就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋を感じる幼児向け手遊び歌!簡単な振付や知っておきたい素敵な効果

秋を感じる幼児向け手遊び歌!簡単な振付や知っておきたい素敵な効果

子どもとの手遊び歌にはさまざまなものがあります。今回は「秋」に関する手遊び歌をご紹介いたします。食欲の秋にぴったりな「おべんとうばこのうた」や「やきいもグーチーパー」など、アレンジ方法や手遊びが子どもに与える影響もあわせてご紹介しますので、参考にしてください。

秋におすすめの季節を感じる手遊び歌

手遊び歌の定番「大きな栗の木の下で」

秋におすすめの手遊び歌の一つに「大きな栗の木の下で」があります。秋に旬をむかえる栗がテーマの歌で、大人から子どもまで誰もが知っているメジャーな歌としても有名です。

大きく手を動かす動きで、体全体を使って楽しむことができます。ゆっくりと動くことで0~2歳の子どもも遊べますので、兄弟で一緒に踊っても楽しいですね。大人から子どもまで全員で歌って楽しむことができ、少人数でも大人数でも遊べます。

大きい子なら、ゆっくりと動いたり早く動いたりとメリハリをつけることで同じ歌でも飽きずに何度でも遊ぶことができます。また、「もっと大きな栗の木でやってみよう」「次は小さな栗の木だよ」と動作を大きくしたり小さくしたりのアレンジもできますね。

触れ合いが楽しい「もみじ」

秋にぴったりの歌の一つに「もみじ」があります。歌詞はとても短くリズミカルですぐに覚えて遊ぶことができます。

「もみもみもみじ もみもみじ あかいはっぱの もみもみじ」
基本的な動きは、歌に合わせて手を交互にグーパーさせることです。そのほか、「もみもみじ」のところで大人が子どもの腕や足をもんでみたり、「もみじ」を「こしょじ」「ぐりじ」などに変えてこしょこしょやぐりぐりしたりなど、触れ合って遊ぶことができます。

大きい子なら友達同士でもみもみし合うなど、友達とのコミュニケーションの一つとしても遊ぶことができます。可愛らしく季節感があって、大人と子どもが1対1で歌っても楽しむことができる歌の一つです。

なにができるかな「いとまきのうた」

「いとまきのうた」もおすすめです。この手遊び歌を通して、「秋になって涼しくなってきたからマフラーを編もうね」と季節が秋になり涼しくなることを伝えることができます。秋から冬にかけて特におすすめしたい歌の一つです。

歌詞の最後は「できたできた 〇〇ちゃんのおくつ」が定番ですが、バリエーションとして「ぞうさんのおくつ」や「ありさんのおくつ」に変えることで、「ぞうさんのお靴は大きいね」などと声をかけて楽しめます。

また、お父さんやお母さんなど、子どもの身近な人物を挙げてもいいですね。作るものも、「何が作りたい?」などと子どもに聞いてみて本人の作りたいものを作ることでより身近に感じ、楽しむことができます。

食欲の秋にぴったりな食べ物の手遊び歌

美味しくなあれ「おべんとうばこのうた」

食欲の秋にぴったりな食べ物の手遊び歌の一つ「おべんとうばこのうた」がおすすめです。「これくらいのおべんとうばこに」から始まり、お弁当にさまざまなおかずを詰めていく手遊び歌は、誰もが一度は遊んだことがあるのではないでしょうか。

大きなお弁当箱を作って「ぞうさんのお弁当を作ろう」や、小さなお弁当箱なら「ありさんのお弁当だよ」など、サイズを変えることでバリエーション豊かになり楽しむことができます。子どもの好きなおかずでいっぱいにしても楽しいですね。

また、歌詞に出てくるニンジンやサクランボ、シイタケなどのおかずを実際に子どもと料理してみることで食育にもつながります。遊びながら食材を覚えることができ、食に関心を持つことができます。

最後にじゃんけん「やきいもグーチーパー」

食欲の秋にぴったりの手遊び歌といえば「やきいもグーチーパー」です。秋に美味しいやきいもをテーマに、じゃんけんのグーチョキパーとともにリズミカルに歌える歌です。手遊び歌の最後にじゃんけんで遊ぶことができる点も楽しいですね。

