就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児との散歩はいつからできる?場所選びやメリットと注意点

乳児との散歩はいつからできる?場所選びやメリットと注意点

赤ちゃんが産まれて1カ月が過ぎようとすると、かわいい赤ちゃんを連れて外に出たくなりますよね。でもまだ未熟な赤ちゃんにとって「いつから、どのくらい」のお散歩から始めたらよいのでしょうか。楽しい散歩のおすすめ場所や注意点にも触れていきたいと思います。散歩デビューのお手伝いさせて下さいね。

散歩はなぜ必要?開始時期やポイントを学ぶ

いつから始めればいいの?

出産後かわいい赤ちゃんと一緒にいると、早く一緒にお出かけしたいなぁと思う気持ち分かります。しかし赤ちゃんは免疫面で未熟なので、少しずつ外出するようにしましょう。まずは外気浴から始めるのがよいですね。ではいつからが最適な時期なのでしょうか。

一般的には1カ月健診が過ぎてからと言われていますが、ママの産後の体調や、赤ちゃんのその日の具合やご機嫌によって、ゆっくりと開始しましょう。赤ちゃんはまだ皮膚が弱いので、散歩といっても最初は外気浴から、ベランダや庭に出て外の空気を感じます。直射日光が当たらないように気を付けて、外の空気に慣れてきたら徐々に外にいる時間を増やしていけるとよいですね。

散歩の必要性とメリット

なぜママは赤ちゃんと散歩に行くのでしょうか。1カ月過ぎの赤ちゃんとの散歩は、なぜ必要なのでしょうか。そしてどのようなメリットがあるのでしょうか。

散歩をすることで、赤ちゃんの皮膚や呼吸器に抵抗力がつき強くなり、また日光を体に浴びることで体内時計が整い、昼夜逆転を治すのに効果的だと言われています。室内にこもっていると、言葉を話せない赤ちゃんとの接し方に困ったり、赤ちゃんのお世話でストレスがたまっているママもいると思います。

そんな時は散歩に出て気分転換とともに季節を感じることで「お花キレイだね」「暖かいね」「ワンワンかわいいね」など自然と声掛けが増え、赤ちゃんも肌で季節を感じ、楽しむことが出来ると思います。

時間と場所を選ぶポイントとは?

赤ちゃんの時期は、何をするにも赤ちゃんの生活リズムを大きく崩さないように心がけましょう。夜泣きやぐずりの原因となりますので注意が必要です。ここでは、散歩に適している時間や場所についてお話していきますね。

散歩の時間は午前中か夕方がおすすめです。なぜなら午前11時頃から午後14時までは特に紫外線が強い時間帯だからです。赤ちゃんの授乳や離乳食の時間、お昼寝の時間に当たらないように注意して、散歩の時間を考えることをおすすめします。

散歩の場所としては、窓際やベランダの外気浴から始まり、次に家のまわりを一周します。外気に慣れてきたら近所の公園まで散歩して、少し公園での時間を楽しむことが出来たらよいですね。

乳児と散歩するときの持ち物や注意点

散歩に必要な持ち物とは?

散歩をする時、何を持っていったらよいのでしょうか。赤ちゃんとの散歩は何があるか分かりませんので準備をしておでかけしましょう。

【30分以上散歩する時の持ち物】
・おむつ、おしりふき、使用済みおむつを入れる袋、オムツ替えマット
・飲み物、おやつ
・タオル
・帽子、着替え一式
・母子手帳と保険証

上記の他に「バスタオルやおくるみ」があると、赤ちゃんが眠ってしまった時や急に寒くなった時に使うことが出来ます。かさばるのでお昼寝してしまいそうな時は持参しましょう。「レインコートやレインカバー」なども雨に降られてしまった時にあると便利です。オムツの枚数は散歩時間に合わせて持っていくことをおすすめします。散歩時間が短くても飲み物は忘れないようにして下さいね。

ベビーカーと抱っこひもの使い分け方

外出を始めるようになると抱っこひもやベビーカーが必要になってきます。それぞれの特徴をご紹介しますので使い分けに役立てて下さい。

【抱っこ紐】
しっかり赤ちゃんを支えてくれるため、両手が自由に使えるのが最大のメリットです。また身動きがとりやすいこともメリットといえるでしょう。その反面、長時間の外出には腰・肩に負担がかかりますのでおすすめしません。

