就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳児の習い事にスポーツを取り入れる。人気の習い事を紹介

5歳児の習い事にスポーツを取り入れる。人気の習い事を紹介

毎日公園で体いっぱい動かして元気に遊ぶ子どもを見ながら、「なにかスポーツをさせようかな」と考えているママもいることでしょう。5歳になると習い事の幅も広がり、スポーツを習う子どもも増えてきます。そこで今回は、5歳児に人気のスポーツの習い事やおすすめのスポーツ系のおもちゃについてご紹介します。

スポーツの習い事をするメリットは?

基礎体力が鍛えられ、骨折しにくくなる

子どもにスポーツの習い事をさせるメリットはなんだろうと首をかしげてしまうママもいると思いますが、スポーツを習わせると基礎体力が鍛えられ、骨折しにくくなるのをご存知ですか?適度なスポーツをすることにより、子どもの心肺機能が発達し、丈夫になります。

筋肉もつき、疲れにくくなり、体力がつくと病気にもかかりにくくなりますよ。さらにスポーツをするとほどよい負荷が骨にかかるので、骨の細胞が活発になり、より一層骨を丈夫にしていくのです。

運動が苦手な子どもの骨は、運動をしている子どもの骨よりも細く弱く、骨折しやすいといわれています。子どもの体力向上、そして骨折しにくい丈夫な体を作るために、スポーツの習い事は大きなメリットを与えてくれます。

コミュニケーション能力が身につく

子どもには、周囲の人と仲よくできるコミュニケーション上手な人になってほしいと願っているママもいることでしょう。スポーツを通してコミュニケーション能力を身につけることもできますよ。

スポーツの種類にもよりますが、対戦相手やチームの仲間、もしくは指導してくれるコーチと接することが多いと思います。その中で、子どもは目上の人に対しては敬語を使って話すことを覚え、対戦相手には礼儀正しく接するということを学びます。

さらにサッカーや野球などチームで動くスポーツの場合、仲間とのコミュニケーションも欠かせません。このように、スポーツを通じて、周囲の人とよい関係を保つためのコミュニケーション能力を磨くこともできるのです。

脳の発達によい影響がある

子どもにどんな習い事をさせようかと考えるとき、脳を刺激するためにも体を鍛えるスポーツの習い事ではなく、知的な習い事をさせたいと考えるママも多いことでしょう。しかし、スポーツも子どもの脳の発達によい影響がありますよ。

脳には「海馬」という記憶をつかさどる部位があり、有酸素運動や体を動かして筋力を鍛えることによって、「海馬」の神経細胞が増加するという研究結果も発表されています。つまり、スポーツの習い事をして体を動かし、筋力をつけることによって子どもの記憶力もアップするのです。

さらに運動をすると、脳内の「線条体」と呼ばれる部位も活発になります。この部位はいわゆる「やる気」をコントロールしているので、スポーツ後の宿題もはかどるかもしれませんよ。

5歳児に人気のスポーツの習い事は?

【男の子】水泳、サッカー、空手

男の子に人気のスポーツの習い事についてご紹介しますね。まず水泳はダントツの人気で、ママの周りにもスイミングスクールに子どもを通わせている人も多いのではないでしょうか。泳ぎを覚えることは大切ですし、小学校に入る前にきちんとした泳ぎ方をマスターしておくと、小学校での水泳の授業も楽になりますよね。

サッカーもおすすめです。野球に比べてルールも覚えやすいので5歳児にはぴったりですよ。チームワークも学ぶことができるので、コミュニケーション能力を育てるのにも理想的です。

5歳の男の子といえば、ヒーローものに憧れる年齢でもあります。空手なら、見るからにカッコいい型を覚えることもできますし、護身術にもなるので習っておいて損はありません。

【女の子】水泳、バレエ、新体操

女の子に人気のスポーツの習い事についてご紹介しますね。男の子と同じく、水泳を習わせたいと思っているママも多いようです。呼吸器官や肺も鍛えられるので、成長期の子どもにはぴったりのスポーツですよね。