小さい子はじゃんけんのルールを覚えるきっかけになったり、大きい子は子ども同士でじゃんけんを楽しんだり、幼児期に幅広く使える手遊び歌の一つです。思わず焼き芋が食べたくなる歌詞で、秋に遊ぶ手遊び歌としてぴったりです。

そのほかのバリエーションとして、最後のじゃんけんのところで足を使ってグーチョキパーを表現したり、歌を歌っている間にスキップで遊んだりと、体全体を使って楽しむこともできます。

上手に変身できるかな「くりとくり」

秋の食べ物の定番、栗をテーマにした手遊び歌「くりとくり」もおすすめです。リズミカルで短い歌詞なのですぐに覚えて歌うことができる点も魅力です。

「くりとくりがやってきて ごっつんこしたら メガネになっちゃった 『びっくり!』」
栗を色んなものに変身させることができ、想像力の広がる愉快な手遊び歌です。

「びっくり!」のところで子どもと一緒に声を出して叫ぶことで、より楽しさが増します。声を出すタイミングを大人が伝えるのもいいですね。

また、バリエーションとしてくまさん、イヤリング、天狗などがあります。それぞれ栗に見立てた両手を頭や耳、鼻にあてて色々なパターンで楽しむことができます。子どもと一緒に何に変身するか決めても楽しいですね。

幼児期に手遊び歌で遊ぶことが大切な理由

運動能力やリズム感を養える

手遊び歌は、リズム感や運動能力を養うことができる遊びの一つです。

手遊び歌はうたを歌って、リズムに合わせて体や手を動かして遊びます。簡単なリズムでも繰り返して歌うことでリズム感の発達が期待できますよ。メリハリをつけるためにゆっくりと歌ったり、早く歌ったりすることで反射神経の発達にも効果的です。

また、手や体を動かして遊ぶことは運動能力の向上にもつながります。幼児期に体や手を動かして遊ぶことは、脳の発達を促す効果もあります。

手遊び歌を通して、普段なかなかしない体や手の動きをすることができるので、体の動かし方を身に着けることができます。手遊び歌をすることでさまざまな動作を体験することができ、運動能力の発達につながりますよ。

コミュニケーション能力が発達する

子どもと大人が一緒に手遊び歌を楽しむことで、コミュニケーション能力の発達が期待できます。

「次は早くやってみよう」「いとまきで何を作ろうかな?」など、大人が子どもへ声をかけるきっかけを作ってくれる遊びの一つが手遊び歌です。子どもはそういった経験から人との関わり方を学ぶことができます。

また、手遊び歌で遊ぶことで「楽しいね」「早く歌ったら難しいね」などの気持ちを大人と共有することができます。気持ちを共有する楽しさから、子どもは自然と「自分の気持ちを伝えたい」という思いにつながり、それが大人や子ども同士のコミュニケーションにつながります。

手遊び歌を一緒に楽しむことで、コミュニケーション能力の基礎を培うことが可能です。

想像力を育みながら心の成長を促す

手遊び歌は子どもの想像力を育む効果があります。手を何かに見立てたり、それを何かに変身させたりと、想像力を働かせながら遊ぶことで、心の成長を促すにも効果的です。

「おべんとうばこのうた」では「何を入れる?」「誰のお弁当を作ろうか」などと声をかけることで、子どもの好きなものを入れたり、父親など自分の身近な人物のお弁当を作ってみたりなど、自分で考えて決める力も身に付きます。

また、遊びながら想像力を働かせ、イメージしながら楽しむことができる点も魅力の一つといえるでしょう。たとえば、「大きな栗の木の下で」「やきいもグーチーパー」などに出てくる栗や焼き芋を実際に見たときに、「栗や焼き芋はこんな形をしているんだ」と理解することができるようになります。

まとめ

秋にぴったりの手遊び歌をご紹介しました。手遊び歌は簡単なリズムが多く、場所を選ばず手軽にどこでも遊べる点が魅力です。

子どもにとってはリズム感やコミュニケーション能力の発達につながる効果も期待でき、大人にとっても体を動かすことで運動不足の解消やストレス解消にもつながります。バリエーションやアレンジもしやすく、大人も飽きずに何度も楽しめる点も嬉しいポイントですね。

子どもと楽しく歌って踊れる手遊び歌を遊んでみてください。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018