就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママのコスメは産後どうしてる?産後ママの肌の変化や対処法

ママのコスメは産後どうしてる?産後ママの肌の変化や対処法

出産してから肌が乾燥しやすくなったり敏感になったりと、肌の変化に悩んでいる産後ママは多いです。まずは産後の肌質が変化する原因を知って適切なスキンケアを心がけたいですね。産後の化粧品選びのポイントや、ママにおすすめのコスメもあわせてご紹介していきます。

産後ママの肌の変化について知ろう

産後ママは肌バリアが低下している

妊娠と出産を経験したママは生理周期が乱れているため、産後に体が元に戻ろうと変化します。肌状態も不安定な状態であるため、肌のバリア機能が低下しています。

肌表面の皮脂や潤いが不足してしまうので、外的刺激が肌内部に入りやすい状態となり、乾燥やニキビ、かゆみ、肌荒れといったさまざまな肌トラブルを誘発するのです。また、肌内部の角質層の水分保持力も低下することで、肌全体が敏感な状態となります。

また、産後は赤ちゃんのお世話に忙しく、ママ自身が自分のスキンケアに十分な時間をとれません。さらに、夜泣きや夜間授乳で慢性的な睡眠不足が続くことや、それによりストレスが溜まることで自律神経が乱れることも、肌のバリア機能を低下させる原因です。

肌トラブルはホルモンバランスの乱れから

産後のママに肌トラブルが起こりやすくなってしまうのは、ホルモンバランスが大きく影響しています。

女性の体は本来、「プロゲステロン」と「エストロゲン」という二つの女性ホルモンがバランスを維持することで肌を美しく健やかに保っているのです。しかし、妊娠中はエストロゲンが多く分泌されるようになり、出産を終えた瞬間からエストロゲンが減少します。

このように、妊娠中に増えていたホルモンが産後に一気に減少することに加え、 母乳の分泌を促すホルモンである「プロラクチン」の急激な増加も起こるため、ホルモンバランスの乱れが起こります。

ホルモンバランスが大きく乱れると肌が敏感肌に傾いてバリア機能が弱まるため、肌トラブルが起こりやすくなるのです。

シミができやすくなる場合も多い

妊娠中は、プロゲステロンの増加とともにエストロゲンも増加します。エストロゲンには、お腹の赤ちゃんを健やかに育てるため子宮周りの環境を整える働きがある一方で、シミの元になるメラニン色素を生成するメラノサイトを活発化させてしまうため、シミができやすくなります。

また、産後には妊娠中に増加していたエストロゲンが減少することによって、紫外線などの外部刺激に影響を受けやすくなります。そのため、シミや肌のくすみが気になることが増えていきます。

妊娠前のホルモンバランスに戻るまで、一般的にかかる期間は産後半年から1年ほどとされています。この期間はシミができやすい状態であるため、適切にケアしていきたいですね。

産後ママが使うコスメ選びで大切なこと

時短もできて敏感肌も補えるものを選ぼう

ホルモンバランスの変化や睡眠不足などの影響で、肌の状態が悪くなりやすい産後こそ、しっかりとスキンケアすることが大切です。

とはいえ、昼夜問わず赤ちゃんの授乳やおむつ替え、夜泣きなどの育児に追われて「じっくりスキンケアする時間があるなら少しでも寝たい!」というのが産後のママの本音かもしれません。

そこでおすすめしたいのが、化粧水や乳液、美容液、クリームなどの役割をすべて果たすオールインワンコスメです。ワンステップでスキンケアが完了するので、大幅にスキンケアの時短ができます。

特に、無添加や低刺激性などにこだわっているものなら、敏感肌に傾きがちな産後のママの肌をやさしくケアしてくれるでしょう。

子どもが触れても安全な化粧品にしよう

キレイなママでいるために、出産前のようにメイクを楽しみたいと考える産後ママも多いでしょう。メイクをすることによって生活にメリハリが生まれますし、ママ自身が自信を持てるといったメリットがあります。

一方で、小さな子どもがいると「メイクした肌では子どもとのスキンシップをためらってしまう…」と悩むママも少なくありません。そこで、肌に刺激となる成分を使用していないオーガニックコスメなど、子どもが触れても安全な成分で作られている化粧品を選びましょう。

化学成分が使われていない化粧品なら、メイクをしても子どもと安心してスキンシップすることができますし、低刺激性のアイテムはママの肌にも優しく使えるので一石二鳥といえます。

肌に合ったコスメで肌を外的刺激から守ろう

産後のデリケートな肌のことを考えたら、肌にはなにもつけずにすっぴんで過ごした方が負担が少ないように思えます。しかし実際は、すっぴん状態の肌は想像以上にダメージを受けやすいです。乾燥や紫外線、ほこりなどの外部刺激を肌にダイレクトに受けてしまうためです。

そこで、産後の敏感な肌に刺激を与えることなく使えるメイクで、日中の外的刺激から肌を守りましょう。肌が揺らぎやすい状態の産後ママこそメイクすることをおすすめします。

最近は美容成分を豊富に含んでいる化粧品も多く、メイクしながらスキンケアできるアイテムも増えています。産後に変化した肌質にきちんと合うコスメを選べば、すっぴんでいるよりも快適に過ごすことができるでしょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版