女の子なら誰でもかわいらしいチュチュを着て踊るバレエに憧れるのではないでしょうか。バレエを習うと、姿勢も凛として美しくなり、ちょうどよい具合に筋肉もつくのでスタイルがよくなりますよ。教室によりレベルもバラバラなので、しっかりと下調べしてから通わせたいですね。

体をのびのびと動かせる新体操も女の子には人気です。レオタードもかわいらしいので、教室に通うモチベーションもアップします。基本の体操を習うことができるので、小学校の体育の授業にも役立ちます。

色々なスポーツの習い事を経験しよう

スポーツの英才教育をしたいと考えるママ、なにか一つのスポーツに絞ってそれだけを習わせようとは思っていませんか?子どもが小さいうちは、色々なスポーツの習い事を経験した方がよいとされています。

実際、オリンピックで活躍した一流選手たちも、幼少期は水泳、野球、サッカーなど色々なスポーツで体を動かし、運動能力を高めているケースが多いです。スポーツによっては体の動かし方が似ている動作があり、複数のスポーツで筋肉を鍛えることによって相乗効果もあるようですよ。

子どもが「これ習いたい!」といったら、まずいくつか日常生活に無理のない範囲で習わせてみるのもよいですね。そのうち、その中から子どもがライフワークとして続けていきたいスポーツも見つかることでしょう。

1人でも遊べるスポーツ系のおもちゃ

ジャンプの練習に!ぴょんぴょんホッピング

スポーツの習い事もよいですが、普段遊ぶときに使うおもちゃもスポーツ系のものにしてみると遊びながら体を鍛えることができますよ。小さい頃に、ホッピングで遊んでいたという記憶のあるママもいるかもしれません。

ぴょんぴょんと跳ねるホッピングなら、上に乗って跳ねながら子どものバランス感覚を養うこともできますよ。ばねの部分にカバーがついている物なら誤って指を挟んでケガをするというトラブルも防ぐことができます。

値段も1,700円前後からあるので、子どもと一緒に選んでみてもよいですね。シンプルなハンドルタイプの物からつかみやすいリングタイプのハンドルタイプなどもあるので、子どもが使いやすいものを探してみましょう。

安定感がある!三輪のキックスケーター

公園などに行くと、キックスケーターで遊んでいる子どもを見かけることもあるかもしれません。小学校中学年ぐらいになると、二輪のキックスケーターで走り回っている子どももいますが、まだ慣れない小さい子どもの場合には三輪のキックスケーターがおすすめです。

二輪に比べ安定感もあり、スピードが落ちても急にバタンと倒れることがないので子どもも安心して遊ぶことができますよ。折り畳みタイプなら、収納に限りのある家庭でも問題ありません。

女の子ならプリンセス柄、男の子ならヒーローキャラクターものなどいろいろな種類があるので、子どもと一緒におもちゃやさんに選びに行ってもよいですね。買う前にその場で試乗させてもらうと安心ですよ。

コンパクトになる!アースカイト

小さい頃、凧揚げを楽しんだというママやパパもいることでしょう。近所に土手や大きく開けた広場などがある場合は、アースカイトもおすすめです。

アースカイトは畳んでケースに入れると大人の手のひらに入るコンパクトサイズになり、持ち運びに大変便利です。公園に行くときのバッグに入れておいても場所をとりません。

ケースから出し、キレイにしわを伸ばしてから広げると、立派なアースカイトになります。風の少し強い日など、ぐんぐん空に高く上がっていくので、子どもも喜んでくれることでしょう。風の動きを読みながら、手でアースカイトのバランスを上手にとりながら楽しみたいですね。

電線などに引っかかると危険なので、遊ぶときは周囲に障害物がないかしっかり確認してください。

まとめ

今回は、5歳児がスポーツの習い事をするメリットや、おすすめのスポーツの習い事やおもちゃなどについてお話ししましたが、いかがでしたか?5歳になると、体も丈夫になり体を動かして遊ぶことが増えてきます。

日中しっかりと運動をすることで、夜になるとすんなり寝付いてくれるかもしれません。体や脳の発達にスポーツが大切なのはもちろんのこと、生活リズムをしっかりと整えるためにもスポーツは重要です。

習い事を決めるときは、子どもの意見も尊重しながら検討するようにしたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018