【ベビーカー】
ベビーカーA型なら赤ちゃんを寝かせて移動ができるので、月齢の小さな赤ちゃんでも体に負担が少なく移動が可能です。また買い物などの荷物を入れるスペースもあるので便利に使うことができます。デメリットとしては公共の乗り物などに乗る際に折りたたむ必要が出てくることです。

散歩するときの注意点

赤ちゃんとの楽しい散歩の時間ですが、どのようなことに注意をしたらよいのでしょうか。ご紹介していきますね。

【服装】
夏は通気性がよく吸水性のある衣服を、冬は防寒性が高いものを選びましょう。屋内にも対応できるように、薄手の羽織ものやレッグウォーマーの持ち運びをおすすめします。

【紫外線対策】
直射日光は赤ちゃんの体力を奪ってしまうので、帽子やベビーカーの日よけグッズを活用します。特に夏はベビー用の日焼け止めを塗って肌を守ってあげて下さい。抱っこ紐使用の時は日傘があると安心ですよ。

【水分補給】
長時間出かける時は母乳やミルクで水分補給をしましょう。冬も乾燥しているので水分補給が大切になります。哺乳瓶やマグの持参を忘れないようにしましょう。

こんな時どうすればいい?散歩の疑問

毎日しないといけないの?

赤ちゃんとの散歩にも慣れてきて楽しくなってきた一方、疲れてしまったママもいるのではないでしょうか。そんな時はどうしたらよいのでしょう。

散歩は必ずしも毎日しなければいけないことではありません。一番大事なのはママと赤ちゃんの体調と機嫌、そして天候も良いという条件が揃っていて出来ることです。無理をして散歩に出かけても楽しくありませんよね。気分がのらない時はぜひお家でゆっくり過ごして下さい。義務的に考えてしまうと余計疲れてしまうのであまり深く考えず、「今日は天気が良いしベビーカーで散歩にいってみようかな」くらいの気持ちで十分です。

2~3カ月したらお母さんと赤ちゃんの生活リズムも出来てきますので、自分なりの散歩スタイルを見つけて下さいね。

天気や季節によって散歩の仕方は変わるの?

毎日天候も違えば、気候も変わってきますよね。1年を通してどのように散歩をしたらよいのでしょうか。

【天気について】
・晴れ...紫外線や直射日光には気を付けましょう。
・くもり...曇っていても紫外線の当たりすぎには注意です。
・雨...お散歩に適していませんのでおすすめしません。

【季節について】
・春...暖かくなり外気浴に適した時期ですが花粉が飛んでいますのでアレルギーの遺伝が心配な方は短時間にしましょう。
・夏...あまり外には出ず、窓を開けて外気を楽しむ程度にしましょう。
・秋...年間を通して最も外気浴に適した時期です。日中の暖かい時間に出かけるようにしましょう。
・冬...無理に外出するのは控えましょう。窓を開けて外気を感じましょう。

散歩中に寝てしまったら?

お母さんの抱っこやベビーカーでの散歩中に寝てしまう赤ちゃんがたくさんいます。実際寝てしまったらどうしましょう。起こしますか?そのまま散歩を続行しますか?

散歩中に寝てしまった赤ちゃんを起こすことはやめましょう。赤ちゃんは五感を使って空気や音を感じています。何より振動や揺れによって寝てしまうということはお外でもきちんとリラックスしている証拠でもあるんですよ。

そして何よりも「日光に当たる」ことが大切なのです。日光に当たることで、赤ちゃんは朝と夜の区別をだんだんつけていきます。現在の母乳育児で不足しがちな「ビタミンD」は日に当たることで作られると言われています。だからといって日に当たりすぎや直射日光を当てることは避けて下さいね。

まとめ

赤ちゃんとの散歩は楽しみの一つではありますが、必ずしなければいけないことではなく、それぞれのペースや体調によって行うことがよいということが分かりましたね。赤ちゃんには未熟な面が多々ありますので、お出かけしたい気持ちも分かりますが、赤ちゃんの体調や機嫌を見てゆっくりと楽しい散歩デビューをして下さいね。

散歩は親子の絆が深まる時間でもあります。たくさん話しかけてあげて、キレイな景色を見せてあげることで赤ちゃんはたくさんの刺激を受けています。散歩によって、ママにも赤ちゃんにも新しい発見があるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知版
  • フリーペーパーテニテオ宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP