみようか」「手で何を作ろうかな?」など、子どもに声を掛けるきっかけになる遊びの一つです。子どもは、そのような経験から人との関わり方を学ぶことができますよ。

また、手遊び歌を通して「楽しいね」「早く歌ったら難しいね」などの気持ちを周りの大人や友だちと共有することができます。気持ちを共有する楽しさから、子どもは自然に「自分の気持ちを周りに伝えたい」という思うようになり、それが大人や子ども同士のコミュニケーションにつながります。

手遊び歌を一緒に楽しむことで、コミュニケーション能力の基礎を身につけられますよ。

想像力を育みながら心の成長を促す

手遊び歌は、子どもの想像力を育む効果が期待できます。手を何かに見立てたり、想像力を働かせて見立てたものをほかのものに変えたりしながら遊ぶことで、心の成長にもつながるそうですよ。

手遊び歌に登場する動物や食べものの歌詞を変えてみるのも、子どもが好きな楽しみ方です。子どが想像した動物や食べものを手遊び歌に取り入れることで、自分で考えて決めるという心の成長にもつながりますよ。

また、遊びながら想像力を働かせ、手遊び歌の歌詞をイメージしながら楽しめることも魅力の一つです。たとえば、歌詞に出てくる食べものを実際に手にしたときに、「手遊び歌に出てきた食べものはこんな形なんだ」と理解したり、「どんな味なのかな」と、さらに想像が膨らんだりするでしょう。

手遊び歌をさらに楽しむためにできる工夫

ママは豊かな表現を心掛けよう

手遊び歌は、リズミカルな歌に合わせて、色々な手の動作を組み合わせて楽しめるので子どもに人気ですよね。手遊び歌をさらに楽しむために、ママができる工夫をご紹介しますね。

手遊び歌は、ママが明るい声で歌ったり、表現豊かに踊ったりすることで、より子どもに楽しさが伝わります。笑顔で楽しむことはもちろんのこと、声の大きさや高さなどを変えるなどして工夫しみましょう。手や腕を大きく広げたり体を丸めて小さな様子を表現したりして、動きにメリハリをつけてもよいですね。

また、子どもはママの表情もよく見ています。歌詞に合わせて、笑ったり怒ったりと様々な表情をすると、子どもは喜びますよ。そんなママの様子を見て、子どもが真似をするとさらに盛り上がりますよ。

いつもの遊びに手遊び歌を取り入れよう

事前の準備をする必要がなく、場所や時間を選ばずできることも手遊び歌の魅力の一つです。普段の生活やいつもの遊びにも簡単に手遊び歌を取り入れることができますよ。

たとえば、1日の生活の中で、食事をしたりお昼寝をしたりするというようなシーンがありますよね。そのシーンに入る前のタイミングに、簡単な手遊び歌を楽しむことで、子どもの気持ちが整えられたり落ち着いて行動できたりするというメリットがあります。

また、いつもの遊びに手遊び歌を取り入れることも子どもは大好きです。公園などで遊んでいるときに落ち葉やどんぐりなどを見つけたら、その場でそれらがテーマになった手遊び歌を楽しんでみましょう。実際のものを見ながら楽しむ手遊び歌に、子どもは大喜びするでしょう。

親子で楽しむ気持ちを大切にしよう

手遊び歌で大切なことは、なんといっても親子で楽しむ気持ちです。大きな声で歌をうたいながら、手拍子をしたり手を大きく広げたり、ときには体全体を動かしたりして楽しみましょう。

手遊び歌の中には、少し動きが複雑なものもあります。なかなか、子どもが手遊びを上手にできなくても焦る必要はありません。そのような場合は、子どもができる手遊びに合わせるとよいですよ。子どもが楽しんでいる様子なら、そのままの歌で手遊びを続けてもよいかもしれませんね。

歌の場合も同様です。上手に歌えなかったり、手遊びと歌うことを同時にできなかったりしても子どもが楽しんでいるなら見守ってもよいですよ。歌うテンポを遅くするなどして、ママがさりげなくサポートしてくださいね。

まとめ

秋にぴったりの手遊び歌をご紹介しました。手遊び歌は、簡単なリズムが多く、場所を選ばず手軽にどこでも遊べる点が魅力です。

子どもにとっては、リズム感やコミュニケーション能力の発達につながる効果も期待できます。また、大人にとっても、体を動かすことで運動不足の解消やストレス解消にもつながります。アレンジがしやすく、バリエーションも豊富なので、大人も飽きずに何度も楽しめることも嬉しいポイントですね。

この秋は、子どもと一緒に楽しく歌って踊れる手遊び歌を楽しんでみてくださいね。
34 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND